FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小道具と大道具@アッパレライブ

普段あんまり行かない中野twl。
なんせ駅から遠い…
それでも行くこのライブ、やっぱり芸人さん主催ライブ大好き。
他のお笑いファンにも、ライブかぶりして迷ったら、とりあえず主催者が芸人さんの方に行くのを強くオススメしたい。
主催者の人脈で出演者が決まるのが芸人さん主催ライブの特徴。
結果として、「私が面白いと思う人の選ぶ芸人さんは面白い」というお得な現象。
初めて見る芸人さんの「あたり」率が極めて高い。


そんなこんなで、やっとネタの感想へ。



わたなべるんるんさん。
今回のインパクトNO1.
私が初めて見た彼女のネタは自意識過剰なJKが就職面接に行く1人コント。
その時はあくまで「自分が可愛いと勘違いしている女の子」だったのだが。
今回のは完全なストーカー。
思考回路からして再現率高過ぎる。
しっかりホラーとして成立するのに、小道具がマヌケ過ぎて…
そのギャップがイイ。



スコッチさん。
トリオ漫才。
「あだ名をつけよう」
歌詞の切り貼りなんだ、とわかって見ているのだけど。
どうしてこうもちゃんと「必要な言葉」がそろってるんだwと。


イヌベルトさん。
久々だなあ…
まだプレップスだったころに見て以来だもの。
「コンビニでトイレを借りよう」という漫才。
回りくどい手続きをさせるのは危険だと思うわw
ローテンションの関西弁が効いている。
くじ引き万能説w



深町哉さん。
「大人のなぞなぞ」というタイトルのフリップ。
大人の=エロ、を期待する観客を大いに裏切ってくれた。
確かに大人じゃないとわかんないけど、それは大人のなぞなそじゃないw




スタンダップコーギーさん。
初見の時は彼らネタ飛ばしてたし、今回も途中で雲行きが怪しくなってた。
上手いとはお世辞にも言えない。
が、なんか目が離せない。
また見たくなる。
「記憶力を高めるにはどうしたら?」みたいな内容の漫才。
いろいろ未知数ながら、何かが気になる不思議なコンビ。




おべんとばこさん。
強烈なのきたなあw
花屋さんのコント。
一見「アブナイ人」を演じそうな人が常識人という、一筋縄でいかない内容。
最後に出てくる小道具の衝撃度。
花が終始きちんと鑑賞されてない間違った花屋。




汐田パンダ
さん。
学ランコントやっぱりいいわ~。
前の不動産屋も悪くないのよ。
だけどこの人はやっぱり学生コント。
「イジメじゃないよ」と言いつつ次々出てくる破壊されたモノたち。
無理やりポジティブな表現に押し込むけれど…
あのバレバレな言い訳が痛々しくならないのがいい。



ウェンディさん。
ジェネレーションギャップをテーマにしたコント、二人はサラリーマン役。
小指を立てて女を示す、みたいなジェスチャーが、先輩リーマンと後輩リーマンで全然かみ合わない。
後輩リーマンはどこの世界の住人だw
どう見ても「カミさんが妊娠してて機嫌が悪い」がエラいことに…
ジェスチャー1つでもかみ合わないのに、3つも並べたらそりゃエラいことになるわw




きしたかのさん。
受験生の息子、尻に敷かれてそうな父。
軽い気持ちで「頑張って勉強しないと父さんみたいになっちゃうぞ」と父が言うと…
息子覚醒、急に勉強しだすように。
父カワイソスw
しまいには犬に助けを求めるも…
まぁねぇ、犬が人間につける序列ってシビアだからねえ…




ぼくあなたさん。
漫才の内容とかなんとかより、とにかく耳に残って離れないフレーズが。
「地球のタレ」
(地球内部のマグマをさしているらしい…
ネタは「もし地球が滅亡したとしたら、どんな死に方がいい?」というよくある「もしもの話」の漫才。
連呼される「地球のタレ」のせいで漫才の内容はあまりよく覚えていない。
だけど妙に笑えるのよ、「地球のタレ」




きらめくあしたさん。
「もし自分の家がお菓子の家だったら…」
のし梅とか渋い素材使うんじゃないw
食べたいものを素材にして作るなら、私の部屋はバッカスで作ってください
(お菓子より酒!w
家族全員分のお菓子の種類を妄想してる当たり、案外孝行息子なのかもしれないw




ニルベース齋藤さん。
「弱小野球部あるある」という1人コント。
私はまともなスポーツ体験というものが全くないので。運動ができる人にはコンプレックスむき出しである。
こんな情けない運動部の話、大好物に決まってるじゃないのw
いいなあ。
むしろ可愛いよw




エンジンコータローさん。
チャールズ渡辺さん。
コントに小道具じゃなく大道具持ち込む芸人さんがまさか2組出てくるとはねw
エンジンコータローさんの「ドラキュラのお父さんを授業参観に連れていく息子」の設定のとんでもなさ。
チャールズ渡辺さんのドラゴンボールの道具製作以外の潔い雑さ。
ああいいなあ、こういうオバカ枠。

それにしても今回、小道具がキーになってる芸人さん多かったなあ。




1組1組をかなり短くまとめてこの長さ。
やっぱり芸人さん主催は豪華。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/728-4d3ddedb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

渋谷とシモキタ@ひょっこりひょうたん島 «  | BLOG TOP |  » 悪魔が召喚したテレビスター@あさがやプロット

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。