FC2ブログ

2019-07

ラッキーカラーは蛍光イエロー@四面楚歌

シェパード太郎さん、林健太郎さん、マザーテラサワさん、ルサンチマン浅川さんによるトークライブ(プレゼン形式)。
個性的というのは彼らのためにある言葉のようだw


シェパード太郎さんのプレゼンは先月に引き続き占いの話。
今回の占い師は「毒舌マシンガン」らしい。
人の性格を2つに分けた後、それぞれをまた2つに、計4つの分類で占うという。
性格の名前は全部植物の名前で統一。
しかし例外というか特殊タイプとして2つの性格を併せ持つ人もいるそうで。
シェパード太郎さんもそうなんだとか。
…と、ここまではまともな占い談義。
問題はここから。
で、その占い師のアドバイスに従い衣装チェンジを決意したシェパードさん。
そういうわけで今日はオープニングからピンクのハッピ。
インパクト充分ながら、誰もつっこまないから気になって気になって。
さらにここからお色直し。
蛍光イエローのハイレグ水着!
(ネットで購入、女性もの
なんかもういろいろアウトw



ルサンチマン浅川さんは「仙人入門」」という本を持っての登場。
前回ほどではないが、やっぱり机の上は本の山。
いったいこの人どんな家に住んでるんだろう?
本で床に穴があきそうよw
こういう店主1人でやってる古本屋とかありそうだな…
本のタイトルが「仙人」なので、一応話のメインは仙人。
だけどそこにとどまらず、オカルト全般に話が及ぶ。
ご本人も「セミナーみたい」なんて言ってたぐらい。
いつ怪しいツボがでてくるのかとひやひやしたわw
話を聞く限り浅川さんはすごく理屈っぽい性格の人。
そういう人が仙人に夢中になる、このギャップがたまらない。
速読でたくさん読めるからこそ、知識の量がとんでもないのが浅川さんの強み。
来月は何が来るんだろう。



ザーテラサワさんは「騎士」というギリシャ喜劇について。
プリミティブな笑いを語るマザーさん。
そう、最もプリミティブな笑いとは「う○こ」なのだ!
…マザーさんの口から出てくる言葉としては違和感がすごすぎて。
古代のお笑いの賞レースの優勝作品というこの「騎士」。
プリミティブな下ネタ笑いだけでなく、きっちり政治風刺も織り込まれているらしい。
日本でも「仮名手本忠臣蔵」が時代変更して時事問題を扱ったように、時の政治家を性格の悪い奴隷に例えて奴隷3人の話に構成。
今のお笑いの要素と比較しつつのトークでストーリーも理解しやすかった。
マザーさんのパートはプレゼンというより講義とか授業って感じ。
古文の、特に外国語の古文を訳した時に特有の大袈裟な言い回しもマザーさんによく合ってる。
全編朗読してほしいぐらいだわ。
そしてちょっとシェパード太郎さんの内容にリンクするかのように出てきた、古代の占い事情。
占いっていうか神託、託宣。
「シェパード太郎さんみたいな人がたくさんいたって事ですね」
…そんなまとめ方でいいのかw




林健太郎さん。
今まで一度も働いたことのない林さん。
そんな林さんは親のカード(家族カード)で物を買う。
今回は買ったけどあまり使わなかったモノたちをランキング形式で紹介。
3位マウンテンバイク
2位ギター(アコースティック)
1位3DO(ゲーム機)

3位と2位の王道っぷりよ。
それに比べると1位の3DOは異色だな。
マウンテンバイクい乗らなくなるきっかけのエピソードのダメっぷりが最高。
大人でしょ?大人だよね?それでいいのかw
ギターはね~…
一度はやってみたくなるもんだよねw
これは仕方ない。
気持ちがわかるもん。

1位の3DO…結局いいソフトが出ずに終わったそうな。
もったいないw





今回はタイマーをセットし、時間をはかりつつの進行。
タイマーはシェパード太郎さんのiPhone。
普段はガラケーなのか?上手くタイマーを止められない浅川さんに萌えw

シェパード太郎さんの小冊子、今回から本編な感じ。
完結したらブログで感想書こうかなw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/790-f04a592f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダメ出しは優しくね@ぶっこみライブ «  | BLOG TOP |  » デブを数えて@びーちぶ管理人やってる豆腐屋のチャリティーライブ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック