FC2ブログ

2019-07

トークタイムはチームプレイ@ホワイトステッカー

中野twl、あんまり行く機会がなかったんだが、例の靴を脱ぐライブハウスね。
結構なじみのメンバーで安心感のあるライブだったわw



さて、早速ネタの感想へ。


メカイノウエさん。
「チャンス」の歌。
あれだけ早口でまくし立てた後ハーモニカ吹くなんてそれだけでも大変そうなのだが。
歌の内容としては合コンで「面白いことやってよ、チャンスはどこに転がってるかわかんないよ」と言われたことへの反論。
いやあいい具合にこじらせてるなあw
確かにその合コン女がチャンスを運んでくるなんてまずないのに、心構えだけ立派なこと言われてもね。
ただ、一番ツボったのは終盤の「俺がナントカだったらナントカしろって言うんですか」の連呼。
ナントカの部分でいろんな職業を例に出してね。
そうそう、そうなんだよ…
形のないモノを売ってる仕事はさ、すぐ「ここでやってよ」って言われるんだよね。
具体物を作る人にはそんなこと言わないくせにさ。
技術にも知識にもコストかかってんだよ、こっちの努力と時間の結晶なんだよ!と全力で共感。





ウルトラキスミーさん。
更生した元ヤンキーに進路指導する先生。
勧める仕事がどれも裏社会w
それに対して元ヤンキーが「先生になりたいんだ」というも…
オチが可哀想なことにw
ただ、これ見ると彼らの人格のたまものだなあ、と。
全く同じ設定同じオチのセリフで、ものすごく後味悪いネタを前に見たことあるのでね…
(誰のとは言わないけども
ブラックなテーマを不快感なく仕上げた実力と人格に拍手。




ナイスチョイスさん。
部活紹介の場面を再現するコント風漫才。
最後に残るバスケ部の謎w
というかどう考えても廃校が待ってるよね、あの学校。
部のラインナップはとってもまともで野球、サッカー、バスケ、ソフトボール…なのに。





MORIYAMAさん。
言い訳、を心理学的にちゃんというと「認知的不協和を解消させるための~」
あれ、なんだっけ?w
とにかくまあ心理学的に屑の言い訳を解説しますよ~っと。
白衣来て本気モードです。
(ていうか本当に臨床心理士らしいよ、MORIYAMAさん
まあほとんどはお笑い芸人に関するシチュエーションなんだけど。
いや~言い訳しちゃう心理はよくわかるだけに身につまされるわ。
つ~か楽屋でそんなこと考えてるのかしら、とか思うとね?
他の芸人さんが可哀想になるw




ホシカワさん。
誘拐犯を演じる1人コント。
けど誘拐したのが幽霊だったという…
霊感誘拐犯ってなんかラノベっぽいぞw
でもって次々起きる怪奇現象。
誘拐したのが幽霊じゃ逮捕はされないだろうけど。
身代金なんて絶対もらえないよねw
骨折り損のくたびれ儲け。
けど怖すぎて身代金のの事なんて忘れてるっぽいけど。






浜中雄平商店さん。
YAH○Oニュース風にいろんな事を13文字にまとめてみよう!
え、上のは伏字だよ?w
昔話やアンパンマンがあんなことにw
浦島太郎については、乙姫様に失礼だろうとw
身も蓋もない感じがいい。
13文字前後にまとめるってそういえばうちのブログ記事の副題も長くてもそれぐらいだしね。






ズーズーズーさん。
嘘資格を書きまくって面接に受かろうとする平松さん。
面白がっていぢめる(Not誤字)南野さん。
今回は前見た時よりはっきりと南野さんがいぢめに行ってたように思う。
その分平松さんが壊れるのも早いw
いろんな意味で構造がスッキリしてわかりやすく変わっていたね。
ただその結果平松さんが暴れるシーンがカットされていたのが残念w
まあネタ時間も短めに調整していたのかな?
南野さんの悪い顔が本当に悪かったのがツボ。
そして平松さんの最初の好青年ぶりからの崩れ方がいい。
そうなんだよ、「普通の人」をキッチリできるのが平松さんの強みで。
南野さんの隣が見るからに危ない人だったら世界が崩壊するw





トークは各ブロック終わりでレギュラー2組とゲスト1組のチームで。
ただ初参戦の朽葉姐さんにはレギュラーもゲストも関係ないw
あ、一応今回ブログにとりあげた中ではホシカワさんのみゲストね。




ピン芸人チーム1の芸名の話。
ピン芸人チーム2のコンビ芸人への悪口。
ズーズーズーさんとウルトラキスミーさんの水道バイトトーク。
ぴーかぶーさんの乳首当て。
ええと、個性的すぎませんか?w



案の定ズーズーズーさんの自宅トークライブは総ツッコミを浴びていたがw
負けるなwww
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/646-8bac1112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼブライン松井編@妄想乙女ゲーシリーズ «  | BLOG TOP |  » 先生と委員長は誰だ@プロットダブル

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック