FC2ブログ

2019-07

仲良く繋ごう@ダンシングヒーロー単独ライブ

単独は基本「単独」で、1組しか出てこないからネタの間は映像でつなぐ。
企画的な映像や、素の顔が見られる映像や…
ただ、これは準備が結構大変なものなのは想像に難くない。
ダンシングヒーローさんは割と頻繁に単独をやる。
で、彼らはネタの間に映像流さない。
仲の良いソニーの芸人さんにトークをしてつないでもらう。
斬新だけど、これはアリだな。


さて、一気にネタの感想を。

1本目。
漫才。
前説的な事をやってから、「お前のオカンがタイプ」と爆弾発言するカワナカさん。
ミヤタさんのツッコミもツッコミなんだか拒絶なんだか、な状態に。
前説パートではカワナカさんも一見しっかり者っぽく作っていただけに、ネタパートに移った時の衝撃がすごい。
こういうネタでは恋愛相談(デートプランや告白の言葉がボケ)が多いのだけど、今回はそれどころではない。
最終的にカワナカさんがミヤタさんを息子扱いしだすし。
これは…よく「夢で良かった」なんていうけれど、「ネタで良かった」だな。



2本目。
コント。
タイムリープものだね。
女の子にからむミヤタさん、そこに割って入るカワナカさん。
カワナカさんが無事ミヤタさんをやっつけたところで、「この時間を繰り返してるんだ」とカミングアウト。
繰り返しても、次どうなるかわかってても、ミヤタさんはカワナカさんに勝てないらしい。
そうね、確かに相手の次の攻撃を知ってればよけられるなんてもんでもないよねえ。



3本目。
漫才。
「動物園は嫌い」というミヤタさんのエピソードと、カワナカさんのジムのオススメが交錯する。
と言えばなんかカッコいいけども。
要するに動物の名前でダジャレを言い続ける漫才。
本当にくだらないダジャレばかりだけど、つい笑ってしまう。
出てくる動物がじわじわマイナーになったりついには鳥類まで使ったりしていく変化がまた面白い。



4本目。
コント。
落語家の師匠と弟子?
師匠は着物だけど、落語とは明言してないからどっちも芸人か。
なんにせよ、師匠の設定はオッサンとジイサマの中間ぐらい。
その師匠が完全に乙女。
メンドクサイ彼女。
ギャップ萌えって言葉はあるけど、萌えなのかこれは。
確実に笑いだけど。


5本目。
漫才。
親友が路上でパチモン売ってたら止められるか?と。
この手のコント部分長めの漫才は彼ら得意なんだなあ。
すごく安定感がある。
今回のネタの中で一番「らしい」ネタなんじゃないかな。



6本目。
コント。
故郷に久々の里帰りをしてきたカワナカさん。
昔憧れていたお兄ちゃん(ミヤタさん)に偶然の再会!
だけど月日は残酷で、実はお兄ちゃんは今は…と。
ストーリーよりディティールが面白いタイプのコント。
とりあえずあの謎の踊りは必見。



7本目。
漫才。
結婚披露宴のコント漫才。
手順一つ一つについてボケるタイプで、ちゃんと話が進んでいくタイプ。
ボケのバリエーションが多くなるから、書くほうはもしかしたら大変かもしれないけれど。
これぐらいボケが多彩だと、ネタ時間があっという間なのよ。
いいなあ、この感じ。
台詞のテンポはそこまで早くないから聞きやすいし。



8本目。
コント。
銀行強盗とATMで困ってる人。
今回のネタでは私はこれが一番好き。



9本目。
漫才。
スマホを探せ!
公園でウォーキングをしていたらスマホをなくしちゃった!
というわけでスマホを探すんだけど、なぜそのスマホを犬が咥えてる?
アニメなんかではよくある演出だけどね。
漫才の中でやるとより非現実感が際立つわ。
オチもとっても二次元的。



10本目。
コント。
謎のモテ男、カワナカさん。
謎の男に貢ぐミヤタさん。
設定からして謎に満ちている。
ミヤタさんの役はどうも家庭があるみたいだし。
別にBLなわけでもないようだし。
いろいろ疑問はあれども、ライダースジャケットのカワナカさん、ご馳走様です。






で、この合間合間にチャーミングさんとすっきりソングさんが出てきて仲がいいんだか悪いんだか謎なやり取りをしていく。
すっきりソングの本田さんは全員に頼られっぱなし。
エンディングでやっとダンシングヒーローさんと6人そろうのだけど、やっぱりソニー仲いいなあ。

終演後の写真がこちら。
dansing.jpg
アンケート読む手を止めてもらい、強引に写真ゲット。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/943-6d4e21a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人じゃない方が強い@あさがや大喜利プロットライブ «  | BLOG TOP |  » ベテランの包容力@はまテラ寄席

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック