FC2ブログ

2019-07

ヒゲとチャンバラと赤い神様@アーサー王

たまきちの文京シビック公演。
文京シビックのある施設の和室には「ぶっこみライブ」でさんざんお世話になったわw
ヤツらが売れて文京シビックで凱旋公演してほしいものだ。

さて、アーサー王伝説といっても、ランスロットが主役の話が作れるぐらいにランスロットの役割も重い。
ところがプログラムを見ると、二番手の載るべきページにはモーガンbyみやるりの写真。
モーガンが二番手のアーサー王…結構オリジナル要素ありだな、とここで身構えて観劇開始w

モーガンはアーサー王の姉。
アーサー王は父ウーサー王がマーリンの魔法で家臣の女をだまして関係を結んだ時にできた子。
そんなことやらかしたせいで母自害、モーガンは辛酸をなめて復讐を誓い魔女になった。
アーサーの父がウーサーって、ふざけてんのか…orz

マーリンは今回爺様にあらず。
円卓の騎士ガウェインとともに「ヒゲイケメン枠」。
ああヒゲ好きには眼福。

ガウェインはあのヘタレ王子のゆりや君。
甲冑のせいかガッチリして見えて男らしいわ…
ジェントルマンな雰囲気に男らしさ加わって最高。
しかしフィナーレにはいつものゆりや君。
さすがだわw



グィネヴィアがアーサーとランスロット、2人を愛して揺れ動く、というのが話の主軸。
だからこの手の「揺れ動く」系は私には理解不能なんだってば…
我が愛は山の彼方に、なんかもきりやん&まりもちゃん大好きだったけど理解できなかったもの。
(乗り換えちゃう話はまだ理解できる

結局グィネヴィアは「二人とも好き」らしいのよ。
わからない…
どうにも難しいわ。

これがまだ「誠実で優しい幼馴染の旦那、ただしときめかない」と「女たらしバンドマン」ぐらいの落差があればねえ。
2人とも勇敢で優しい騎士、ってんじゃあ落差がなさすぎて…なんとも。
で、ランスロットととのあいびきをアーサーの臣下に見つけられてしまい、処刑しろ~と連行される。
アーサーが処刑をしない選択をしたら、今度はグィネヴィア発狂。
わからん。
なんだこの無駄に救いのないエンド。

ただ、ゆる三つ編みのグィネヴィアは必見。
むちゃくちゃ可愛い。
ドレスの時のアップスタイルより可愛いかも。
こんなシーンに最大の萌えをぶち込んでくる演出家…いいシュミしてるわw



今回の演出家はヒューマニズムの石田。
(勝手に命名
下品なジョークをかますことも多い代わり、理解不能な話は作らない男。
ただその石田をもってしてもこの話は散らかっている。
その散らかりの象徴。

神様降臨。
芝居始まって早々に神の怒りの声が流れ、マーリンと対峙し、その後最後のチャンスを与えるために神様が地上に降臨。
赤い衣装のロリ姿で。
狂言回しが必要で、マーリン1人に怒涛の説明台詞言わせておくわけ行かないのはわかるけど…
「~~じゃ」とか言うロリな神様(オジサマより偉い)ってさあ…
深夜のアニメじゃないんだから。
でもあの子むちゃくちゃ可愛い。
声も適度な子供っぽさでキンキン声にもならず聞きやすい。
いいぞもっとやれw

最終的にはアーサーがグィネヴィアを許したことで神様の怒りが静まって国に平和が!というよくわからない話に。
父の性的な悪さは、息子が妻の浮気を許したら帳消し!
え~と、これ、私の読解力が悪いの???


コメディアンなお兄ちゃん。
(アーサーの兄、ケイ
芸達者過ぎて逆に心配w
あの酔っぱらいぶりはすごいわw

隣国の王子(グィネヴィアを巡るライバル)、メリアグランスはゆうま君。
萌えるシーンを作ってもらえず…残念。
ただ見た目は結構好き。

モーガンの手下二人、レイアとクラヴィーサ。
一足早いハロウィンか、ってな造形。
しかし可愛い。
小悪魔は正義。

モーガンは魔女になったとはいえ生身の人間として凄惨な過去があり、ドラマがある。
しかしこの小悪魔ズは使い魔的な存在で、小悪魔として生まれている様子。
だからヘビーな要素はなく、ただただ可愛い。


なんか今日は私のブログ記事まで散らかってるなorz
とにかくカッコイイ&可愛いキャラは多いし、ヒゲとチャンバラは堪能できるいい作品だから安心してねw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/857-d0e2b9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MCは踊る@高円寺わいわいバトル «  | BLOG TOP |  » 名作は心の鏡だから@エリザベート

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック