FC2ブログ

2019-09

ナイトキャップ萌え@関東ゲラゲラSILVER

タイトルが意味不明?
大丈夫、ニダンギアさんのネタだからw




今回の黒服さんはなんといってもリリカチュアの小林さん。
企画タイムでおいしかったのよw
あの声は本当武器になるな~。

そしてMCは世界少年さん。
吉田さんがスネて鯨井さんに絡むのが恐ろしい事に可愛い。
鯨井さんが慣れた感じであしらうのが萌え。
普段から吉田さんの方が年上なのに「鯨井さん」なのがイイ。

さて、ネタの感想を。



まずは今回唯一の23期、脇屋敷さん。
ホラー系一人コントで、今回は怖い部分が本当にラストのラストのみ。
泣くシーンの長さ調整が難しいネタだよなあ、と見ていて思う。
脇屋敷さん初見の人にとってはとにかく泣くシーンのわかりやすい「見た目の笑い」は大事だろう。
お笑い経験値自体低い人なら余計に。
しかし、リピーターはもう「見た目の笑い」だけじゃ笑っても票は入れなくなっていく。
だからシナリオの笑いも必要。
そして怖さと笑いの比重の調整も難しいだろうし…
今回は披露宴の新郎新婦共通の友人によるスピーチ、というシチュエーション。
よくあるトラブル、「新郎を好きな女の子がスピーチに当たっちゃった」、というもの。
しかしただの横恋慕で終わらない。
久々に「デブキャラ」からの食いしん坊設定、モテない設定を押し出してきていた。
ピン芸人化してから「食いしん坊」を出したのは今回が初じゃない?
要素を沢山持っている脇屋敷さんだから、どれを出すかの組み合わせも多いわけで。
次も楽しみ。





個人的にものすごく好きなネタなのだが、トチギフさんが降格してしまった。
あの肝試しのコント、大好きなんだけどなあ。
出世魚で見た時より流れがストレートになり、オチにつながる伏線がより濃くなり、かなりブラッシュアップされていたのに。
怖すぎるのか?w
いや、あれぐらい怖くても…
コントっていうより一つの芝居として大好きなのになあ。
アレは荒井さんと長屋さんのキャラクターじゃないとできないネタだもの。
伏線を濃くした事で「なんで気づかないの~」と荒井さんに心の中でツッコミを入れつつ見るのがいい。
ラストのセリフの怖さも長屋さんじゃないと出せない怖さ。
でも来月BRONZEって事は来月はゲラゲラシリーズでトチギフさんを3回見られるって事だと信じてるわ。




ニダンギアさん、今回はちゃんとフルバージョンの「マッサージ師になろう」。
前回は「ネタを飛ばした」からねw
小林さんが中込さん専属のマッサージ師になると言い出すものの、話は誰が聞いてもBLな方向へぶっ飛んでいく。
別に朽葉姐さんじゃなくてもあれはBLだと感じると思うわw
お揃いのパジャマとか言い出すし。
中込さんサイズのパジャマだと小林さんは萌え袖になるわね。
…いいぞ、それは見たい!w
色違いのチェックのパジャマとかいいよね~。
白いバイピングと大き目のボタンもついてるの。
中込さんは青系、小林さんは黄緑系がいいなあ。
ああなんて妄想が捗るんだろう。
あ、小林さんは白いボンボン付きの同じ柄のナイトキャップもお願いしますw
スリッパやコップ、歯ブラシもそれぞれの色で揃えよう。
「一緒に住もう」なんて漫才やってるぐらいだもの。
もうこれは公式設定よ!w




キャメルトロフィーさんは「猫の恩返し」
…なんかどこかにありそうなタイトルだな。
あまりに不遇な花形さんw
花形さんが猫ね。
猫にあんな仕打ちしちゃいけません。
うん、意味不明だよね。
だってキャメルトロフィーさんだもんw
「謎の猫」のコントがあるぐらいだもんw
本来のネタの筋書きは「この前猫を助けたから、猫が人間になって恩返ししに来た時のシミュレーションをしよう」というものなんだけど。
それもそれで「???」でしょ?
途中で鶴の恩返しが混ざってきたり、なかなかいろいろ織り込まれた漫才だった。





ラバボーズさんは小野島さんが横田さんを質問攻めにする漫才。
小野島さんの駄々っ子感がたまらないw
推定5歳児な勢いで横田さんを質問攻め。
横田パパ頑張るも、最終的にキレる。
まあね、だろうねw
「広島帰ってお好み焼き食べてお母さんと散歩した」というだけの話が全く進まないまま漫才が終わる。
のは漫才だから良いとして、横田さんの口から「お母さん」という単語が出たことにビックリ。
今はもう「お袋」は死語なのだろうか?
ROCK!と叫ぶ人に「お母さん」発言はなんか違和感があるんだよなあ。
小野島さんなら「ママ」でもOKなのにw
繰り返される「どのぐらい?」があまりにリアルお子ちゃまで、ついに漫才でも小野島さんが怖いキャラになりだしたかとwktk。




シトラス菅野さんは「相方出会い系詐欺」なるフリップ型一人コント。
ピン芸人だって漫才してみたいんだ~だから詐欺に引っ掛かっちゃった!という設定。
単語の言い換えの面白さは毎回すごいよなあ。
美人局も援助交際もちゃんと言い換えてあるからねw
迷惑メールもちゃんとお笑いバージョンに作り替えてあるしw
ただなあ…お笑いメタな部分は私にはまだわからないところだから。
前半ちょっと「?」となったわ。
お笑いマニアを自認する人にはたまらないネタなんだろうなあ、と思うけど。
ただ声を震わせて大芝居をするシトラス菅野さんが見た目だけでも面白いから良し。




トムソーヤさんは「ジーンズ大好き」の漫才。
自立するジーンズw
なんかこれだけ聞くとレディースのブランドのキャッチコピーにありそうなんだが。
「脱カワイイ!カッコイイを目指すガールの自立するジーンズ」みたいな。
オチが毎回木村さんの決めポーズ&決め顔での「ジーンズモデル○○○(○は数字)」。
次はどう来るか分かってても笑ってしまう。
新しい衣装がことあるごとにいじられている木村さん。
確かにちょい悪オヤジテイストではあるんだけども。
私はいいと思うけどなあ。




透明人間さんは未解決事件の証言に来た男と、刑事。
証言をしに来た男、いろいろ問題ありまくり。
刑事はその「問題」に言及するか、事件の解決を優先するか、迷う。
しかしまあ最終的には…ねえ?
よくある2chネタの「おまわりさん、こっちです」をリアルに行くネタ。
この証言者もそうだし、他のネタでも基本的に大橋さんはアブナイ人の役。
おまわりさん、こっちです。



さんびーちさんは脱走ラコステのコント。
も~説明不能なんだからしょうがないw
ラコステって企業名出して良いのだろうかw
あのポロシャツのラコステ。
全身緑で現れるひょうごさんはワニなんだと、山田さんのセリフでわかる。
近所のラコステとの交流もあるらしいw
私は持ってないなあ、ラコステ。
父親は持ってるはずだが、あのラコステにも友達はいるのだろうかw
と見ているとラコステがゲシュタルト崩壊を起こすコント。
ただしラストの怖さは絶品。




サークルレベルさんは「彼女紹介します」の漫才。
ピアノが趣味って可愛いのだろうか…
朽葉姐さんだってピアノぐらい弾けるわよ?w
碇さんの「女の子ドリーム」がビシバシ伝わるこの漫才。
そんなモテない人じゃないでしょw
芸人さんはどうもモテないキャラになりたがるんだなあ。
時々外の箱のライブのトークでぽろっと彼女がどうの~って話になるとついニヤリとしてしまう。
本当はモテてるのに普段は猫かぶっちゃって~、と。
AKBじゃあるまいし、本当のモテっぷりを語ってもいいのよ?w




モンツキはかまさん。
ヤンキーの再現能力がハンパない。
元は本物か?w
金髪だから似合うだけか?w
二つ名のセンスといい、特攻服の妙なリアリティといい。
なぜか歌うしw
モノマネするしw
カオス感の強いコント。
何がどうと説明ができないのが彼らの持ち味。





ルネサンスさん。
昇格おめでとう!
長淵大好きな岡田さん。
毎回どのネタでも出てくるので今日もつい期待。
やっぱり出てきたw
今回のテーマは「映画のランキング」
一位をあてろ、というものなのだが…
セルフ一位を語る岡田さん。
ほお、長淵は映画を作っていたらしいw
真面目に答え始めてもややズレてるのだが、同世代を感じるチョイスに共感してしまった。
昇格おめでとう!



一般枠は「青山スターバッカーズ」さん。
ラスト、時間オーバーの暗転の中で一言。
しかしそれがまたなんともコントの内容に合った演出みたいになっててね。
むしろよかったんじゃあw
コントの内容は「クラスのがり勉くんをパシろうとするヤンキー」。
しかしそのがり勉くん、あまりにも先回りの出来る賢いパシリで…
最後はホラーテイストなオチのセリフ。
ホラーテイストだから暗転で恐怖UP。
いや~賢い奴は敵に回すもんじゃない。
いい教訓になったねw








そして今回、衝撃の事実。
非常に長い記事で申し訳ないんだが、なんと気づいたら全組載せてたよ…
そりゃ長くもなるよ…
次からはもうちょい簡潔にしよう。



企画タイム。
目隠しモノボケ、という企画。
ボケが目隠しをして、ツッコミに手渡されたモノでモノボケをする、というもの。
渡されたモノが分かってる人、分かってない人。
相方がわかりそうな物を渡す人、わざと難しいものを渡す人。
各コンビのキャラクターや関係性が垣間見える企画だった。
キャメルトロフィーさんはちゃんと触っただけでわかるモノのチョイス、それに応えるモノボケ。
ラバボーズさんは小野島さんが舞台から落っこちるというハプニングがあり、横田さんが一瞬素に戻りかける。
トチギフさんは荒井さんが暴れなくなりそれをネタにする長屋さん。
透明人間さんはふわっと自由に、でもちゃんとモノボケはこなしていく。

しかしだな。
目隠し4人含む10人とモノを置いた長机。
ステージ狭すぎ大混乱。
MCの世界少年さんも居場所がないw

そしてモノを運んできた時のリリカチュアの小林さんが美味しかった。
長机にいろいろゴチャっとモノが置いてあり、上から布で隠してあるのだが、両端がこんもりと。
そのシルエットを見て「死体だ」と騒ぎ出す芸人さん。
小林さんをよくわかっていらっしゃるw
「大丈夫なヤツです」とボソっと答えて去っていく小林さんがツボ過ぎた。






出待ちにて。
最近ラバボーズの横田さんが妖怪ウォッチにハマっているらしく。
鞄に小さなぬいぐるみがついていた。
声も体も大きい強面系イケメンの鞄にぬいぐるみ…
萌えポイントにクリティカルヒット。
私が二次元なら鼻血ドバーだな!
もうすぐ誕生日だそうなので、その日には100体を超える妖怪がファンから横田さんに送られることだろうw
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/541-d7968bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

松竹23期で脳トレクイズ@ポッキーの日 «  | BLOG TOP |  » 上方デビュー@笑福亭里光〜不惑〜

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック