FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女人禁制~ただし舞台上に限る~@コントおじさん

初めて見るライブ、ただしメンバーは結構いつもの感じかもw
私にしては珍しく、新宿のライブ。

さて、ネタの感想へ。


ばんどーらさん。
彼らの本領発揮、言葉で遊ぶネタ。
授業参観に来た父、とその父を見つめる「よその子」。
よその子が作文を読み始めると、もう言葉のサラダレベルの難解な作文。
ただツッコミがいちいち冷静なのでつい笑ってしまう。
なるほど、この冷静さは我が子じゃなくてよその子だからこそだなw
こういう作文を書くような子の将来が楽しみだw





や団さん。
ラーメン屋か何かか?頭にタオル、白Tシャツ姿の男二人と、ワイシャツ姿の店長。
Tシャツ2人が喧嘩を始めると、何やら指南を始める店長。
喧嘩を奨励しちゃダメでしょうw
指南の成果あって、どんどんレベルアップしていく喧嘩。
もう何がしたいんだかさっぱりw




馬鹿よ貴方はさん。
満喫のコント漫才。
例によって一切仕事をしない店員のファラオさん。
あの対応に一切声を荒げない新道さんって、リアルに考えるととんでもなく辛抱強い人よねw
接客のアレさももちろんだけど、料金設定もおかしい漫画喫茶。
終電逃しても絶対入りたくないわw




キズマシーンさん。
老人に優しい人だけが抜ける伝説の剣!
何その高齢化時代のエクスカリバー。
老人たちの「危機」の小規模さと、その解決法の血生臭さのギャップ。
案外戦闘民族な老人たちだなあw





ハッピーエンドさん。
人生ゲームで遊ぶ男が2人。
ところがその人生ゲームがリアルを反映しているのでは?と騒然とする二人。
問題はゲームが現実を追い越した時。
要するにゲームが過去ではなく未来を予言し始めた時。
…そのゲームやってみたいw



ロマン峠さん。
人見知りな登山者が遭難して洞窟に飛び込むと…後からもう一人やってきた!
こんな時にそんな事?と戸惑うもう一人の遭難者。
そりゃそうだよ、命かかってる時に人見知りだものw
最終的には怪我の功名なのか?
いやいや。
なんつ~迷惑なw




くるくるさん。
母子家庭で貧乏暮らしの少年のところに、出ていったはずの父が帰ってきた!
最初はちゃんとしたドラマが展開。
しかし…息子が強かすぎたw
息子はもう母子家庭キャラを確立して生きてるのに、今更父の帰還で多少経済的に潤っても意味がない!と。
父が可哀想な気もするけど、でも最初に家出をしちゃったのも父だし。
なんか考えたらダメなネタだなw



ここから1人コント。

マザーテラサワさん。
893の事務所に乗り込んで、哲学を説くという1人コント。
馬の耳に念仏どころの騒ぎじゃないw
ネタの後半、いきなり上着を脱ぎだすマザーさん。
一体何事?!
上着を脱いで、シャツをめくると、中から出てきたのは斬新な入れ墨。
あんな893がいたら可愛いわw



浜辺のウルフさん。
「俺って小説の登場人物だと思うんだよね~」と。
ソフィーの世界(昔流行ったの、知ってる?)みたいな話だね。
ただなぁ…話の内容がなぁ…
どう考えても小説じゃなくてラノベだろうw
そこは区別してほしいw





そして企画タイムなしでシンプルに終了。
結局このライブの由来はわからずじまいなのだがw
でも確かに女性芸人さんはいなかったw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/764-bf0bbae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特別でない彼女と私の物語@実録長編エッセイ «  | BLOG TOP |  » リニューアル前の大盤振る舞い@あさがやプロットバトル

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。