FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各所に御礼@Kutiba’s Chess

私の初めての主催ライブ。
まずは普通にいつものようなレビューを書いていこうと思う。
裏の人間ドラマ(笑)はまた今度ね。



おしんこきゅうさん。
少女漫画の名シーンに名前を付けよう、の漫才。
通称「胸キュンワード」を考えたよ!と。
シェイプレスは客席と舞台が近い上、段差が少ない。
湯浅さんの「威圧感」とそれが崩れる瞬間のギャップが強調されている。
藤原さんが少女漫画シーンの再現でされるがままなのもツボ。
もうちょっと抵抗しても萌えるのよ?!


電撃ブリッツさん。
コンビニ強盗だ!
フルフェイスのヘルメットを外すとバイト君が出てきた。
な~んだ。
冗談ですよ、と笑って帰るバイト君。
しかし再び現れるコンビニ強盗!
店長、ひたすら災難。



メカイノウエさん。
バイト先のチカちゃんに捧げる歌。
ラブソング?
広い意味では。
メカさんってバイトとかの「生活感」がプラスに働く芸風。
この「チカちゃん」も非常にメカさんらしくてよろしい。
ただチカちゃんもまさか新井薬師の真ん中で愛を叫ばれているとは思うまい。



夕暮れランプさん。
かぼすちゃんとお婿さん。
…アンパンマンのタイトルみたいになってしまった。
ゲイバーのママ、かぼすちゃんは実はシングルファザー。
大事な大事な一人娘の彼氏はどうも軟弱で気に入らない。
その「娘の彼氏」が結婚を認めてくれと店まで押し掛けた!
娘の彼氏(後藤さん(より明らかに男らしいかぼすちゃん(東さん)。
立ってるだけで面白い、最強。



ホタテーズさん。
デブと動物園の漫才を少しアレンジして。
最近川口さんが「ボケ」っぽいのよね。
でも私的なツボは「あと2キロでクマになっちまうじゃねえかよ!」。
これだけ抜くと意味不明だけど、ネタ通して聴くとちゃんと筋が通ってるから。
私はぶーちゃんさんがクマになる日を心待ちにしているわ。
あ、でも現状でも熊耳つけさせたら結構可愛いんじゃないかしら。
ぶーちゃんさんのマイブーム「ヒップアタック」をするにはシェイプレスの舞台はちょっと小さいみたい。
今日は飛距離短め。



グリンオリオンさん。
トニーさん芸人になる。
もう何者なんだトニーさん。
詩人だったり、タレントだったり、絵を描いたり。
なんでもできるトニーさん、ついに芸人になる。
ネタをやってもトニーさんはトニーさん。
テンポが一切変わらない。
かずきさんの心配そうな顔が面白すぎる。
大丈夫よ、トニーさんは存在だけで面白いから!




坂本ダイスケさん。
え~今回「Marionette」という不思議な枠で出てもらってる坂本さん。
実はこのネタ、書いたの私。
「親馬鹿なパパ」というキャラを新規開拓させてもらった。
前々から思ってたのよ、坂本さんがピヨピヨの新人芸人さんを見る目は「お父さんの目」だな、と。
娘にメロメロで、娘からサンタさんへの手紙をクネクネしながら読む坂本パパ。
そうよ、これだよ!
「振り回される」のが面白い人と組み合わせるのに、子供は相性がいい。



で、ここで中MC。
なんと再び私登場。
好き放題させてもらってます。
三上さん、信じる太郎さんと最初出てきて、サプライズでホタテーズさんと坂本ダイスケさん。
ネタ終わって1分足らずでステージの上に呼び戻された坂本さん。
当然ながらぶーちゃんさんの良いオモチャ。
と思いきや、ぶーちゃんさんの矛先は私にも。
まぁこれも舞台に上がる醍醐味なのかしら。



後半戦。
ちょむ&マッキーさん。
海鮮丼!
もう水戸黄門並みの安定感。
ネタ中盤で入るアドリブで「なんで呼ばれたんだっけ」と。
そこで飛び出す私の名前。
え~と…今日しか見られないネタを見た!
なんて貴重なの!
いや~驚いたわ~。
あんなに自然にあんな展開になるとは。
二度とみられない貴重なネタ。



太田トラベルさん。
駅の日本一のフリップ。
いろんな駅名の日本一を調べてきました、と。
例えば「日本一短い駅名は『津』」みたいな。
日本一短いはかなり有名だけれども、「日本一長い」は本当に長い。
そういえば「日本一高い駅」は行ったことあるな、私。
要所要所に挟む「電車の車掌さん風」の台詞が上手い。
本物なんじゃないかと思うぐらい上手い。
好きこそものの上手なれ?



モロヘイヤ太郎さん。
信長クイズ!
「鳴かぬなら~」の先を答えて、というわかりやすいところからスタート。
しかし1問目から規格外の答え連発。
答えを間違えるとギャグパートに入るシステム。
ギャグが面白くても正解にはならないから!
「やっちゃった」がなぜかピース付きの信じる太郎さん。
2017年とは思えない古典的なピース。
もはや伝統芸能。



バスターキートンさん。
今まで女子校だった高校に、初の男子生徒が来た!
アニメならハーレム展開でウハウハだけども。
まぁ実際はそうはいかないよね。
なんとか転校生が受けいられられるように策を練る先生@藤野さん。
転校生@みぞべさんも一度はそれを受け入れるけど、策が斬新すぎるのよね。
それでも後半、謎の疾走感とともに「策」を演じ切るみぞべさん。
彼の今後の高校生活に幸あれ。



大村小町さん。
小町さんの家のばあちゃんは強い。
お父さんよりもお母さんよりも強い。
おばあちゃんの知恵袋は現代の科学を超える。
だけど可愛いところもある。
いいなあ。
ほのぼのするね。
こういうホームドラマっぽいネタ、好きよ。



ハニーベージュさん。
検索履歴のコント。
予測変換も怖いけど、検索履歴も怖いよね。
秋本さんの検索履歴の「きしょい」感じと、オチの福間さんの「きしょい」感じはタイプが違う。
その「違い」が面白い。
似たようなことやっててもちゃんと個性が違うのよ。
そこがいい。
リアルなボーイズトークってこんな感じなんだろうなあ。




ワンワンニャンニャンさん。
「人のギャグをハゲさせる」の漫才。
ギャグをハゲさせるって意味不明な表現だけれども。
要するにどんな言葉も「ハゲ」につなげてしまうということ。
その強引さも面白いし、実際のギャグもまた面白い。
トリにふさわしい爆笑で、企画準備でバタついてる私も袖で笑っていたぐらい。
「ながら」で聞いてすら面白いってすごいな。




さて、企画のコーナー。
即興ショートコント対決。
漫才チームVSコントチーム。
漫才(&漫談&歌)はTeam:Black、コント(&フリップ)はTeam:Whiteと命名。
chessだからね、全部黒と白!
何気に私の衣装もモノトーン。

ショートコントは10年間ほぼやってないと言っていた夕暮れランプさん、それでもネタに入れば見事な切り替え方。
ピン芸人ひとまとめでほぼ面識ない相手と混ぜられても健闘していたピン芸人チーム、「大村小町WithB」(大村小町さん、太田トラベルさん、坂本ダイスケさん)。
普段のネタの方向に力技で持って行ったハニーベージュさん、ちょむ&マッキーさん、強引さが面白い。
おしんこきゅうさんやモロヘイヤ太郎さんはあまりに自然で、即興だってのを忘れるほど。
バスターキートンさんはちゃんと打ち合わせている気配、あの1分足らずであそこまで作り込めるのがすごい。
ホタテーズさんは無念のタイムアップ、だけど1分をあの勢いで笑わせぬいたパワーは流石。
グリンオリオンさんはトニーさんの万能ぶりと、それを受け止めるかずきさんの阿吽の呼吸。

いろんなアプローチを見られて面白かったわ。


エンディングでなぜか私がMVPを決めることに。
あの日は1組選んだけれど、やっぱり全員MVPよ。
次回は6月19日。
もう準備は始まっている。
どうかこのブログの読者さんが集結しますように!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/939-fb81bca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

各所のイチオシ大集合?@お笑いハーベスト «  | BLOG TOP |  » クズの集う街@ぶっこみライブ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。