FC2ブログ

2019-09

年の瀬は肌色の季節@ツナコメ大忘年会

忘年会とお笑いライブを一緒にやってしまおう!というツナコメ特大版。
今回はなんと大喜利には観客まで参加。
私も一応1回回答して、見事に滑ってきたわ。
芸人さん、大変ねえ。
(私の回答も本物の芸人さんが読み上げてくれている


さて、まずはネタの感想から。


世界事情さん。
大人の遊園地を作ろう、という漫才。
大人だから健康をテーマに!
→健康ランド!
という誰でもわかるベタな流れを超えて、その先に広がる新展開。
アトラクションがフリーフォールとか、発想が若い。
しかも大人の遊園地だから園内にバーがあるらしい。
3Dシアターも!
アトラクションはちゃんとしてるから、一見大丈夫そうなんだけど…
あべさんが可哀想だからそのアトラクションじゃダメ!





ジョンさん。
新ネタかな?
「今年の一文字は?」という漫才。
相変わらず田中さんが梶原さんに徹頭徹尾非協力的。
今年の一文字を応えてはあげるものの、結局あだ名の話に逆戻り。
梶原さんの髪が伸びるにつれてよく使うあだ名が変化してきてるので、来年の今頃はどうなる事やら…
貞子?
そこまで髪の毛伸びるかな。
ジョンさんってあまり時事ネタをやる印象はなかったので新鮮。





松下ひものさん。
「自動販売機おじさん」というコント。
え~と…かれら結構いい年じゃなかったか。
それなのにこのバカさ加減。
いいわ、大好きよ。
年の瀬の殺伐とした忙しいときに、数分間何も考えずに笑えるって、砂漠のオアシスみたいなものだもの。
おじさんがなぜ自販機になっちゃったのか、の説明もいい加減。
設定がどうの、伏線がどうの、なんて全部吹っ飛ばして、自販機の上半身にパンツ一丁の下半身。
自販機の色とパンツの色はコーディネートされてるし。
ああもう、なんてバカなの。





電撃ブリッツさん。
少年院か戸塚ヨット〇クールか、その手の施設っぽいところでのコント。
新入りの少年と、指導教官?
「気を付け!礼!」から始まったのに、どんどんズレていく。
そしてまた…彼らも脱いだ!
おお、パンツがグレーだ。
そうじゃなくて。
なんで今日に限って2組もパンツ一丁が出てるのよ。
何、年末には人が脱ぎたくなる力でも働いてるの?





ヨージさん。
R-1終わりに駆けつけてくれたらしい。
賞レースへの文句っぽい話から始まって、お客さんのライブアンケートの話へ。
最終的にはヤンキーの意外な一面を語って落ちへ。
あまりにも「今日しかできないネタ」過ぎてアドリブかと思うぐらいだった。
でもあんなに淀みなくなんて、アドリブじゃ無理よねえ。
「お笑いはもういいでしょう」というネタの始まりでありながら、この笑いの量。
ベテランの底力を感じさせられるわ。
大喜利でも大活躍だったしね。





姫くりさん。
だめんずに引っ掛かった女子と、そのノロケを全力で折りに行く女子のコント。
相手が42歳の売れない俳優って時点でだめんず感出てるけども。
さらに次々出てくる浮気の匂い。
それでも「私は大事にされてるの!」と信じて疑わない脳愛お花畑期。
だけど、ノロケを折られて折られて…現実に次づく瞬間が訪れる。
気付いた途端、もう次に行こうとしてる。
その変わり身の早さが面白い。
明るく強くたくましく、積極的にだめんずにハマりにいく女子ってなんでこんなに力強い明るさがあるんだろう。
涙が出るほど笑って、なんか理屈を超えた元気がもらえる。
「男見る目ないよ!」と開き直って笑いあえる女友達がいるって最高だよね。





そして仲良し愉快な仲間たち、といった風情のさかもとしろうさん、こんちゃんさん。
ネタ中に客席で見てる芸人さんに助けを求めるなんて、前代未聞よ。
この手の助け合いがなぜか多くて、なぜか成立してしまうツナコメマジック。
それはこの後の大喜利にも続く。

今回「酒も食べ物も持ち込みOK」だったため、ネタは素面で見てたけど大喜利からは私も飲酒。
でも客席参加の大喜利だから一応回答は呑む前にしたよ!
呑む前にしても芸人さんが全力でフォローしてくれるレベルの出来だったよ!
しょうがないのよ、だって私は「お客さん」だもの。
(開き直らなきゃやってられない


大喜利は2問、優勝はこんちゃんさん。
ただし、自分の書いた回答をこんちゃんさんに読ませる芸人さんが続出してたから。
優勝は「Teamこんちゃん」が正確なところね。


その後はツナコメ流行語大賞、のコーナー。
さっきは大喜利だったけど、今度はフリップにテーマを書いてのトークって感じ。

最後に「お笑いフリースタイルダンジョン」。
主催の箸休めサトシさんはこれがやりたくてしょうがなかったみたい。
だけど機材トラブルの連続、芸人も結構呑んでて顔赤い、とまぁいろいろ重なって。
ラップバトルにならないどころか、バトルもほぼ不成立。
そんなアクシデントの塊みたいな状況でも流石ツナコメ、芸人さんたちの阿吽の呼吸。
呑みながらでもちゃんと客席からヤジ飛ばしてフォローして、SHOW MUST GO ON!
流れが止まることなく、笑いが絶えないままエンディングへ。

来年もよろしくお願いします、でシメ。
そうね、私も今年はお笑いライブはこれにて打ち止め。
来年もたくさん笑わせてね。



2016年も朽葉の日常を読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、よいお年を!
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/888-15baf30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年のスターはどこに @R-1対策ライブ «  | BLOG TOP |  » ラバボーズ横田さんプレラストデイ@関東ゲラゲラゴールドチャンピオンシップ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック