FC2ブログ

2019-07

組み合わせの妙@キカクモン!!

3組だけのライブ、ネタでなく企画がメインのライブ。
かなりレアなモノを松竹が作ってきた。

このライブ、3組の芸風がバラッバラなのがいいのね。
企画で何をやりたいか、っていうのはレベルや経験値より個性で決まる。
企画の内容がバラエティに富んでいたのは、3組の個性が違うから。


まずコンビごとのパワーバランスも全組違う。
ラバボーズさんの場合はほぼ横田さん主導。
トムソーヤさんの場合は木村さん主導に見せかけて石塚さんノリノリ。
ガール座さんは百瀬さん主導。




まずガール座さんの企画。
討論なのだが、テーマ設定が上手い。
1鍋のシメ
2男女の友情
3百瀬さんと小野さんどっちがイイ?
始めに軽い趣味嗜好をぶつけあい、次に正統派に意見の分かれるテーマ、最後にガール座さんのキャラを強調。
顔見世として絶妙。

鍋のシメ論争、小野島さんはモテるなと確信w
小野島さんは雑炊派だったのだが、「(スープが洋風系でも)チーズ入れとけばいいんです、リゾットって言えば大丈夫なんです」、上手い!
女子がいたら鍋のシメはチーズリゾット(と呼ばれる雑炊)が面倒がなくていいのよね。
卵入りの雑炊だと鍋奉行が食べるタイミングをゴチャゴチャ言いがちだし。
オシャレ系の名前の方が女子受けはいいものだし。
(朽葉姐さんもそうですが何か。まだ女子捨ててないわw
リゾットって本当は米を透明になるまで炒めて作るから、たとえスープがトマトでもチーズ入りでも鍋のアレはリゾットでなく雑炊なのだが。
でもそこで雑炊と呼ばずにリゾットと呼ぶ、コレがモテる秘訣w



2つめのの男女の友情論争。
なんでか今回は横田さんの発言の非モテ感がハンパない。
あの顔と身長と頭の回転と方言男子、モテてるのは間違いないのにどうしてこうなったw

男女の友情ねえ…
まぁ「袋かぶせれば抱ける」系男子は女子と友情は育めないっつ~のはおいといてw
基本的に「そういう関係」を想起させる行為をしなけりゃなんとか友情でおさまるつ~か友情で収めたい意思は伝わるものだけどね。
たとえばいくら「友達」でも異性と2人でカラオケ(≒密室)は無しだとかさ。
私は二人だと呑みも避けるもの。
こういう線引きを女側がきちんとしてれば、「友情より抱きたい」派は向こうから去っていくんだし、去らなくても何事も起こせないんだし。
けど声高に「男女の友情は、ありまぁす!私はもう200人ぐらい異性の友達ができました!」(ネタ古い)てタイプの女は実際は友情で終わらずヤってるからねw
だから成立しない派がたくさんいるんだよねw
実際成立してるのは、グループの中の一員同士から踏み込まないケースと、お互いが異性としての自覚合って物理的な距離を保ちつつの友達関係の場合だけじゃない?

芸人さんはアグレッシブが基本だし、そういう人が成立しない派になりがちなのはとっても納得。
でもそれにしてもなぜか今回は横田さんに漂う非モテ感。
「成立すると思うんだけど成立したことがない」、そんな距離感とれない人じゃないでしょうに…
まさかの天然女たらし系か?w
それで女側に勘違いされて付きまとわれて逃げるしかないタイプか。
でもなぁ…ギャルゲの主人公タイプとは真逆の横田さんなのだが。
あれで天然女たらしだったらむちゃくちゃ面白いぞ。
方言男子マニアも多いから、やっぱりそっちの線かな。



3つめのガール座と付き合うならどっち?はなんだかもうカオス。
小野さんは典型的な「俺だけが彼女の美貌に気付いている」と男が思い込むタイプの美形だし。
百瀬さんはこれまた典型的に嫁属性にお母さん要素全部乗せだし。
朽葉姐さんは両方愛でたいw
この企画、ラバボーズさんとトムソーヤさんと小野さんは自由に選べるが、MCの柳原さんは劣勢なほうに加勢しなくてはならない。
その結果、柳原さんの大暴走が一番楽しかったのがこのテーマ。







トムソーヤさんのエロ企画w
「直球エロじゃないのになんかエロイ」画像を集めてモニターに映す企画。
木村さんの言葉責めがw
石塚さんの写真がきっちりオチを構成しているあたり、コンビの息の合い方がいい。
百瀬さん持参の画像がヤバ過ぎたのは、むしろ清純過ぎて妄想力が無いんだな。
私ならスポーツニュースの「ナントカ選手が攻めた」で充分エロを感じるものw
腐女子には標準装備だよねw

ラバボーズのお二人は普段の個性をしっかり反映した画像のチョイスでさすが。
妄想力の小野島さんに、アートっぽく仕上げてカッコつけは忘れない横田さん。
やっと本来の横田さんが戻ってきたw
ガール座さん企画の時の非モテ発言はなんだったんだw

女子を含めた、たった7人でエロネタ、ってどうなることか心配だったのだが。
松竹の芸人さんはさすがにみんなクレバーでね。
ちゃんとラインは踏み越えない仕上がり。
木村さんの言葉責めも、即ツッコミが入って怒られてるからこそ笑えるんだよね。
テレビと違い、劇場に来るのは女が多い。
この日も9割女だった。
だからこそ、テレビとは違うエロのボーダーを察知しないといけないのよ。
柳原さんもトムソーヤのお二人も、そこをきちんと判断できていたからこの企画は成立した。
それができるのが松竹のいいところだと思うよ。





ラバボーズさんの企画は横田さんのドリームを叶える企画。
声優をやってみたい、というのはもはや企画なのかどうかw
MCの柳原さんが本当に声優できちゃう人だったので、なんとか企画の形におさまってたけども。

柳原さんとラボボーズさんの3人でラピュタの「三分間だけ~バルス~目が目がぁ」を。
(この説明もどうかと思うが、わかりやすいでしょ?
横田さん、ムスカを見事引き当てる。
似合うよね。
つ~か女の子役をちゃんとできちゃう柳原さんがすごすぎる。
そして小野島さんがテンパるw
企画としては充分な時間かけてるんだけど、シーン的にムスカのセリフはあんまり多くないのね。
横田さんにムス化のセリフをもっと言わせたいわ~。
「見ろ、人がゴミのようだ!」
似合う、絶対似合う。
ムスカのコスプレも似合うでしょ、長身だし。
小野島さんは本当に怖い悪役系サイコパス系演じさせたらすごいと思うんだけどなあ。
金田一少年の高遠のイメージなのよ、私の中で。
妄想をかきたてられるいい配役だったわ。

2本目はガール座さんとトムソーヤさんを加えて7人でワンピースの魚人の何かを
(ワンピは私はよく知らないんだから仕方ないw
素直にガール座さんのどっちかにナミやらせとけばいいものを、カオスw
柳原さんの本気の声優としての技術と采配の上手さの印象は強く残った。
ラストに横田さんがトンデモなくエロい言い間違いをしてくれて、それまた爆笑。
普段そういう人じゃないからこその破壊力。
出待ちでからかったら再現してくれたぞ、ノリノリだな。

他コンビ企画とのバランスの都合上、できれば7人でやるシナリオの方を長めにしてほしかったが、まぁラピュタはなあ…
ラピュタじゃ仕方ないw



今回は3組の組み合わせが非常に相性が良かったね。
いくら実力があれどもガール座さんは23期。
まだまだ共演歴数回の芸人さんもいるだろう。
そんな中プレップスで相当一緒になっているラバボーズさんがいたことで、上手くいじりいじられが成立していたと思う。
ゲラゲラシリーズや出世魚とは出演組数が違うのだから、こういう組み合わせの配慮は重要。

次は12月らしい。
ちょっと先だけどメンバーがまた豪華だったぞ。
妄想乙女ゲーに出しちゃったあのコンビがくる!
楽しみ!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/520-6bea0052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛の形?@下北プレップス «  | BLOG TOP |  » 餌を与えないで下さい@たいむカプセル

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック