FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼は白猫@カントリーズえざおくん34歳のお誕生日おめでとうライブ

ちょむ&マッキーさん主催の名前の長いライブ。
ツイッターなんて140字なのに、みなさん律義に正式名称で告知してたのよ。

まずライブスタート時にカントリーズさんが出てくるのは当然として。
ザ・誕生日仕様に着替えさせられるえざおさん。
トンガリ帽子に「本日の主役」的なタスキ。
たぶん全部ドンキホーテだと思うけど。
そのまま審査員的な扱いで最前列中央へ移動するえざおさん。
最後にちゃんと優勝者を決めるらしい。


さて、ネタの感想へ。



かぎしっぽさん。
ミュージカル美容院。
その名の通り、ミュージカル風接客が売りの美容院にやってきた女性客。
いろいろ言いたいことはあるけども、ウエストサイド物語の曲にカンカン風の振り付けと衣装だなんて!
ええ、オタクの文句だって自覚はあるわ。
でもね、演じてた子はカンカンよりプエルトリコのラテンな感じが似合いそうな感じだったんだもの、もったいないじゃない。
ネタ自体は「世の中の偏見的ミュージカル」が上手くデフォルメされてて面白かった。
動きが大きいから後ろで見てても楽しめるしね。
こういうのが賞レース向けなネタなのかも、と思ったり。




メカイノウエさん。
「歌の力ってすごいと思うんですよ」といい感じで始まるものの。
歌の内容は完全に「オッサンの日常」。
これ、前にポップスリーでやったネタなのよ。
その時はあんまり評価もよくなくて。
それがかなりブラッシュアップされて帰ってきたの。
なんか私が育てた訳じゃないのにうれしいわ。
高音部のカスレ具合の哀愁が好き。




三浦マイルドさん。
この人、R-1覇者なのよ。
道ですれ違っても普通のオジサマだけど、でも舞台に乗せると一瞬で変わる。
ネタは「どっちからも聞こえる言葉」。
2つの全く違うシチュエーションのどちらでも成立するフレーズを提示するフリップネタ。
競馬場の出現率の高さがもう…オッサンだなあ。
でも言葉のセンスは他の追随を許さないレベル。





馬鹿よ貴方はさん。
ハンバーガーショップの漫才。
毎度おなじみコントにする気皆無のコント漫才。
いわゆるコント漫才の中では屈指のコント時間の短さ。
なんせファラオさんの台詞がほぼすべてボケてるから。
お笑いの「お約束」すら踏みつぶして進む漫才。




ホタテーズさん。
彼らは最近ちょっと苦しそうだな~と思っていたので、今回一安心。
ホタテーズさんは私が割と初期から見てきた芸人さんで、だから早くからお話したことがあってさ。
しかもずっと足掻いて変わってきた、その変化の大きさもよく知っているから。
もうね、私は彼らの「親戚のおばちゃん」気分なの。
ちょっとネタが安定しない時はもう手に汗握っちゃう、「つまんないなあ」で終われないの。
で、彼らの調子が悪そうな時ほど追っかけちゃったりして。
生の舞台で本当に追っかける相手って言うのはね、上手いとか面白いとかカッコイイももちろん大事だけどそれだけじゃないのよ。
背景に持つ「ドラマ」に惚れこんだかどうかなんだと思うわ。
今回のネタは「デブと恋愛」で、遊園地の悪口を言うもの。
デブに遊園地デートは難しいっていうのはわかるけど。
あれって結構歩くしね。





じなんぼ~いずさん。
初夢の漫才。
一富士二鷹三茄子!
を店崎さんが言えないという。
まぁここまでは王道なんだけども、最近はシギハラさんが時々上手い事言おうとしてヤケになるパートがあって。
滑るシギハラさんを見つめる店崎さんのドS王子様ぶりは必見。
最近流行のスマホの乙女ゲーに出てきそう。
芸人さんにカッコイイとか言うのは邪道と思ってきたけど言わせてもらおう。
あのドS王子、カッコ良すぎるカッコ良すぎる



ちょむ&マッキーさん。
ボーリングの漫才。
彼らにしては珍しくネタタイトルつけられるネタよ!
とはいえいつも通り「いかに?!」「たこに!」が始まるけど。
あの昭和感がたまらない。
実際お子さんもいる結構なオジサマなんだけどね。
大袈裟に動いて、ダジャレ言って、漫才の時間の半分はギャグ。
頭をカラッポにしてただただ笑える時間。




ネタのトリはカントリーズさん。
ネタ合わせ時間なしだと気にしてたけど…うん、大丈夫!





企画タイムで「えざおさんにプレゼントをしよう」のコーナー。
コンビごとだったり個人だったりまちまちだけど。

優勝はメカイノウエさん。
手作りのスーファミコントローラー。
もちろん使えません。
だって紙製だもの。

衝撃度No1は馬鹿よ貴方は新道さん。
炊きたてのご飯。
お釜1杯分。
どこから持ってきた?

相方さんからのプレゼントは「耳当て」。
ただね、袋がね…原宿の某有名ギャルショップのもの。
中身もやっぱりファンシーな猫耳付き。
なんでそれを選んだ…しかも白猫。


主催のお二人の写真はこちら。
choma.jpg
一着の衣装を二人で分けて…
ネクタイだけは1人1本!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/893-4929a762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オジサマの王道@全日本ネタ選手権 «  | BLOG TOP |  » 今年のスターはどこに @R-1対策ライブ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。