FC2ブログ

2019-07

祭りだ!祝杯だ!@関東ゲラゲラBRONZE

今日は朽葉姐さん大満足の一日。
まず黒服さんがマツオカさんと空の耳の福島さんと世界少年の吉田さんとガール座の百瀬さん。
美味しすぎる!

今日は結構満員御礼だったため、客席係のマツオカさんが空いてる席までエスコートしてくれた。
ああ姫気分!
執事に傅かれるお嬢様!
おまけにアンケート回収にまで来てくれるし。
焦った顔、困った顔は普段の3割増しで可愛いマツオカさん。
日々朽葉姐さんの変態度は増すばかり。

福島さんはステージ係で、企画タイムの小道具を運んでくる係。
MCのパワフルコンビーフさんに以前のGOLDの件をいじられるw
あれはムートン伊藤さんのファインプレーだったわ。

吉田さんはいつも通りにしか見えないw
衣装のネクタイほどいただけだもの。
でもね、ネクタイほどく仕草を妄想すれば…なんと美味しい。
「あ、今日はライブの手伝いだったっけ。間違えた」なんて台詞つきで、ちょっと照れた表情なら最高。
私が変態?何を今さらw

百瀬さんはビルの入り口で呼び込み係。
ネタの時のある程度作った声とはまた違う、聞きやすい良い声してるのよ。
普段からちゃんと発声できるってすごいなあ。



やっとネタの感想に行くと見せかけて愛を叫ぶ。


今日は23期が三組も昇格!!!!!
おめでとう!
もう我が事のように嬉しいわ。
祭よ!



さて、やっとネタの感想へ。
まずは23期から。


サンケタミケタさん。
昇格おめでとう!
祭主さんのギャグにいろいろ口を出す秋山さん。
祭主が「じゃあお前がやってみろ」とキレると…
前回の漫才と同じく、完全に振り回される祭主さんがツボ。
しかし今日の祭主さんの衣装はパッキンセーブ時代のもの。
元カノと選んだ服で新彼の隣に立つなんて…なんて罪作り!
秋山さん、鈍感な彼で大変ねw
(誤解を招きまくる表現
秋山さんの自由さはどんなネタでも変わらず。



リリカチュアさん、太陽エネルギーさんは昨日のプレップスと同じネタ。
当たり前だけども。


リリカチュアさんは新聞勧誘のネタで、ほぼ変更点なし。
小林さんの暴走し、松山さんが突っ込むも暴走は全く止まらない。
しかし途中で挟まれる古いネタ。
貴方たちまだ産まれてないでしょw
まだ23才だってさ。
若いよねぇ…




太陽エネルギーさん。
十回クイズの漫才。
昨日に比べ流れがストレートに変わっていた。
昨日はまあ作りたてホヤホヤだったらしいからw
しかもネタの台本はデジタル化されているらしい。
さすが若者。
今回のネタは上村さんが遠藤さんをスルーする部分があり、それがなんとも親子感があってねw
上村さん、保護者が板についてきて、板の上でも保護者になっちゃったのねw
(上手いこと言えてない



以上三組は昇格組。
おめでとう!





バンビさんは新ネタかな?
犬が死んで落ち込む子供と、そのパパのコント。
受身のコントと見た目がほぼ同じなんだが…
パパ、もうちょっとデリカシーをw
最後のオチで印象がガラッと変わるので、最後に注目。
暗転の使い方がいい感じ。




ロックンロールパーティーさんは元ピン芸人同士のコンビ。
ピン芸人時代はどちらも見たけど、コンビでは初めて見たわ。
森林子さんと、森脇少年さん。
森脇少年さんはどう見ても中学生男子だが、まさかの成人。
男装なのでね、実年齢よりかなり幼く見える。
自宅が同期のサロンになっている話が卒業ライブで衝撃的だったわ…
森林子さんはシュールさが持ち味の人で、コンビになるとどうなるのか想像もつかなかった。
結果。
見事にそのままw
水と油もいいとこなのだが、シェイクするとボール状になった油が綺麗よね、って感じのコンビ。
森林子さんが森脇少年さんを振り回すコントはなかなかパワフル。
反抗期の男子って、コントのツッコミ的ポジションには置きやすいのかもしれない。
あんなチラシ配り怖過ぎるがw




川端のん子さんは女スパイがつかまってしまい、買収されるネタ。
スパイなのに女子だw
そのギャップがイイ。
オチは小説なら反則だが、1人コントとしてはいい脱力感。




ブルックリンさんはトリオなので、独特のコント。
座敷童が老けて座敷婆になってしまい…
神通力にも異変が。
父親と少年の反応が対座敷童と違い過ぎる不憫さw
これは座敷婆っていう発想の勝利だな。
あと父親と少年の態度の違いが面白さを産んでいるから、トリオであることをきちんと活用したコントだと思う。



ここから23期以外。

ゼブラインさんは将来の夢をモチーフに言い間違い漫才。
松井さんw
深海魚ライブで「本当はしゃべれるんですよー」なんてネタにしてたが、本当漫才だとあのしゃべり方しかしないんだな。
よく吃音者の役を演じた役者が素でもどもってしまうって話を聞くが、松井さんはステージ降りたら全然大丈夫なのもすごい。
なんであんな奇怪なキャラクターになってしまったのか…w
次の深海魚ライブではぜひあのキャラの制作秘話を希望。
初めて出待ちでお話させてもらったが、やっぱりあのしゃべり方の影響を全く受けていない。
とんでもない芸達者だな。



トムソーヤさんは資格をとろうの漫才。
相変わらず不思議ちゃん。
架空の資格が次々と。
二分バージョンだからなー、ちょっと短いな、とは思うけれど。
先に三分バージョンを見ちゃって、それが最高だったからねぇ。



たぬきごはんさんはスムージーの漫才、と言うべきか、宍倉さんがふざけないよう我慢する漫才と言うか。
なんと、今回初めて説教パートがないネタに遭遇したw
実はこのコンビ、結構な年の差コンビで宍倉さんの方が年上なのだが。
宍倉さんの見た目が若いせいもあり、全く違和感無し。




ニダンギアさんは「お前の栄養士になる」という漫才。
やっと現実逃避以外のネタに遭遇したぞw
小林さんが脱クズキャラ。
いやー巡り合わせってすごいよねw
三連続で現実逃避漫才に当たってたんだもの。
栄養士、栄養はともかく味も追求してあげてw
健康な成人にそれはかわいそうよ。




RICAちゃんさん、また濃いキャラクターで登場。
元ネタがあるかどうか私にはわからなかったけど、それでも笑える破壊力。
テーマはアレよ、終わりそうで終わらないけど終わらざるを得ない別れの言葉。
主役級が退場する時の不自然に長い別れの言葉、あんな感じ。




コーヒールンバさんは宝くじが当たったかどうかでヤキモキするカップルのコント。
冒頭で彼女は別れたがってるのだが、宝くじ当選疑惑発生の瞬間、別れ話は飛ぶ。
いいのかそれでw
その女と付き合い付き合い続けて大丈夫?
羽振りがよくなった様子の描写が切ないまでのリアリティ。
ああフリーターには良くわかるわ、その基準w




モンツキはかまさんは役者志望の若者とダンス講師のコント。
なんでダンス講師って濃いキャラにされがちなのかしら。
ヅカでも昔からオカマな男性ダンス講師って鉄板ネタなのよね。





企画タイム。
モノボケの亜種。
お題となるモノで、モノボケするなら何をする?的な調査をあらかじめやっておく。
出演者はそのランキング上位のモノボケを当てる。

たぬきごはんのほりさん、本気になったら靴脱いだ!w
ちょ、レディーが何をやってるの!
モンツキはかまのお二人はかなり積極的。
お題はバット、たらい、ペットボトル。
芸人さんにとって、素人レベルのベタを狙うのは結構大変かもね。





さて、今週はなぜかライブ目白押し。
楽しみだけど、ボツネタ発生しないように頑張るw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/517-573ba586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

男子校のノリ@じなんぼ〜いずトークライブ «  | BLOG TOP |  » BRONZE前夜祭と吉田悟生誕祭@下北プレップス

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック