FC2ブログ

2019-07

小林がいっぱい@関東ゲラゲラBLONZE

松竹角座ゲラゲラシリーズ、三階級中一番下のゲラゲラBLONZE。
一番下とはいえネタ見せをクリアしないと出られないため、クオリティは充分高い。
ただしネタは2分と短め。

さて、ネタの感想へ。



小林ヒロユキさん。
家でゴロゴロしていたところ、突然の電話。
「お前の息子を誘拐した!」
いやいや、息子いないけど?と返すとうろたえる誘拐犯。
(小林ヒロユキさんは今回は大学生という設定
せっかく社長の息子を誘拐したのに、親の番号も覚えてないなんて!と。
問題はここから。
…息子、確かに立場上息子なんだけどさ~。
このコント、クズしか出てこないw



ネムルバカさん。
魔王と勇者、もとい魔王の側近と勇者のコント。
勇者が魔王を倒しにやってくるも魔王は既に死んだ後。
魔王の側近がその事を告げると…
勇者が駄々っ子に!
しかも勇者オッサンらしい。
途中から勇者が悪者に見えてくる。
とりあえず世界は平和になったっぽいから喜ぼうよw




ブリキカラスさん。
入りたい野球チームってある?という漫才。
小林さんが…
また小林だ。
こっちの小林さんは小林メロディさん。
で、その小林さんは巨人ファンで黒田さんが入りたい球団を全否定。
ネガティブの権化だなw




棚からブタもちさん。
家庭訪問に来た先生は母親の初恋の人だった!
息子がただただ不憫。
親の恋愛事情を見せつけられる思春期…これはグレるぞ~。
でもあの母親なら子がグレても動じなさそうw
とにかくパワフル。
ひたすら明るい。
いいエネルギーだなあ。



コーヒールンバさん。
珍しく漫才。
「○○が思い出せない~」からどんどん連想ゲーム。
アクロバティックになぜか最終的には思い出せてしまう。
アシックスぐらい忘れないで覚えといてよwとは思うが。
思い出せた瞬間の二人があまりに嬉しそうで、いろいろツッコミ所もあるのに吹っ飛んでしまう。



トムソーヤさん。
「いいし質問が出ると変な反応をしてしまう博士」。
爆発頭の木村さん(博士)に石塚さんが質問をしている。
設定的にはNHKの教育テレビの「今日の園芸」的な感じかな。
質問が表面的なものの場合は普通に答える博士。
でも少しでも博士の琴線に触れると…
大爆笑。
しかも悪役っぽいっていうかマッドサイエンティスト系の笑い声。
あれ絶対悪い事してる博士だよね…w




ほせいとよださん。
彼ら、なんか私が見始めてからの二年間でかなり面白くなってきたなあ。
初めて見た時より格段に面白くなっている。
今回は「指相撲知ってる?」という漫才。
なんかオカマキャラが始まったw
大きなボケと小さなツッコミというある意味ベタな組み合わせが分かりやすい。




企画タイムは「誇張モノマネ」。
MCの青年タイアップさんは不参加だが、代わりに「ゆきのちゃん」という19歳のタレント少女が助っ人参戦。
19歳の弾けっぷりもすごかったが、芸人さんたちも大奮闘。
一応あまりしゃべってはいけないルール設定。
ただ…ミュージシャンが連続したりすると「ギター弾く真似」だけじゃ判別不能なわけで。
結局歌ってるw

最後に昇格降格でドタバタして終演。
ブロンズは終演後にニコ生がある。
出待ちをするかニコ生待機か悩ましいw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/801-e614914b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二人はアインシュタイン@自主トレ «  | BLOG TOP |  » ラスティングノートはしみじみと@ラバボーズ単独ライブ「味のオノジマ、香りのヨコタ」

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック