FC2ブログ

2019-07

おバカのプレゼン、おバカなプレゼン@サタデーアフタヌーンライブ

久しぶりのオフィス北野のライブ。
このライブの特徴は「プレゼンタイム」。
芸人さんそれぞれが自分でプレゼンしたいものを選んで1分のプレゼンで競う。
当然、おバカキャラの人のプレゼンはエラい事になるw


さて、まずはネタの感想へ。




がじゅまるさん。
ザ・おバカ。
彼らは「バカ」と呼んではいけない。
「おバカ」、こうでないと。
なんせ大真面目に「ケツ叩こう」だからね。
今回は歌に合わせて叩いていたが、歌の音痴さが絶妙。
あれがワザとでないなら、コナン君のいいライバルになるぞw
音痴な歌声と、ネタのおバカさにいろいろほぐれたネタ。





ルサンチマン浅川さん。
フリップを使いつつ漫談。
「鍋料理」がテーマ。
やってることの基本は「ダジャレ多用の漫談で、ダジャレを可視化するためにフリップを融合させた」って事なんだけども。
この説明が歯がゆいぐらい、次のフリップの台詞を言わないといけないという制約があるのを感じさせない自由な漫談だった。
というかダジャレですら、実力者がやればちゃんとした芸なんだね。
食材も鍋の種類も織り込んで、次々繰り出されるダジャレ。
上手い事言ったぞドヤァをしないから、油断したら聞き逃してしまう。
だからグイグイ引き込まれる。
いやあすごいもん見た。





シルキーラインさん。
40年前応募してきたバイトに今更「明日から来れる?」と電話する店長。
困惑する元バイト志望者。
「元バイト志望者」は40年の歳月で当然ジジイになっている。
あれ?そうすると店長若過ぎ…
世代交代が過酷。
時間の流れって残酷!w





マッハスピード豪速球
さんは喫煙所でのリーマン二人の会話。
ガン太さんの方は「500円貯金を始めた」という。
500円貯金をするには500円玉が必要、なので1000円札を崩すためタバコを始めた、と。
いやいやいやw
当然坂巻さんは一生懸命「それは損だ」と伝えようとするも、全く伝わらない。
タバコ以外にもいろいろ始めちゃってる事が発覚して、坂巻さんもう必死。
それでもダメなもんだから…
オチのセリフが黒い。
もう1秒暗転待ってほしかったな~
そしたらもっと黒い顔しただろうに!w




マザーテラサワさん。
「動物に言わせたい一言」のフリップ。
牛に謝りたくなるわw
美味しく頂いてごめんねw
犬の写真、かなり可愛い子犬を選んでるせいで台詞の切れ味が増している。
もはや凶器。





林健太郎さん。
アイドル握手券をCDからはがす作業をする青年。
と、その青年を手伝わされる家族の1人コント。
テレビの「田舎に泊まろう」のVTR的な空気。
全然違うけどw
全くほのぼのしないけど。






馬鹿よ貴方は
さん。
ラーメン屋の漫才。
彼ら特有のゆったりしたテンポのコント漫才。
珍しく「同じシーンで何回かボケる」タイプの漫才で、あまり話が進行しない。
それなのに退屈させないのは流石。
というか、ファラオさんがラーメン屋の店主役を頼まれてから、ラーメンを作るまでがメインw
喋らないファラオさんも面白いけど、意外にも丁寧な通訳をする新道さんがツボ。





プレゼンタイム。

ファラオさんは安定の音楽トーク。
今回は「エリックジョンソン」。
「録音の時はスタジオの機材の電池のメーカーまで気を配る」という美学の持ち主なんだそうだ。
「弘法筆を選ばず」なんて言うけれど、道具にまでこだわる美学ってプロだよね。


問題はがじゅまるのお二人w
スーミーマンさんは漫画「宇宙少年」のプレゼンなのに、時間の半分は他のいろんな漫画の紹介に費やしちゃうし。
小林さんは「東尋坊を紹介します」だもの。
しかも小林さんはわずか30秒で終わったとの事。
もっと話してよw


マザーテラサワさんはちゃんと哲学のお話。
プレゼン…というより授業。

「カレーのおいしい作り方」が二人いたりもしたもののw
このコーナーやっぱり好きだわ。

今回優勝はシルキーラインさんで、「総合格闘技」の話。
お笑いに例えながら話すプレゼンが高評価だった模様。








帰りの電車で前回のプレゼンの文字に起こしたものを読みふける。
ライブのオマケで一番楽しみなのがコレ。
ネタと違って、プレゼンは一度しかやらないから、次のライブでプレゼンの全文を配ってくれるのよ。
同じ一分のはずなのに、テキスト量結構違ったりね。
生とは違う面白さで、一粒で二度おいしいの。
…私はこのライブの面白さをプレゼンできているのかしらw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/737-e9acc559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピン芸人の季節@絶ピンライブ «  | BLOG TOP |  » 抜かなきゃいけない「ら」もあります@シェイプレスライブ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック