2018-07

奇しくもピンク@ポップスリー

R-1に向けて新ネタ3本ずつのピン芸人ライブ、ポップスリー。
侍あり女装ありギターありとまぁなんでもあり。
レギュラー6組は新ネタ縛りでネタ3本、ゲストは縛りなしの1本。

全ネタ紹介すると大変だから、レギュラー6組は私が一番面白いと思ったネタを。


テラシマニアックさん。
「お笑いばっかりだったからこの前初めてドラえもん見た」という漫才。
フルスロットルでぶち込まれるお笑い知識。
水を得た魚。
生き生きしてる、心の底から楽しそうな、漫談。
私はテラシマさんのこういうネタが大好き。
技術的な事を言ったら、他の1人コントの方が上なのかもしれない。
だけど、このネタをするテラシマさんは本当に楽しそうで。
このネタで笑うたびに私まで明るいエネルギーで満たされる気がする。
それが好きなのよ。



メカイノウエさん。
ライブ前の一週間。
七日前から当日まで、いかにネタ作りから逃避するか。
これは特殊な話しのように見えて「あるある」ネタなのね。
テスト勉強とか、持ち帰りの仕事とか。
逃げたくなると始めることは、みな同じ。
逃げる時の言い訳は、みな同じ。
ものすごく身に覚えのある話。
わかるわかる、痛い痛い!
でもちゃんとそのサボりが歌になって良かったね!



お侍ちゃんさん。
「成敗したい」といろんなムカついた話を語る漫談。
営業で名前を書き間違えられた話、ちょんまげを固めるのに何を使う?って話…
ひとしきり語ると、その話の登場人物を成敗しに行く。
テレビ局のADぐらいは楽々成敗できるけれど。
だんだん敵が強くなり、息も絶え絶えになるお侍ちゃんさん。
最後はちょんまげ姿をコスプレ扱いされた話に怒るのだけど…
成敗しに行った先で返り討ちに遭い、舞台上でバッタリ。
その最強の敵とは…
まさかのアレか!




頼知輝さん。
女装刑事、下着泥棒の取り調べをする。
下着泥も驚いただろうなあ…頼さん、喋らなければ美人だし…
ところで女装刑事はストライプのオールインワンをご着用。
見事に肩出しスタイル。
目のやりどころに…困らないかも。
盗まれた下着は刑事のお気に入りだったらしく、終始ご機嫌斜めな刑事。
ネタのオチではご機嫌になるけれど…
ありゃあ下着泥はトラウマになっただろうなあ。
再犯防止としては最高なのか?!



浜辺のウルフさん。
サッカーの試合に「ムードメーカー」が出る!
パスとかしないでね、サッカーの技術はないから。
だけど話術でその場を和ませるから。
と、周りを褒め殺し。
調子に乗ってキーパーと話し込み、さらに悪ノリして審判に怒られ…
試合のムードはよくなった。
よくなったけど…
試合に勝てるとは言ってない。




ミヤシタガクさん。
戦隊ものヒーロー、バトルンジャー。
スカウターつけて敵の戦闘力をはかる。
よし、俺の方が上だ!
何、変身して戦闘力が上がるだと?
それじゃあこうだ!
どんどん戦闘力がインフレを起こしていく。
どこの龍の球の物語だ、それは。
ミヤシタさんの口調は淡々として、ヒーローっぽくない。
そのちぐはぐさがいい。





ゲスト。


ホイップクリーム大好き!で始まる漫談は街裏ぴんくさん。
ホイップクリームの滝があるというイベントに行ってきたよ!
(フィクションです
分かってはいるのよ、フィクションだって。
でもグイグイ引き込まれて、本当の話を聞いた、どころか自分が体験したかのような気分になってしまう。
すごい吸引力。
ホイップクリームの滝…実際にあっても行きたいとは思わないのになあ。
この人が話すと本当に魅力的。
帰り道のコンビニでシュークリーム買ってしまった。



ギフト矢野さん。
ショッキングピンクのスーツで現れて「卒業式の日、先生が生徒に贈る言葉」というテーマ。
街裏ぴんくさんの後にピンクの衣装、すごい偶然。
こんな色のスーツの先生がいるなんて、どんな学校だ…という疑問を持つ間もなく、始まる「形態模写」。
要するに人間以外の「モノ」のモノマネだ。
カップの中のティーバッグ。
ガムを靴で踏んでしまう瞬間。
そこらへんにありふれた光景が鮮やかな色彩を持って立ち上がってくる。
コロコロ変わる表情と、全身が大きく見えるほど誇張された動き。
もっともっと見ていたかったなあ。




優勝はミヤシタガクさん。
別のライブに呼ばれて今日はライブ掛け持ちだったのに、見事優勝!
一方ビリはテラシマニアックさん。
でも路線変更しないでほしいな。



終演後、ピンクのままのギフト矢野さんを撮影。
gifty.jpg
暗がりでもこの鮮やかさ!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/993-256d98de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏の載せきれなかった話 «  | BLOG TOP |  » 賞レース前哨戦@シルクロードコメディーショー

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック