FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく一番上!@SMAイディオットライブ大将戦

え~と、ソニーの若いチームのピラミッドライブの一番上のライブがコレ!
(やっと覚えたぞ
ソニーの事務所ライブは種類が多いのでややこしい。
所属する芸人さんが多いのだから、事務所ライブが多いのはいいことなのだけども。

さて、ネタの感想へ。


スコッチさん。
トリオ漫才、あだ名をつけよう。
スピッツとミスチルの歌詞をつないでトリオ漫才。
スコッチさんがネタを考えてるのに、スコッチさんがボコボコに言われるネタという…
そういえば結局スコッチさんの芸名の由来って何なんだ?
2年以上追っかけてるわりに実はこんな基本情報も知らなかったりして。
このネタの中でそこにも触れてくれたらいいのにw



朝が来るまでさん。
泣いてる子供と先生のコント。
先生が「泣いちゃだめだ、って自分に言い聞かせてごらん」と言った途端、子供の人格分裂開始!
結局5~6人になってたな。
人格同士が殴り合うってどういう設定なんだろうw



湘南デストラーデさん。
なんでしょうクイズという漫才。
なんて理不尽なクイズなのw
問題はルール無用のフリーダム。
いや、ある意味なおさんがルール。
途中までそれなりの規則性が見えたからこそ、終盤が面白い。




汐田パンダさん。
転校する少年がみんなにもらった色紙を読む1人コント。
少年よ、君はクラスで愛されていたのかい?w
すっごく愛されてるようにも見えるけど、すっごく雑な扱いにも見える。
どこまでも明るい汐田パンダさんだからこそ、どっちなのか判断つかない。




くどうあやこさん。
40歳のJKで別パターン来た!
「旦那と別れて人生やり直そうと定時制高校に入った」という基本設定はそのままに。
今回はテレビ局のスタジオ見学に来てかつての後輩を見つけるくどうさん。
その後輩の力でアイドルデビューしようとごり押し!
一点の曇りもない、ひとかけらの陰もない、ひたすらに明るくパワフル。
こういうオネエサマが世の中を明るくするのよ!
「元気をもらえる」って表現は、まさにこういう人のためにある表現だと思う。




テキサスクローバーさん。
二人そろって女装でのコント。
しかも彼らも設定はおそらくJKだよね?
…高校生って大半はティーンエイジャーだぞ!w
くどうあやこさんと言い彼らと言い、汐田パンダさんといい…自由すぎるw
栃木さんが姉、長友さんが妹で、姉妹は同じ人を好きになってしまったらしい。
勝負が見えてる気もするが。
オチでは栃木さんは勝ち負けの外に行ってしまうw




ぶらっくさむらいさん。
外人の取説、というネタ。
取説はアレです、西野カナのやつ。
替え歌だね。
ハーフあるあるってある意味「マイノリティあるある」だから。
自分はマイノリティだ、って人と、そうでない人ではどうしても感じ方に差が出てくるんだと思う。
私は完全にマイノリティサイドだからね~。
「普通の人」の自覚をもって生きてる人々にはどう映ってるんだろうね、このネタは。





和田輝美さん。
三色団子!
夕飯時のライブでなんて飯テロなネタ。
昭和の香り全開で三色団子への愛を歌う和田さん。
歌がちゃんと上手いからすごい。
こぶしも回ってるし、発声もちゃんとしてる。
日本語がわからない人に聞かせたらお笑いのネタだとは思うまい。




マカロンさん。
青春は人が輝く時!と主張して、今日のテーマは「雪の降る日の帰り道」。
ロングヘアだから一瞬女子を演じることに納得しちゃうけど、彼は立派な男性です。
ていうか手をつなぎたいって言ってるのに、どうしてこんなに気持ちが伝わらないんだろうw



奴子食堂さん。
スーツのサイズ感w
ネタの感想の前に一言言いたくなるレベルでおかしい。
ネタの内容は、役員と平社員のコント。
平社員が勝手に役員のSPをしようとするも…
むしろお前が役員の命を狙ってるだろ?なレベル。
もはや柔道の投げ技みたいなのやってたしw




そしてこちらは柔道のネタ。
ふみつけ大将軍さん。
白帯のオッサンに弟子入りしたい少年。
少年、なんか強そうだけど。
オッサン負けそうだけど。
見た目だけでも面白いコント。




「ホームランを打ったら手術を受けてくれるね?」が達成できなかったら…というコントのタマゴーズさん。
このモチーフ、お笑い業界では大人気だけど、実際そんなにあるもんでもなかろうにw
しかしタマゴーズさんはトリオだ。
野球選手、病気の少年、にもう一役プラスできる。
何の役をプラスするんだろう?
まさかの相手チームの投手。
とばっちりw



ゲスト2組。

マツモトクラブさん。
パン屋でクロワッサンを毎日のように買うオッサンの1人コント。
店員のモノローグを流しつつ、セリフは本当に大事な所しか喋らない。
モノローグと動きがぴったり合っていて、録音だって事を忘れさせるぐらいの完成度。
毎度のことながら、さすがの演技力。



だーりんずさん。
自殺の名所で飛び込もうとするオッサンを止めるお爺さん。
お爺さんはかれこれ2000人の自殺志願者を止めてきたプロフェッショナル。
…命の電話もびっくりだなw
データがあるので、言動だって予測できちゃうし、自殺志願者をパターン分類しちゃうよ!
でも人間は型にはめられない。
最後の最後、お爺さんの予想外の行動に出るオッサン。



そうそう、MCは湘南デストラーデさん。
久々の全組掲載なので、MCの事は長々書かないけどもw
オープニングで当てられてアワアワしてしまった私。
…不審者じゃないよ~w
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/767-c54314b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一粒で二度おいしい@検品―2016年度便― «  | BLOG TOP |  » 特別でない彼女と私の物語@実録長編エッセイ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。