FC2ブログ

2019-07

料理初心者には保護者が必要@漫才キングダム

とにかく居心地がいいのよ、このライブ。
という訳で今月も漫才キングダムへ。
MCのモロヘイヤ三上さんは完全に相方の信じる太郎さんの保護者モード。
リアルにパパな三上さん、ああいう人の扱いはお手の物。


さて、ネタの感想へ。


グリンオリオンさん。
トニーさんと漫才で、テーマは「映画に行こう」
映画デートに行くことになった、かずきさん。
トニーさんはかずきさんが心配で心配でしょうがない!
あれこれ世話を焼くものの、かずきさんはすごく迷惑そう。
反抗期の子供とお母さんみたいな流れなのに、目の前にいるのはトニーさんとかずきさん。
ああ、トニーさんとかずきさんの馴れ初めが聞きたいわ!
(トニーさんのブレイン、飯野さんとかずきさんは幼馴染なのよね





ちょこっとダンディさん。
今回はいつになくネタで二人がしっかり絡んでいるような。
ひで麿さんがひたすらジタバタする漫才も好きなんだけどね。
クレーム対応をしてみよう、というショコラさん。
クレーマー訳のひで麿さん。
いつものように話がとっ散らかったところで…
せ~の。
ッッポイ!
客席にいる私も一緒に言いたくなってしまうの、コレ。
彼らが売れたら、「ッポイ!」は流行るぞ~。





かもしだセブンさん。
落語家に影響された男。
落語って枕が終わって噺に入る時に羽織を脱ぐのよ。
それに見立てて、話が核心に迫る度一枚ずつ脱いでくかもしださん。
コレ、今の世の中で解説無しでそれだけ通じるんだろう、と不安になりつつ。
ネタとしては本当に面白いのよ。
話の重くしていく段階の踏み方が上手いし、脱ぐときのドヤ顔もいいの。
最後は脱ぐものなくなってるけど、一枚だけ守ったものが。
いや、それ守るならむしろ裸の方がマシ!




モロヘイヤ太郎さん。
「一芸あった方がイイよね」という漫才。
信じる太郎さんの一芸は?
料理!
うん、確かに料理できればモテるんだろう、だろうけど。
メニューに不安しかない。
肉じゃがという王道スタートにも関わらず、材料がめちゃくちゃ!
三上さんも作り終わるまで止めず、放置。
ニコニコとニヤニヤの間の微妙な位置で表情をキープできる三上さんはすごいと思うわ。
そして信じる太郎さんの漫才中の消費カロリー!
カラオケみたいに測定出来たら、信じる太郎さんはトップ5に入れると思うのよね~。



ハングリーぺんぎんさん。
白雪姫っていいよね、という漫才。
ねくろふぃりあ。
うん、ひらがなで書けばいいってもんじゃないな。
鯛焼きさん(本当にこういう芸名なのよ)は「キスできるから白雪姫っていいな」と。
それに対してまっとうなツッコミが入るけど、それ以前に。
多分、白雪姫の唇冷たいよ?
一応死体だからね?
死体にキスしたいって、怖いよ!
そこにつっこもうよ!



ワンワンニャンニャンさん。
でた、松竹の癒し系オジサマコンビ。
全年齢対象。
今日はツッコミは基本「オイ!」で。
とはいえ合間合間のハゲネタはあり。
シンプルイズベスト。
同じ「オイ」でもこんなに違って聞こえるものなのね。
そういえば最近衣装が変わった福井さん。
全面に犬が描かれたスーツ。
遠目に見るとオシャレなグレーのスーツなんだけど、近くで見るとなかなか。
ワンワンニャンニャンさん見に行くときは最前列推奨!





ほせいとよださん。
朝が弱いから起こして、で始まる漫才。
王道のコント漫才系なのだけど、どうも空気が緩い。
その緩さが彼らの魅力。
体の大きな保清さんの、ゆっくり流れる時間。
ちょこまかしてるんだけど、せかせかしてない豊田さん。
毎回保清さんの体の大きさで豊田さんが被害に遭うのだけど。
アメリカアニメ感のあるお約束。
起こす時はお手柔らかにね!




はまこ・テラこさん。
2人の間のサインを決めよう、という漫才。
賞レースで落ちちゃったばかりでそっとしておくべき人とか、誰と誰が付き合ったとか別れたとか。
そういう所で地雷を踏まないよう、サインを決めておこう、とはじまる漫才。
だけどそこはベテランの余裕。
話はすごい勢いで脱線していく。
最終的に男性芸人さんの体臭の話に。
そういう楽屋の裏話…案外需要がありそうで困る。
いつも通りの徹頭徹尾のかかあ天下の末、ひょこひょこと去っていくお二人。
自由だなあ…





最後にホタテーズの川口さんのピンネタに触れておこう。
…「笑って言うとホラー感倍増する台詞」をより集めたようなネタ。
普段のネタのキャラと近くて遠い。
面白いかどうかは置いといて、「まるごとホタテーズ」的なファンディスク作る場合の初回生産限定特典にはこの川口さんのピンネタがふさわしい。
というわけで頑張って売れるんだ!


来月は開催がバレンタイン付近になるこのライブ。
さぁ、何組が「モテたい」で来るかな?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/899-a3f751be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイドルとオジサマの邂逅@阿佐ヶ谷フルスイングin中野 «  | BLOG TOP |  » この世の悪が尽きるまで@読売防犯ツナコメ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック