FC2ブログ

2019-07

暴力的な正気と穏やかな狂気@TOKYODECADANTSUNSET

真夜中クラシックさん、ニコさんの新ネタ3本とゲストのネタ1本、それとトークのライブ。

今回はなんと!



真夜中クラシックさんが刃物も女装もなし!




彼ら、本当に刃物率女装率高いんだもの。
もちろん「歪んだ愛」あふれるコントもあったし、真夜中クラシックらしさは健在。
だけど、女装も刃物もなしなんて驚いたわw



さて、今回もゲストは一組、ジャイアントジャイアンさん。
だけどまずはニコさん、真夜中クラシックさんのネタの感想を。


真夜中クラシックさん。

1本目。
漫才で、サブカル浦島太郎、略してサブしま太郎。
タケイさんがタケイさんらしく自由に呼吸しているネタ。
高橋さんがなぜか懇切丁寧に浦島太郎のストーリーを説明してくれるけど、パロディとはいえサブしま太郎にはあんまりストーリーないぞw



2本目。
海外の子守歌で息子を寝かしつけようとする高橋パパ。
タケイさんは子役です。
ただね、おとぎ話やわらべ歌ってホラーなものが多いわけで。
マザーグースとかアガサクリスティーの小説のネタになってるぐらいよ。
当然タケイ少年は寝るどころの騒ぎではない。




3本目。
歪んだ愛を娘に捧げる父。
今回一番真夜中クラシックさんらしいネタで、タケイさんの表情もよかったと思う。
タケイさんは口を歪めるような笑い方をすると本当にいい顔になる。
高橋さんは何一つおかしなことを言っていない。
その対比があるからこそ輝くネタ。
タケイさんは刃物を使うネタを多く書くけど、それはあくまで「歪んだ愛情」「相手を不幸にする愛情」を描く手段であって、目的じゃないのよね。
あれだけ歪んだ愛情、歪んだ関係を描き続けるのは、タケイさん自身にもどこか歪んだところがあるからだろう。
だけど、タケイさんの持つ歪みを高橋さんは理解しない。
高橋さんは常に正常で、そのまともさを突き付けられる事は歪みを抱えた人間にとってはある種の暴力でさえある。
高橋さんの暴力的な正しさと、歪んでいる事を自覚しているのにもう戻れないタケイさんの閉塞感。
これこそが真夜中クラシックさんだと思う。






ニコさん。
1本目は漫才。
「女の事ドライブデートしたいからお前カーナビやれ」という無茶ぶりをする榊原さん。
加納さん、従順w
漫才なんだけど、最後の「もういいよ」的な台詞は加納さんが言うけれど、「ボケとツッコミ」感のほとんどない漫才。
トークライブの中でこういう展開があってもおかしくなさそうな、「素」の感じ。
高校の同級生コンビである彼らはこういう空気勝負のネタには本当強い。
加納さんが再現しようとしてた歌が何なのかも気になるw
ずっと一生懸命「ターンタンタターン」と歌う加納さん。
榊原さん、カーステレオは榊原さんを愛してくれないよ!加納さんの方がイイよ!w




2本目は大学の合格発表に来た高校生二人(親友同士)のコント。
今日の3本の中で一番榊原さんが理不尽。
しかも地に足の着いた理不尽さ。
こういう逆ギレされた事って人生一度はあるだろうな、と。
最後のオチがいつものニコさんよりずっと王道な事と相まって、すごくリアルなコントだと思った。




3本目。
能力をコントロールできないエスパー少年(榊原さん)、そのクラスの授業をする加納さん。
突然来る未来予知。
それをそのまんま叫んでしまう榊原さん。
一時間の授業の中で何度叫んでるんだw
あれじゃあ授業になるまい。
録音の音声が上手く使われたコントで、榊原さんの「能力」も面白い。
ニコさんもネタの中で「死」を扱う事の多いコンビだけれども、今回もそう。
途中で「みんな死ぬ!」と預言を始める榊原さん。
それに対してにこやかな笑顔で「みんなもいつか死ぬんだから」とか言っちゃう加納さん。
加納さんはたいてい榊原さんの被害者とでも言うべき役を演じてるし、素の加納さんは暴走機関車な榊原さんを唯一止められる穏やかな常識人。
なのに時々わかりやすい狂気以上に恐ろしいものを秘めているような芝居をする。
それは一瞬で、いつも次の瞬間には優しい常識人の加納さんに戻っている。
今回、その一瞬をこのネタでは見られた。
いいなあ、これこそがニコさんよ。





ゲストのジャイアントジャイアンさん。
一人二役漫才というか、独り相撲漫才というか…
ガッキーとの妄想デートを計画するのだが、合間合間にガッキーの豆知識が入る。
妄想デートなのに「ガッキーは女子バスケ部だから部活から恋愛には発展しない」なんてリアリティ追求しまくり。
タケイさんお気に入りの言い回しも何度も出てきていたね。
このネタスタイルを追求し始めたきっかけのエピソードも聞けたし、なんか思い入れのあるネタになったわ。




最後はトークタイム。
天然ボケエピソードも面白かったけど、一番印象に残ったのは「今まで言われた『似てる芸能人』の中で一番カッコいい人を当てよう」という内容。
よく自虐表現で「○○をブサイクにしたような顔」って使う人いるものね。
どんなブサイクでも同じ系統の美形ってのはいるもんだ。
逆も然り。
これは面白い遊びだからもっと世の中に広めるべきだわw



終演後にニコさんの写真ゲット。
nico2.jpg
むしろ今まで撮ってなかったことに驚いたw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/771-e6cd1d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まぶす派かぶる派@鳴る、エンジン «  | BLOG TOP |  » 一粒で二度おいしい@検品―2016年度便―

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック