FC2ブログ

2019-09

仲間を増やして@フライデーナイトライブ

オフィス北野の事務所ライブ、私が前よく行ってたサタデーアフタヌーンライブの仲間ね。
今回は「公開所属審査会」つき。
ハニーベージュさん、バベルさん、おめでとう!


最初にいきなりネタばらししてるけどもw
今回は2組審査受けて、2組とも合格。
漫才メインの2組が同期となった。
前にがじゅまるさんが所属した時は同期が軒並みコントメインの芸人さんだったけど…
なんか流れってあるのかもね。


さて、ネタの感想へ。


まずは所属審査の2組から。


バベルさん。
「お母さんのメモ」の漫才。
お母さんの正体はなんなんだw
と、思えるのは最初の1分くらい。
その後はもっと「おかしな人」が増えるから。
謎の家庭教師やら冷蔵庫の主やら…
絶対実写化は有り得ない、アニメでしか表現できない世界って感じなのよね、バベルさんのネタって。
コントパートのある、いわゆる「コント漫才」で何度も素に戻って話を止めてるのに、ぶつ切り感のない不思議さ。
見た目のインパクトもなかなかだけどw
「濃さ」には定評のあるオフィス北野で、もっともっと濃くなってほしい。
大丈夫、どんだけ濃くなってもここなら上には上がいるw



ハニーベージュさん。
「悩みがあるんよ」に始まって、彼女自慢につなぐ漫才。
本日のイケメンセリフ「彼女が1グラムでもなくなるのが嫌」
ああ言われたい。
言われてみたい。
この中身だけでもイケメンな台詞を方言男子が言うのよ。
毎回毎回、何度見ても私はここで毎回悶えてるわw
「きしょいのう」の連呼がある漫才なのに、ちっとも仲の悪そうな感じのしない2人。
もう11年目なんだそうだ。
関係性の力って大きいよね…特に漫才は。
ここからが勝負の2人、頑張ってほしい。



チャレンジコーナー。
(未所属者のコーナー、ネタ時間2分と短め

太陽の小町さん。
神頼みをしよう、じゃあ神様やるね、という、ネタ始まって10秒でツッコミ所しかなくなる漫才。
ちなみに男女コンビ。
神様ななかなかに専門職のようでw
司ってる分野が狭い。
そして一般的な「心願成就」的な神様が出てこないw
流石八百万。



森石ミドリさん。
部屋に謎のシリコン素材を隠し持つ少年の1人コント。
なにがなんだか…
つ~か「少年が隠し持つシリコン素材」って。
穢れきった私の脳裏には特定の大人のおもちゃしか浮かびません。
ああ乙女になりたいw




所属者のコーナー。

大王イカ夫さん。
刑務所内で刑務作業にいそしむ受刑者。
なんとか家に帰りたい!
そりゃあそうだ、そうだろうけども。
いろいろ策を弄する受刑者。
刑務官にあの手この手で働きかけるも…
設定がとんでもないな、この1人コントw
そしてこの人は何やらかした設定なのかしら。
冤罪じゃなさそうよw



米粒写経さん。
なぞなぞの漫才。
なんというか、古典的な漫才を久々に見た気がする。
私が子供のころに見ていたような、漫才。
こういうネタが1本あると落ち着くなあ。
私も年なのね。
だけど、こういう「全年齢対象」なネタって絶対必要だと思うの。
濃い人しかいないオフィス北野、ネタが終われば彼らも濃すぎるメンバーの一員なんだけどw
ネタの数分だけはここまでオーソドックスになれるのって、すごいね。





さて、前説の話が最後ってどうなってんだろうw
まぁそういう日もあるよ。

かっぽんかっぽんさんが前説で登場。
ネタ的な要素はあまりなく、審査会の説明なんかをキッチリと。
これはこれで大変なお仕事よね。
普段のネタと違いほぼアドリブなので、若干パワーバランスが違うのも良し。


前説の前にはネタコーナーがあるぞ?!
どういうライブなんだ、コレw
カーテンレイザーとかいうコーナー。

昨日のカレーをあたためてさん。
不動産屋の新人社員と教育係のコント。
新人君、八百屋経験者だって。
うん、最初のボケは読めたぞ?
うん、そうくるよね~。
しかしそこから先が一切読めない。
ループする部分があったりと、そんな奇をてらったことはしてないんだけどね。
教育係さんの苦労はわかったw頑張れw




さて、ライブ終了時に公開審査の結果発表。
客席の8割の同意で所属だそうな。
結果、2組とも80%代後半の支持率で所属。
大丈夫、こういう時にバツしかつけないヒネクレ者って必ずいるからw
2組ともほぼ満場一致で支持されたと思っていいのよ。
頑張れ!
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/869-d3495375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もう私は戻りません?!@ツナコメ «  | BLOG TOP |  » その扉を開けたら@セカンド∞バトル

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック