FC2ブログ

2019-06

居酒屋デート?@ニコトーク

ニコさんのトークライブ、普段は企画要素のあるトークライブだけど、今回は本当にトークのみ。
乱入ゲストのタケイさんもいないしw

加納さんがトークテーマをA4の紙に列挙したものを作ってきて、客席に配り、榊原さんにも持たせる。
で、そこからトークテーマを選ぶわけだが…

選ぶ姿がどう見ても居酒屋デート。

「ねえ、どれにする?」
「コレいいんじゃない?」
「あ、いいね。でもコレ榊原選ばないかと思ってた」

終始このノリ。
でもって加納さんが指さしてる紙を榊原さんも見ようと覗き込むからもう。
腐った感じ一切ないのに、BLっぽくないのに、なんだこのデートっぽさ。

そもそも机と椅子のセッティングがデートっぽいのよ。
150度ぐらいにやや角度をつけて横並びにする感じ。
90度の座り方が「これから仲を深めたい二人」であるように、150度の座り方は阿吽の呼吸のカップルになる。

いや、別に腐った話がしたいわけじゃないんだ。
具体的なBLにもっていきたいわけじゃなくて。
夫婦並みのこの距離感がなんか好きなの。
彼らの持つ夫婦並みの「日常感」。
相手が自分の隣にいるのを当たり前に感じている姿がいいの。




このトークライブの話とはズレてしまうけれど。
「高校時代の同級生コンビ」っていいなあ、とつくづく思う。
おしんこきゅうさんもそうなんだけどね。

空気が違うの。
大人になってから組んだコンビ、特に2人とも解散を経験して何人目かの相方さん、ってコンビとは明らかに違う。
強いて言えば、宝ジェンヌのソレに近い関係性。


10代の心が柔らかい時期を共有して、その時期に同じ夢を見た2人。
そうでなければ出せない何かがそこにある。


仲の良いコンビである彼らだけど、性格は全く似てないのよ。
榊原さんの自己主張をいつも受け止めている加納さん。
最初に私は「夫婦」だの「カップル」だの散々書いておいてアレなんだけど。

まるで双子の兄弟のようだ。

パワフルでワガママで、だけど魅力的で、自由奔放で一見ドSに見えて、でもお兄ちゃんに構ってほしい弟、榊原さん。
そんな弟に流されてばかりに見えるし、自己主張しないんだけれど、弟に絶対的に信頼され頼られているお兄ちゃん、加納さん。







そんな二人なんだけど。
トークライブの内容は。

・クリスマス~年末年始の過ごし方
・高校の同級生とのワルい遊び
・食べ物
・ドラマ
・小学生の頃の遊びと駄菓子屋

…どこの冬休み明けの大学生男子の会話だよ。
だいたいがクリスマスの過ごし方がもうウェーイし損ねた大学生っぽいw

加納さん→お一人様でスターウォーズ、しかもレイトショー。
榊原さん→同期とご飯の後、別の同期とモンハン。

ニコさんってどうしてか「呑みに行った」話を一度も聞いたことがないんだよね。
あれだけ仲がいいのに、行先はファミレス、公園、散歩、お互いの家。
…だからお前らは夫婦か!w





そして最もニコさんがニコさんらしさを発揮していたのは食べ物の中でも、お菓子の話。
榊原さんは子供のころはヨックモックのラングドシャが好きだったが、大人になってシガールのおいしさに目覚めたらしい。
で、どちらも食べたことのない加納さんに一生懸命不思議な絵を描いてラングドシャの説明をする榊原さん。
全然伝わってないけどw
その画伯ぶりだけでも面白いのに。

この時期にチョコ菓子の話をしてるのに、一切バレンタインに話がいかない。
本当につくづくニコさんだわ…
バレンタインに意識が行かない所があまりにもニコさんだわ…
こういう「男子校男子」ぶりが本当好きなのよ。
ニコさん、恋愛はどんどんしてほしいけど、この男子校っぽさはなくさないでね!w
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/738-fe46a3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

R-1ぐらんぷり2回戦特集!その1 «  | BLOG TOP |  » ピン芸人の季節@絶ピンライブ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック