FC2ブログ

2019-09

キャンペーン第三弾@アッパレライブ

今回は会場自体発参戦。
靴を脱ぐライブ会場なんてあるのね、ビックリよ。
初めての中野twl。
アットホームというか、住宅街ど真ん中。




さて、今回もほぼ初見の芸人さん。
早速ネタの感想へ。




ナイスチョイスさん。
手紙を読む演技をしたいのだが…
BGMがおかしくて話に入れない。
アップテンポなBGMで手紙は読めないよねw
歌唱力がリアルなのがまた笑いを誘う。
あれ、作った音痴だとあそこまで面白くないと思うわ。




深町哉さん。
主催者らしい。
イラストが御上手。
しかしネタは図がメイン。
金八先生の理科の授業というフリップネタ。
フレミングが強引過ぎるw
人という漢字がテコに化けたのを見て、オーっとなったわ。
その発想はなかった。
最後金八以外の武田鉄矢いたけどw
僕は死にましぇーん!
そこは突っ込んじゃダメ!と言いたくなる身も蓋もないツッコミ付き。




たましいおおくすさん。
レストランを開く前に試作品を食べてもらおうと友人を呼ぶ、1人コント。
友人に料理をマズイと言われ大ショック。
しかしマズイ原因は…

まさかそうくるか。





おべんとばこさん。
愛すべきバカ。
小学生男子的な発想が最高。
私こういうの大好きよ。
星の子供が流れ星になる夢を叶える為に先輩の星の所へ教えを乞いに行く。
…荒川アンダーザブリッジ?
流れ星になるための修行は厳しい。
そして最後に星の子供は…w
感動しない衝撃のラスト!





オモシロ大魔神さん。
一発ギャグ詰め合わせを1人コントテイストで。
改造人間らしい。
だから客席が冷えても寒くない!
大丈夫!
的な。
…一発ギャグの説明なんかできる訳ないじゃない!





大黒天さん。
ナイスツンデレ⁈
元村長と、村に新しくきた村長のコント。
新村長は村を金で買った悪いヤツ。
しかし…
なんだろう、この昔話っぽさ。
オチまでキッチリ、綺麗なネタだったわ。





ニルベース齋藤さん。
野球マニアによる、野球マニアの、野球マニアのための1人コント。
ベースボールはアメリカのスポーツなのでリンカーンで攻めてみましたw
ショートコント外野手、というネタ。
野球マニアにはたまらないだろうなあ。





週刊ムラタさん。
今回のベストオブ理不尽。
八つ子の我が子達を進学させるお金のない父が、子供らにトーナメントをさせ勝った子に進学させてやる、と。
子供らは男7女1の構成なのだが、名前が酷い。
女子はひとみ、男子は背番号。
扱いの差w
試合の組み方から勝敗の基準から、徹頭徹尾理不尽。




ロメロさん。
酢豚のパイナップルのように「納得いかないもの」について語る漫才。
ただしなぜか例え話が全て女になる。
例え話のズレがシュール。




わたなべるんるんさん。
工場の面接に来た女子高生の1人コント。
しかし動機がぶっ飛んでいる。
ホラーに行かず、正気の範囲内のムカつく感じがナイス。
最後の一言の妄想力がじわじわくる。




きらめく明日さん。
前にプレップスで見た時はホラーなコントだったが、今回は家電ロボの漫才。
ルンバが賢くなればああなるのか?
いや、今ならベイマックスかw



恩讐の彼方にさん。
丸腰でネゴシエーションをする刑事。
いやいや…w
当然焦る。
そこがいい。



いのせさん。
近代史の授業、と称して近代ゴシップ史。
フリップネタらしい感じ。
しかし目の前の架空の生徒に話しかけてるあたり、若干1人コント寄り。


ここで一休み、企画タイム。
本気で動物の演技をする芸人さんたち。
そして後半へ。



ザ・うすくら~ずさん。
双子コンビらしい。
見分けつくギリギリぐらいのソックリ感。
アレだ、マラソンの双子選手に似ているw
ファンレターに関する漫才。
しかしまあよく似てるなあw



ふくだともみさん。
バレンタインにぼっちはどうしていたのか、というフリップネタ。
中野はやっぱりヲタの街、ヲタに優しいネタが多いw
とはいうものの、リア充ごっこってw
それはちょっと怖いw



ウェンディーズさん。
今回唯一の男女コンビ。
男女コンビとしては結構珍しいんじゃないだろうか、リアルカップル。
夫婦のコンビ、色恋無縁のコンビは知ってるけど、カップルを公言するのは初めて見たわ。
デートプランを練っているところなのだが、どうもヤンキーぽい!と彼女が言い出す漫才。
確かに彼氏の発案はそれっぽいw




ネトリーズさん。
トリオでコント(本体3人)
転校生が来た、と沸き立つクラス。
転校生、生徒、先生の3人で展開するコント。
しかし、ただの生徒と思われた彼は…
今日転校していく生徒だったw
結果唐突に始まる転校生を送るイベント。
当然転校してきた生徒、グッダグダ。



スコッチさん。
トリオ漫才(本体は1人)
何このトリオ連続w
椎名林檎とaikoのバージョン。
二人とも辛辣でスコッチさんボコボコ。
(注:書いているのはスコッチさん
aikoって意外にぶっ飛んだ歌詞多いんだなあ、と。
等身大可愛い女子、みたいな設定の歌手なはずなのに。
そして椎名林檎に「怖いです」と突っ込むスコッチさんがまともすぎてツボ。



アジャランさん。
金持ちのドラ息子が詩人を目指すと父親に宣言するコント。
…ポエムのダサさが絶妙。
ああいるいる、渋谷の路上とかにこういうポエム売ってる男の子。
ヒッピー崩れみたいな感じでさ。
ああいう子はインド楽器を演奏するか詩を売るかしかできないんだから、温かく見守ってあげなくてはw



エンジンコータローさん。
あなたの知らない世界、というネタ。
うん、確かに知りたくない(汗
これは説明しちゃダメなジャンルな気がする。



サンダーボーイさん。
あっち向いてホイ。
ゲシュタルト崩壊するぐらいにアッチむいてホイ。



チャールズ渡辺さん。
フリップネタで「もしも○○が××だったら」的な。
結構バラエティに富む感じで。
口調が淡々としてポーカーフェイスなので、フリップの内容に集中しやすくて入りやすい。




きしたかのさん。
メジャーリーグに行った選手に日米の野球の違いを聞くインタビューをしている場面のコント。
「ボケ」に相当するのがインタビューに答える側なので、まあカオスw
結局どこが違うのかわからないまま、野球少年に謎のアドバイスを残して終わり。
妙に自信満々な表情でわけのわからない答えをするわけだが、あれがきっと「ドヤ顔」なんだわ。
実に上手い。




ばんど~らさん。
100人目のクレーマー。
なんかネタとしてタイムリー。
店員のいう「クレーマーの有難さ」が正論なだけに、ドンドンパフパフ祝う感じの違和感がすごい。
そのテンションのギャップがシュール。
しかし100人目のクレーマーって…よく数えたなw
クレームなのかイチャモンなのか、で店員のテンションが激変するのがまた。
イチャモンの客のほうが怖い人多いだろうに大丈夫か?w





結構組数が多いライブで、企画も長すぎず大満足。
靴を脱ぐのは結構衝撃だったけどもw
いやあキティーちゃん靴下履いてる日じゃなくてよかった!w
twlに行くときは靴下に気を付けて。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/589-5e0f55e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャンペーンその1@たいむカプセル «  | BLOG TOP |  » キャンペーン第2弾@近藤商店

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック