FC2ブログ

2019-07

リリリニューアルオープン@ピンのピン

中野シェイプレスのピン芸人ライブシリーズ、また新しいの来たぞ。
私の愛する「MEKURE」に始まり、いろいろ出てはリニューアルを繰り返してるこのシリーズ。
というわけで名前は違えどメンツは共通。
毎度おなじみ、くちぺでぃあメンバーでお楽しみくださいw




ガヴァドンさん。
テレアポ会社の正社員を演じるガヴァドンさん。
あのオレンジアロハで会社員役に見えるところが恐ろしいw
新人バイトにさんざん先輩風吹かせるガヴァドンさん。
…実話ですか?
妙なリアリティw
そしてこの会社、実は普通の会社じゃない。
「メリーさん」を使っての暗殺会社なのだ!
自分でも何言ってるかよくわかんないけど。
まぁそういうわけなので裏声で電話をかけるガヴァドンさん。
裏声=女声になるわけないw



大村小町さん。
「やめてけれ~」で始まる漫談。
都民が秋田県民につい言っちゃう一言をバッサバッサと斬っていく。
途中「きりたんぽの良さ」について脱線しかけたりもするけれども。
小町さんの全力秋田弁も聞けて美味しい。
全力だと本当に何言ってるか理解できない(汗
「訛る」と「○○弁」の間の落差の大きさを改めて思い知った。
本日の名言。
「秋田県民は白熊じゃねえ」
ハイ、ごもっとも(汗




ゆとりちゃんさん。
「いいんだけどね~」と髪をかき上げながら毒づく1人コント。
雰囲気的には漫談だけど、一応OLを演じているようなので1人コントにしておこう。
「サバサバ女子」への的確なツッコミは秀逸。
ぶりっ子よりサバサバ女子の方がめんどくさい瞬間ってあるからね。
ゆとりちゃんさんはオープニングや中MCでも大活躍。
先輩にあれだけ歯に衣着せぬ言動ができるのはもはや特技のレベル。




テラシマシュウジさん。
「恋愛ものによくある台詞を異常なシチュエーションで言わせてみよう」なシリーズ。
全身タイツにマントと仮面の死神スタイルで登場。
ただし、今回は女子だ、女役だ。
いつものテラシマシュウジさんの声だけど女子だw
とはいえこの人のネタは本物だ。
前の「もとゆう」も最高だったが、今回の「死神女子」もいい!
魂のウィンドウショッピングとかもうね。
台詞はどれも王道恋愛もので一度は聞いた有名なもの。
それを死神が言うだけでどうしてこうも面白いのか。




アダムスコメディさんは落とし穴のセールスマン。
ビジネスモデルだけ、骨格だけ考えるとまともなビジネスなんだけどな、コレ。
商材が落とし穴になるだけでこうも変わるものか。
アダムスコメディさんのサラリーマンスタイル自体違和感バリバリな所がまた。
何気ない一言がホラーになる、っていうのが笑いになるのが不思議でしょうがないんだが、怖いって面白いよね。





雨の群雲さんはカラオケボックスでのエピソードがメインの漫談。
カラオケでギャグの練習をしていたところを店員にガッツリ見られてた話とか。
唇をアシンメトリに歪めて怒る姿がなんともコミカル。
最初はビックリマンシールの話だった筈なのに、なんでカラオケの話になってるんだか。
ビックリマンシールの今のプレミアっぷりがまず驚きなんだけど、それを集まるまでの苦労がねえ。
雑魚キャラに怒りをぶつけないであげてw




カンダさんは勇者を迎え撃つラスボスを演じる1人コント。
ただこのラスボス、いろいろといい加減。
勇者の「リュウ」との因縁を語るものの、だんだん話があいまいになっていく。
対決の場所くらいは忘れても仕方ないけど、顔の傷をつけた瞬間のことぐらいちゃんと覚えといてよw
そしてその忘れたことにグダグダ言い訳するラスボス。
ラスボスなのに小物。




モリコウヘイさんは転校生の1人コント。
「野球部やめるなよ!」と必死の説得。
今日転校してきたばかりだけど。
なんせ今は高3の夏、思い出をさっさと作らなきゃ!という事らしい。
急激に距離を詰めるための試行錯誤が面白い。
無理やりあだ名つけてみたり。
そのあだ名が既に他の似た名前の子に使われていたり。
なんでここだけちょっとリアルなんだろうw




しゃこさんはバルーンアートの大道芸人演じる1人コント。
首をかしげて「なんででしょうね~」
足元の箱にはアートされてない素のバルーンが数本。
これの正体がオチ前に明かされるのだが。
バルーンアートの才能はともかく、別の才能を感じる見立てだったw
是非全色そろえてほしい。



トリはロマンの赤松さん。
タイトルはつけにくいネタだなあw
ギャグとショートコントと漫談を足して3で割って煮詰めたようなネタ。
タイトルはもうつけようがない。
「生」で見る事の価値を知らない人にはぜひこの人を生で見てほしいと思う。
客席の笑い声と大切な台詞がかぶらない阿吽の呼吸。
一番後ろにいてもはっきりと聞こえる通る声。
この技術の上にネタが乗っているからこそ、面白い。
生はテレビと違って演者の技術を底上げしてくれるテクノロジーはない。
こういう「生の底力」を持つ人を見たら、きっともっと生で見る人が増えてくれると思うんだがなあ。




終演後、しゃこさんの写真ゲット。
shako.jpg
この笑顔でバルーンアートすればあの作品でもそれなりかもしれないのにw

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/798-57d85d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラスティングノートはしみじみと@ラバボーズ単独ライブ「味のオノジマ、香りのヨコタ」 «  | BLOG TOP |  » ハンカチはグッズの定番です@ボーダーライン

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック