FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒歴史…@JK時代に書いた小説を公開しますwww

昔書いた携帯小説が壮絶な黒歴史な件。
以下本文。
やばいわ…このセンス。
黒字が原文、赤字が今の私によるツッコミ文w





第一話:キウイ
タイトルがオチというかラストシーンそのまんまだよ、ネタバレとかそういうレベルですらない…

今年も夏が来て、また光のことしか考えられない日々がきた。
ずっと好きだったのに言えなかった僕の初恋。
光って人名だったのね、紛らわしい
光は名前の通りキラキラした物が好きだった。
雪、蛍、霜柱、携帯だって爪だって綺麗にデコられてた。
きらきらするモノの羅列がおかしい件。
光の一番のお気に入りは花火。
近所の公園で、入江の向こうの町の花火大会を小さい小さいと文句言いながら見たり。
この小さな町に初めてできた都会のお店…ドンキで得用パック買ってみんなで騒いだり。
「都会のお店」ってwドンキの前にコンビニとかファミレスができるでしょうに
高校でこの町を出たら大きな花火を見たいって言うのが光の口癖で、花火大会の後だけは普段やらない勉強もして。

けど、やっと町を出られる受験の年。
中三って事?回りくどい
光はこの町にいなかった。
1月に光は入江の向こうの町の病院に入院した。
これは中二の1月て事ね、わかりづらいわ
その時知った、あの町までのバス代はたった百円。
中三までバスに乗る機会がないってどんな引きこもり。
あの町はそんな遠い世界じゃなかったこと。
僕らは高校生にならなくても花火大会の会場まで行けたってこと。
まさか友達もバス代知らなかったの?この町の子は買い物や習い事や部活で町の外に出ないの?
光の親は娘が花火大好きなのにたったバス代100円の隣町まで連れてってもくれないの?
というか隣町の花火なら結構大きく見えるよ?

だけど遅かった。
弱っていく光が僕は怖かった。
だからお見舞いは一人じゃいけなくてさ。
誰と行ったの?クラスメイトと?
一人で行けば…告白できたのに。
…がウザイ

僕らが三年になる頃光は病室を出られなくなって、普通の食事も食べなくなった。
たった2か月で進行早すぎじゃない?何の病気?
果物なら食べるのよ、っておばさんが泣いた目で笑った。
気の利いたこと言おうとしなくてよろしい。普通に「泣き腫らした目で笑った」と書け。
6月になって、光は病院の屋上から花火大会が見えるはずって言い出した。
見えるだろうね、同じ町だからね
花火大会までに退院は無理だけど車椅子ぐらい乗り回してやる!と、強気に、だけど妙にリアルな目標を立てたっけ。
車いすも乗れないような病状なの?ていうか1人でお見舞いにいけなかったって上で言ってたけど、1人で行ってない?
けど6月の終わり、光は急変した。
むしろよくそこまで生きてたよ、感じに見えるけども。
おばさんから電話で光の急変を聞いて、慌てる僕におばさんは「光を心配させたくないから慌てず普通にお見舞いにきて」と言った。
病状が全く伝わってこない。ていうか「僕」は告白してない=彼氏じゃない、1クラスメートのしかも男子に危篤の時にお見舞いさせるのか?
だから僕は次の日、学校の後に初めて一人で病院に向かうバスに乗った。
お見舞いには花か果物、花は女子が持っていくだろうから僕は果物にしよう。
急変したって危篤って事でしょ?女子もお見舞いにって、そんなにぞろぞろ行くなよ
そう決めて店に入ったけど僕の小遣いは足りなかった。
キウイとバナナだけ、ピンクのリボンつきバスケットに入れて持って行った。
バスケットのリボンの色とか…こういう無駄な描写が多いなあ。
この状況で花も果物もおかしいと思うけど。

でも光は集中治療室にいた。
急変を知らせる電話でその事聞かされてなかったの?
あれじゃキウイもバナナも食べられない。
その状況で感想それ?
けど、おばさんはキウイの皮をむいた。
どこで?まさかICUの中で?
お見舞いにもらったのよ、と。
ICUの中だよね?コレ?
「小さいね…高校生になったら、もっと近くでもっと大きな…」
肝心の部分を省略するな
「失礼よ、せっかくのお見舞いなのに」
この状況でお見舞いのキウイが小さいと文句言うわけないのは「おばさん」だってわかるだろう。
食べられないんだから!
そもそも食べられないのになぜ剥いた。
ていうかICUに入ってる病人のうわごとに対する対応に見えないんだが

おばさんは光の言葉がわからなかったみたいだ。
確かにキウイじゃ、公園から見える花火より小さかった。
どうやらキウイの断面を打ち上げ花火に見立てている模様。
皮をむいた後輪切りにしてたんですね。
…寒い!



今日は光の命日。
今年も僕はキウイを買って帰る。
あ、はい、そうですか。買えば?
ラストがコレって…
結局今「僕」は何をしているんだ?
恋人はできたのか?
登場人物の人格が誰一人として伝わってこない…








次、もう一本あるのよ。
2本目もまた寒い…
背伸び感が半端ない。






タイトル:リンゴ


私は昔からリンゴが好きだ。
食べるのも、絵を描くのも、ウサギさんにするのも。
リンゴの絵を描くのが好きって…絵を描くのが好き、じゃなくて?
ウサギリンゴは小学校にあがる頃にはもう自分で作れたぐらい大好きだ。
そして必ずウサギリンゴはお尻から食べるのが習慣になっている。

初めての彼氏、陽介に作った手作り弁当にもウサギリンゴを入れた。
いくつの時の話?
「お尻から食べてあげてね」って声をかけたら、陽介はその時食べていた卵焼きを吹き出しそうになっていた。
それでも陽介はウサギリンゴをお尻からかじってくれた。
陽介とは二年付き合った。
唐突に別れるし。

春紀は鼻で笑ってこれみよがしに頭からかじった。
それで別れたわけじゃないけど、春紀とは半年も持たなかった。
良かった、ウサギリンゴの食べ方で別れた、なんて言われたらさすがに当時に私の頭の異常を疑うわ。

「リンゴなのに頭とかお尻とかなんだよ」と笑われたり、「わかったわかった」と半ば呆れながらもお尻からかじってくれたり。
ウサギリンゴはいつもその男の本性を垣間見せてくれる。
暴力的な人、穏やかな人、浮気者、束縛家…
いったい何人付き合ったのよ?
後から思い返すとストンと腑に落ちる。
だけど私はウサギリンゴで男を試す気になれない。
そんな道具にするには私はあまりにウサギリンゴを愛している。
ウサギリンゴを愛しているwwwwもうねぇ…

そんな時幸司に出会った。
幸司は職場の新人で、お世辞にもかっこいいとは言えない。
で、現在この主人公はいくつなの?
見た目も中身も、体育会系の部活一筋の高校生がそのままスーツを着たような男。
このころの男の描写はどれもひどいが、これは中でもハイレベルな酷さ
好きな食べ物は牛丼とカレー、嫌いな食べ物はシイタケと納豆。
さすがにこれは男性に失礼だろうよ
昼食はいつも会社の側の牛丼屋、野菜を食べなくてもこんなに健康な人間がいる事に私は驚いた。
何に驚いてるんだwww
牛丼屋にも朝は納豆の入った定食がある、なんて話を初めて聞いたのも幸司からだ。
この男に聞かなくても店の外にメニュー貼ってありますが。
いかにも不満げに、でも底抜けに明るく話す姿に温かい苦笑が込み上げた。
出た!このちょっとオシャレな言い回しをしたい病気。何「暖かい苦笑」って。ムズムズする。
多分その瞬間私は幸司を好きになっていた。
好きになった瞬間ぐらい自覚してください。
いくら元気そうでもさすがに野菜も果物も無縁な生活では体が心配で、私は職場に3個分24匹、今までで最多のウサギリンゴを持ち込んだ。
さすがに、の位置がおかしい。
ウサギリンゴを24匹、朝からどんだけ暇なの?
今までで最多って、常日頃から自分の分以上のウサギリンゴを職場に持参してるの?
あだ名はウサギリンゴちゃんなの?
というかコイツに何個リンゴ食べさせる気だったのか、このリンゴは何人分のつもりなのか…
ツッコミどころしかないこの一文。

お尻からかじってね、と言おうとした瞬間、幸司は丸ごと口に放り込んだ。
8分の1のくし形のリンゴを丸ごと、ねえ…職場の先輩の前で?行儀悪いなあ。
そんな人は今まで見たことがなかったし、私はすごく驚いた顔をしていたはずだ。
そりゃ驚くよね、行儀悪すぎ。
だって幸司はリンゴを飲み込んだ次の瞬間「あ、スミマセン」と言ったから。
驚くところ、そこ???
でも私はなんだか嬉しくて、あれが一番正しい食べ方に思えた。
あ~あ~恋は盲目。

「何笑ってるんだ?」
唐突な場面転換。
どうやら今までは回想で、ここから今の描写になる模様。

「初めてあなたにウサギリンゴを作った時の事を思い出してたの」
さっきのセリフな行儀の悪い幸司くんのセリフだったようです。
「一口で行くのはがっつき過ぎだったかぁ」
がっつき過ぎというより行儀悪い。
「ううん、ウサギもあれが本望よ」
は?何が?
ウサギも本望ってウサギリンゴがウサギじゃなくてリンゴです。
ていうかこれで話し終わり?
ラストシーンは何がどうなってるの?
幸司とやらとは結婚して夫婦の会話なの?
つ~かいい女みたいな扱いしてるけど、このヒロイン相当電波だよ?
話の冒頭で何歳でラストで何歳なのかも明かされてないけど、結構付き合った人数も多そうだな。
いろいろとヤヴァい女だ。







いやあ、ひどい…

このころより少しだけ進歩しているはずの今の私だけど、これを添削してまともなストーリーに直すのは確実に無理。
もはや笑うしかない…
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/691-f1e7af81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

試行錯誤邁進中@グレアムボックス「手の込んだ真実」 «  | BLOG TOP |  » フリップのメッカ@MEKURE

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。