FC2ブログ

2019-07

時間がうむドラマと底力@シェイプレスライブ

最近とりあげる芸人さんの平均年齢が鰻登りな件。

宝塚では「男役10年」なんて言うけれど。
どこの世界でも「仕上がるまでに必要な時間」というものがある。
同時に。
その間に1人やめ2人やめ、「本当に愛のある人だけがその世界に残っている状態」にもなっているんだ。
そういう意味で、お笑いにおいても「芸歴二桁」の底力はすごいと思う。

お笑いに関しては実力の評価は私はできないが、芝居ならたくさん見てきた。
「芝居の基礎」の身に付き方がある一定以上の芸歴の人とそれ未満で差があるように思う。
特にそれは1人コントにおいて顕著。
「遠くにいる相手」に話しているのか、「目の前の相手」に話しているのか。
観客には「会話の相手」の立場で観てほしいのか、第三者でいてほしいのか。
こういうところをきちんと作りこめるって本当に大事。

芸歴二桁中野阿佐ヶ谷系には、「テレビで絶対できないネタ」ばかりやる、売れるかどうかにおいてノーコメントにせざるを得ない芸人さんも多い。
その一方で彼らの「底力」を見せられると、そこには別のカタルシスがある。
ドラマ性において、若い子はオッサンに絶対勝てないんだよなあ、と。
朽葉姐さんになってもうすぐ10年、私はドラマのあるオバサンになれているだろうか?
そんな事を考えさせられるライブだった。



前置きが長くなったけども、やっとネタの感想へ。
先に言っておくけど今回も平均年齢高くピン率も高い。
私のせいじゃない、シェイプレスのせいだw





金子ほまれさん。
じわじわとネタを変えてきているので、その変化が面白い。
ただこの「途中下車の旅」、忙しすぎるネタで。
アクシデントの発生率が本人比NO1なんじゃないかとw
私にとってアクシデントは生の醍醐味なので、むしろご褒美なんだが、演じてる方は大変だろうなあ…
ナレーションを録音にしたりすれば忙しくない普通の1人コントになるんだろうが、あえて忙しいままやってほしい。
(この金子ほまれさんという人、どうも周りの人のSっ気を引き出して回るという性質の持ち主なんだよな…





ヴィレッジさん。
同じフレーズを繰り返し繰り返し…の漫才。
何がどうと説明するのには向かないが、こういうネタが1つぐらいないとお笑いライブじゃない、って気がする。
フレーズの魅力で隠れがちだが、なんかちょいちょい挟まれてる「貧乏あるある」みたいなものの哀愁がすごい。
で、結局あの方はインド人なんですか?w

なんというか、大根のかつら剥きのような漫才だと思った。
かつら剥きの大根で作れるのは刺身のツマぐらいだけど、かつら剥きできない板前なんて恥ずかしいし、飾り切りの基本にはかつら剥きがある。
でも21世紀の今、「スライサーあるじゃん?」でかつら剥き練習してない若い子いっぱいいるよね…みたいな。




日の丸じゃぱ男さん。
フリップとモノマネを交えた1人コント。
要素が多いので忙しい感じの仕上がりに。
ただ、この人のネタでそれは珍しいので、思い入れはよほどあるのだろうな、と思う。
クロッキーのようなテイストの似顔絵をフリップにして、政治家のモノマネをしていくのだが、人物のチョイスが濃い。
あの中で一番有名なのは誰だ?石原慎太郎か?田中角栄か?
名前だけなら三島由紀夫や東条英機も知られてるけど、顔の認知度では負けてるよね。
もうヒトラーが時空を超えすぎなことについては言う気も失せたw




ゼウスちかおさん。
その場にいない「母」の気配を感じるのはなぜなんだw
マザコンにしか見えないキャラの造形が上手い。
芝居というのは演者の考えた通りのその人物の「背景」を観客に妄想させられる事がベスト。
そういう意味で芝居の上手い人だな、と思う。
「完成間近の自社ビルで飛び降り自殺をしようとする少年発見!風呂場からパニック状態で直行」というリアリティ皆無な場面だけど、出てくる人間感情の流れにはリアリティがある。
ただ、このネタの後の舞台上はいろいろリアルに危険w



ラパン一世さん。
…おニューだ!
いや、ピンクのウサギなんだけどさ、ラパンさん。
私の頭がおかしくなったわけじゃなくて。
本当にピンクのウサギなんだってば!
そのウサギのボディが新調され、前より鮮やかなピンクに。
そしてオレオのステマだけして去っていくw
あ、全身タイツにもメーカーによってボディラインの差があるそうです
(一般人には果てしなく無駄な情報…w



もしかして村長さん。
女子?!
いや、なんつ~か。
本来BL展開妄想して萌えるべきシチュエーションなんだが…
見た目的にBoyじゃないにもほどがあるw
高級マンション買った友達のところに居座るオッサン。
前にイシちゃんとマヤさんがやった「おかしな二人」に通じるものがあるな。




企画タイム。
政治家モノマネ再び。
つ~ことで今月は日の丸じゃぱ男さん回。
後半何人か「モノマネをするヴィレッジの甲賀さんのモノマネ」という屈折ぶりだった件。
まあなので甲賀さんのMVPは当然でしょうw




今回もMCは女子だったぞ。
なんだ最近女子を入れる流れなのか?w
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/636-5f2fde46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出演者最多ライブ候補@笑いの現象学 «  | BLOG TOP |  » ラブコメ展開まだですか?@プロットバトル

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック