FC2ブログ

2019-09

自由なMC@関東ゲラゲラGOLD

今回もまたムートン伊藤さんの自由さの際立つ関東ゲラゲラGOLD。
あの自由さが笑いになるのはピラミッドの頂点、GOLDだからだよなあ。
あえてスクール生ライブのMCとかをムートン伊藤さんにやってもらって、どうキャラが変わるか見てみたいw
ちゃんと相手に合わせていける人だから、GOLDとは違う自由さを満喫させてくれることだろう。
まあスクール生ライブは割と芸歴浅めの人をMCに選んでいるようだ。
一応ピアになる芸人さんの方が彼らのためになる、って判断なのかな。



さて、ネタの感想を。



世界少年さん、優勝おめでとう!
さあこのまま3連続優勝して、単独終わったら次の単独状態に突入しちゃおう!
ネタは私的には初見のゴキブリについての漫才。
今回はトリビアが嘘じゃないw
話のねじれ方が吉田さんらしさ全開。
鯨井さんは振り回される。
今回のネタの面白さは同じフレーズも解釈は一つじゃない、というところ。
「人の嫌がることをします」が奉仕とイジメ、2通りに読み替えられるコピペが昔あったけども、それに近い面白さがある。
(あのコピペ、内容は某国へのヘイトコピペで胸糞だが、発想力は素晴らしかった。
しかしだな、観客はゴキブリに詳しくなってどうしたらいいんだw
吉田さんのトリビア紹介は、鯨井さんのツッコミ込みで本当に上手い。
漫才形式で教育系動画とか作ればいいのに。
鯨井さん教員免許もちらしいし、YouTubeあたりでやったら大ウケしそうだけどなあ。




セバスチャンさんは構造が複雑な漫才で、話がつながった瞬間が気持ちいい。
でもどうしてそうなったw
「やりたい仕事は?」的なすごく普通な切り口から漫才が始まるのに、着地点がすごい。
なぜ相撲取りにこだわるw
なんだろう、風が吹けば桶屋が儲かる的な論理展開が調理論で展開していくんだよね。
でもいつも同じところに着地しちゃって、やり直してもやり直しても…w
セバスチャンさんは比較的芸歴も長めらしいので、そういう底力あっての複雑な構造なんだろうな。
頭の中にホワイトボードを用意して書きながら見ているような感覚が新しい漫才。
私的には今回のネタも大好きなんだけど、今回は優勝はならず。




アゲインさんはたいむカプセルの時のバージョンで「アニメを紹介したい」の漫才。
いろいろアニメを紹介するも、タイトルがおかしい、というネタなのだが。
途中で「クマのプーさん」とか言い出すわけよ。
え~と、けーたさんは20代の大人です。
これはネタだけど、リアルだったらすごいぞw
ココアを持って、ソファーに体育座りして、パジャマ姿でクマのプーさんを見てるけーたさん。
お前ネタ書けよ、と怒りつつもひざ掛けを持ってきてあげるのりちゃんさん。
可愛い!
萌え!
妄想が捗りますw
(BL許可とってないので書けるのはここまでw




じなんぼ~いずさんは「宇宙飛行士」になる、というところからいろいろ飛んでいく漫才。
店崎さんが自由にしている時間がいつもより長いネタw
踊ってるし。
これはこれで良いw
最後の鴫原さんの決め台詞もアレンジ入ってたしね。
でも最近店崎さんバラ投げてないなあw
(アレ大好きなのに




シトラス菅野さん。
SILVERのネタのロングバージョン。
二枚ほどフリップが消え、場面設定をより詳細に説明する形に変更。
ショッカーにGUN保険が必須になるに到る過程が明かされたw
やっぱり元は第一線の戦闘員だったがケガで退役したらしいぞ。
なんとドラマティックw
ショッカーイラストが妙に可愛いのがまたCMっぽい。



三日月マンハッタンさんは謎のゲーム。
複雑すぎて私もここにルール再現できないw
なんだアレw
オチは思わず共感しちゃったけど、アレが成立するならゲーム要らないw




座敷ボウラーさんは猫ふんじゃったに続くアンサーソングシリーズ。
今回は森のくまさん。
相変わらず良い声だw
このネタ、漫才と呼んでいいのかは正直わからないけれど、面白いからそこはもう追求しないw
金井さんは基本的には歌詞にツッコミを入れず、正しい歌詞を歌って和田さんとの比較対象になってるだけなんだよね。
もちろん歌に入る前、歌の後に漫才らしい会話も多少はあるんだけども。
そういう意味ですごくイレギュラーなネタだと思う。
歌ネタというジャンルもあるらしいけど、コレはソレとは違うのか???





企画タイム。
ダジャレ企画なのだが、じなんぼ~いずの鴫原さんの自爆ぶりがなかなか。
かぶらないようなダジャレを考えろ、という物なのだが、鴫原さんいろいろ盛り込んじゃうんだよね。
ポイントが1つより3つの方がかぶるリスク上がるのに、なんで2つも3つも入れてくるのw
サービス精神や「言葉」というものへのこだわりがあるのはわかるんだけどね。
攻撃ポイント多けりゃそりゃやられやすくもなりますw

アゲインさんは企画になっても漫才をやっている状態がデフォ。
素のまま漫才をやっているんじゃないかと錯覚しそうになるレベルでキャラが変わらない。
ていうかのりちゃんさんがあまりに忙しそうw

ここでもムートン伊藤さんの自由さが真価を発揮していて、勝敗の判断が限りなくフリーダム。
このゲラゲラの企画タイム、勝ってもご褒美なし、負けても罰ゲームなしなんで、観客が笑うなら何でもアリ、な部分は正直あって。
実際笑えたからそれで帳消し。
だって過去には黒服さんやってた空の耳の福島さんの優勝回だってあるぐらいなんだからw
今回なんて可愛いもんだw




そして出待ちへ。
のりちゃんさんと共通点が多すぎてもうw
芸人さんとお話ししてる事を忘れて友達と話してる感覚になりそうなレベル。
一緒に出待ちしてくれてたJKちゃんは話がわかってただろうか…(汗
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/527-c96c4fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

後輩モードと先輩モード@3と3ライブ «  | BLOG TOP |  » エロい後遺症@下北プレップス

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック