FC2ブログ

2018-11

黒い人のピンクな一面@テレビゲヱム芸人ショウ

オタクの聖地の1つ、中野ブロードウェイ。
そこでテレビゲームについてのマニアックなトークライブ。
これはもういかない訳にはいかない!

さて、このライブ、とにかく情報量が多い。

1つめの企画は「ゲームの中の嫌なヤツ」を決めようというプレゼン。
次にゲームに興味のない?カイさんにゲームをさせようとあの手この手で…
最終的に大喜利。

メインはもはや講義というか授業。
まずはここから。
主催のピストルオペラの平野さんはもうゲーマーの域を超えたゲームマニア。
ゲームのことなら歴史も制作にかかわった人物のエピソードもなんでも知ってる。
そんな平野さんの今回の講義は「RPGの歴史」。
スタートはまだゲームが機械でやるものではなかった時代から。
TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)の発祥から話がスタート。
というわけで歴史は数十年分に及ぶ。

全ての始まりは指輪物語。
あのヒト以外のいろんな種族が息づく不思議な世界をもっと楽しみたい、というのがきっかけ。
果てしない物語やナルニア国物語、ゲド戦記に指輪物語、こういうのにハマった人には絶対共有できるであろう「あの世界に入りたい」という欲求。
ただ、ゲームとして妄想を共有するには枠組みが必要だ。
だからTRPGにはある種の「型」がある。
例えば遭遇したモンスターの討伐に成功したかどうかはサイコロを振って決める、とかね。
そのロジックがコンピュータと相性がイイという事で、RPGはパソコンとともに機械の中に舞台を移していく。
でもパソコンの初期の普及率も低い頃、知識階級を自認する人のアイテムだった時代があった。
その時代のRPGはめっぽう難しかった。
クリアできなくて当たり前なぐらい。
そして外国製のゲームはパッケージも日本人好みではなかった。

そして1980年代半ば。
その時歴史が動いた(違
ドラクエの登場。
あのドット絵のドラクエだ。
難易度を一般向けにしたりと工夫を重ねたドラクエは大ヒット。
ドラクエのメインプログラマーの繋がりで会社に人を増やすことになった制作会社。
しかし方法が強引。
無理矢理とりあえず連れてきた。

ベンチャーというものはいつの時代もこうなのだなあ、と。
そしてその後RPGは黄金時代を迎える。



メイン講義の話だけでこのボリュームだよ…




プレゼン企画。
ゲームの中の嫌なヤツ。

おしんこきゅうの藤原さんは「ゲーセンの対戦ゲームでゲームを妨害するキャラ」というメタなヤツ。
二階堂旅人さんは「後味の悪い」リアルな人間らしいキャラを。
うぇぽんさんが選んだのはガチ犯罪者なキャラ。
それはもう嫌なヤツって問題か??

二階堂さんのプレゼンは神懸っていたものの、キャラの腐り具合はうぇぽんさんのチョイスの方が上。
というわけでうぇぽんさん優勝。
藤原さんは切り口が違いすぎてノーカウント的な。



その後、カイさんにDSやゲームソフトを渡して仲良くワイワイ。
全身黒づくめの男がいなければ、小学生男子の放課後にしか見えないであろう空気。
コナンの少年探偵団とジンが一緒にゲームしてると思うと萌えるけど。



最後はクイズ風大喜利。
商品のフィギュアが二階堂さんの好みにドンピシャのキャラらしく、二階堂さん大張り切り。
あの人間味のない黒い人がギャルゲーマー…世の中わかんないわね…
でも商品は藤原さんのもとへ。
あれかしら、無欲のほうが強いのかしら。

いやあオタクにはたまらない2時間だったわ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/980-b23c4c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトル最長記録更新@三日月マンハッタンM-1ラストイヤーだから漫才めっちゃ頑張るライブ «  | BLOG TOP |  » 夏の大一番@ホリプロ2017ガチバトル

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック