FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここはファミリー、彼らのホーム@ツナコメ防犯ライブ

ツナコメの防犯バージョン。
スポンサーついてなんかいろいろ豪華。
お土産にジャイアンツグッズもらっちゃったし。
(スポンサーが読売なため)

さて、ネタも防犯縛り。
そして一応投票制というか優勝者を決める形式。
前回は世界事情さん優勝。


今回は…
メルヘン須長さん優勝!
ちびまる子のキャラクターを使って、いろんな犯罪について毒のある一言と啓蒙になる一言を呟くフリップネタ。
キャラを壊さず、「あ~ありそうかも」と思える範囲でやってる所がすごい。
そしてあの「ザ・アニメ声」で大きな和室の後ろまでキッチリ届く発声ができるのもすごいと思うよ。
登場時、「絵うまい~」と子供たちから声が上がってたしね。
ツナコメは地域密着というか土着というか、お笑いファンが集うというより綱島のお祭りみたいなライブだから。
みんなが知ってるキャラクターのキャッチーなネタは最適。
ネタ選びはガッツリ実力のうち。
おめでとう!



ジョンさん。
防犯に話を持っていこうと頑張って頑張って…話がとっ散らかる。
しかしあんな「犯罪者顔」なのに子供には大人気の二人。
…絶対アニメの悪役か何かと思われてるよ。
悪そうだけど、本物の悪人っていうよりアニメの悪役な感じなのよね。
ネタが古いけども「ヤッターマン」の悪役二人が一番近いな。
むちゃくちゃ子供慣れしてて、走り寄ってくる子供を脅かす姿が板につきまくってる田中さん。
段ボール運んでる時にまとわりついてくる子供を軽くいなす梶原さん。
なんか、ほかのライブじゃ見られない素顔って雰囲気でいいなあ。




電撃ブリッツさん。
「エア痴漢」という新しい概念を取り入れたコント。
「本当に触ったら痴漢になっちゃうじゃないですか」と逆切れする台詞に笑う。
本当に触ったら確かに痴漢なんだけども、エアで触っても不審者ではあるのよ?w
ていうかエア痴漢のどこに悦びがあるのか教えてほしいわw
そもそもこのコントは女装コントではない。
BLだ。
ど~~~やっても萌える余地はないけど、BLだ。
BLでエア痴漢とか、要素多過ぎでしょw




ホイップ坊やさん。
防犯ネタだって言ってるのにこの人連れてきちゃダメでしょw
今のところ半分ぐらいのネタで非合法なヤツ出てきてるのに。
で、普段通りのネタの最後に、テレビ番組の最後に出る「この番組はフィクション~」というテロップ並みの言い訳をする。
あのネタ好きだけど、面白いけどw
園芸部がそろってドラッグの原材料育ててる学園コントね。
学校一の不良集団が目覚めちゃうやつね。
あんな学校あったら楽しそうだなw





ポンちゃん人形さん。
腹話術の人ね。
防犯要素はとってもしっかりしてたのに、ランクインならず残念。
昔ながらの腹話術で、お笑いライブではあまり見ないジャンルだけど、ここではそういうのも見られていいわね。
おばあちゃんがオレオレ詐欺にひっかりかける話を腹話術で演じた。
教育的効果は圧倒的一番!
おばあちゃんの声がちゃんと可愛いという衝撃。
腹話術ってあんまり見たことなかったけど、すごいのねえ。





投票結果の集計時間に抽選会。
当たった景品は芸人さんが席までお届け。
お~客席降りだ~w
なんか芸人さんもみくちゃにされてるぞw

このライブ、ツナコメは本当に特殊なライブだ。
お客さんは完全に地域の人というか普通のご近所さんで、お笑いフリークはほとんどいない。
だからウケるもウケないも、一番「お茶の間」に近いのよ。
芸人さんたちも言い訳できない。
こういう「普通の市井の人」にウケる事がテレビスターの条件だもの。
でもこの町の人は決して「審査員」じゃない。
むしろ親戚のおばちゃんおじちゃんのような目線で、彼らが少しでも面白くなるのを待っている。
そして面白くなったら全力で笑ってくれる。
芸人さんもその事を肌で感じ取っているから。
だから、ここで鍛えられた芸人さんたちはみんな、本当にまっすぐで見ていて気持ちがいい。

ヅカファン長い事やってるとね、最初はヒヨッコだった人がぐんぐん育っていく姿がどうしても見たくてね。
最初から面白いのはもちろんすごいんだけど、成長する「物語」が見たいのよ。
それがここには、ツナコメにはあるの。
特にジョンさんなんて初期はもう…大変だったんだからw
短期間にあれだけ伸びたのは、こういう他にはないライブ環境のおかげなんだな、とひしひしと感じた。
どうか不束者で悪者顔ですが、真面目に頑張るいい子たちなのでこれからもご指導ご鞭撻のほどを…って気分になっちゃったわ。
(私は彼らの親じゃないしwていうか彼ら私より年上なんだけどwでも「うちの子」って感じなのよw

普段は出待ちではお目当ての人と喋りたくて待っているんだけれど、ここでは片付けをする芸人さんを眺めている時間もすごく幸せになれる。
この町で受け入れられて、育てられて、子供に携帯で写メとられて、マダムにお菓子もらって、おまわりさんにいじられて…
隣で待ってたオジサマの、ツナコメの歴史を語る言葉に柄にもなく感動したりね。
ああ、彼らは「ファミリー」なんだなあ、と。
そこに愛があるから成立している優しい世界。
こんなに芸人さんが育つライブも珍しいと思う。

どうかこの素晴らしい環境が長続きしますように。
(そのためには私みたいなオタクが侵入して荒らしちゃダメなんだってのはわかってるんだけどさw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/850-0469aa6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

M-1グランプリ2回戦 «  | BLOG TOP |  » バイト仲間の裏の顔@高円寺お笑い温泉

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。