FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子はレアカード@関東ゲラゲラSILVER

さて、毎度恒例黒服ウォッチングから始まる角座の月曜日。
今日はゲラゲラSILVER、真ん中ランクのゲラゲラライブ。

今日の黒服さんはマツオカさんとリリカチュア小林さんの「無自覚イケメン」コンビと、世界少年鯨井さんと秋山ペイソンさんの「自覚たっぷり可愛い系」コンビ。
秋山ペイソンさんのナチュラル程度の茶髪がネタ内のキャラからすると衝撃的。
いや、パッチリお目目だから似合うんだけどもね。

そしてマツオカさんよ。
毎度叫んでるけど、なんて可愛いの!
頭から靴までガン見。
今回はステージ係だったので、帰り際に至近距離で観察できず残念。



さて、ネタの感想を。
本日取り上げるメイン芸人さんはガール座さんとシトラス菅野さん。
(リンクはくちぺでぃあオンリーなので安心してね)


まずガール座さん。
プレップスで見た漫才を、流れがストレートになるように改変した感じの漫才。
憧れの出会いのシチュエーションについて暴走する小野さん、呆れつつ聞く百瀬さん。
プレップスの時と違ってちゃんと衣装を着ているので、より漫才らしく見える。
確かに角座には私みたいな層は少なく、コアなお笑いファンが多いのだろうけど、「無知な人にもわかるベタさ」って大事だと思うのよ。
たとえば漫才なら、コンビの衣装に何かしらの統一感を持たせる事。
別に同色スーツに色違いのネクタイ、までガッチリしなくてもいいから。
企画タイムに出てきたとき、初見でも誰と誰がコンビかわかるのも便利でいいしw
特にガール座さんは漫才はあまりやってきていないそうだから。
ご本人たちの気分を盛り上げるためにも、ある程度ベタな事するのは良い事だよね。
ネタの内容も「ガール座ならでは」なのがいいと思う。
プレップスより出演者が多く、にも関わらず女子はたぬきごはんのほりさんと脇屋敷さん、ガール座さんのみ。
女子であること自体がレアな状況では、女子を前面に押し出すのが正解。



さて、次はシトラス菅野さん。
今回は「笑点戦隊」という、笑点メンバーが戦隊物アニメになったら?というフリップネタ。
ただフリップだけでも笑えるネタだけれど、わざわざテレビのADに扮していることが特徴的。
昔々就活の頃、ビジネス本を読んでみたことがあるのだが、そこにあった一節。
「会議は何を言うかではなく誰が言うかだ!」
ま、これは言いすぎだが、「誰が言うか」は確かに大切。
このフリップも「無茶な番組の企画を押し付けられたADの抗議」という形で進んでいる。
ADは立場が弱いので「いやいや無理でしょ?なんでわかんね~んだよぉ」という嘆きが随所に入る。
この嘆きがイイ。
プロデューサーのプレゼン形式じゃなく、ADの嘆きなところがイイ。

そして松竹の紹介ページ見ていて気付いた衝撃の事実。
特技が剣道らしい。
…えりたんと一緒じゃん!w
しかもよく見るとマツオカさんも特技が剣道!
縁があるわ~剣道(自分は竹刀を持ったことすらない人間が何を…




さて、他の印象に残った芸人さん。

たぬきごはんさん。
「消防士はカッコイイ」という漫才。
レアな男女コンビなのだが、ここは完全なかかあ天下w
ツッコミ=説教という強烈な個性。
コンビの片方のみ関西弁、ってのも珍しいけどね。
話が二転三転した結果、最初のところに戻ってくる。
まさかそこに着地するとは思わないから、最後の5秒で評価がググっとあがったわ。
漫才で最後が「もういいよ」じゃなく、最後にもう一波乱あるタイプって好きなのよ。
決め台詞の安定感もいいけど、そこからさらに積み重ねられると後味が格別。



コーヒールンバさん。
動物園の行動展示をモチーフに、経営者の戦略を笑うコント。
経営者が優秀すぎて笑うw
ツッコミの人は「行動展示を学びに来た他の動物園の人」なので、ツッコミとはいえ攻撃的にいけない。
戸惑いつつ、「え、おかしくない?」って感じ。
コントだと芝居要素が強いから、日常ではありえないような強い言い方のツッコミって私は好まない。
今回のコーヒールンバさんのように「え、おかしくない?」とオロオロするツッコミの方が観ていて笑いやすいわ。




ベイビーフロートさん。
「変な客でも接客できる?」という漫才。
にしやんさんが次々と変な客を演じ、山崎さんがうっかりツッコミテイストではたいてしまって怒られる、という展開。
いや~すごいの集めたなw
一人ひとりはいそうなところが怖いんだがw
最後も綺麗に決まってて好印象。
このコンビさんはいつも毒気が少ないので安心感があるのよ。
ブラック系は一つ二つならいいけど、重なると疲れるんだもの。
しかし冒頭の決め台詞、山崎さんは叫んであげないのねw
いつもにしやんさんだけが叫んだあとシレっと漫才が始まるのが妙にツボ。



キャメルトロフィーさん。
「プレゼントでもらったもの」についての漫才。
嶋田さんの趣味がヤヴァイのはおいておいてw
普通に漫才してるだけなのに動きが面白い不思議なコンビさんだ。
最後がダジャレなのも良い肩すかし。
ライブ前にどこか行っちゃう自由人だとラバボーズの横田さんが言っていたが…
天才肌なのね。



三日月マンハッタンさん。
名前が不思議だなあ。
彼らは完全に漫才専門らしい。
今日のネタは「推理クイズ」
又吉さんが仲嶺さんをバカにしたクイズを出すw
沖縄コンビさんなので名前が覚えにくい…
なのでできれば漫才内で名前で呼び合ってほしいのだがw
「お前」呼ばわりなんだよね、ずっと。
呼び方って二人の関係性を表すものなので、ここはこういう関係性なのだろう。
「さん」づけ、ニックネーム、「君」づけ、呼び捨て、いろいろなコンビさんがいるからね。
三日月マンハッタンさんのネタはなぜか「パンチ力の呪文」ばかり遭遇していたのだが、違うのが観れて満足。
繰り返しの魔力の活用の上手さはさすが。




23期、脇屋敷さん。
BRONZEと同じネタながら、3分に「引き延ばした」感がないのがすごい。
たぶん途中のテンポ感は変えてるのだろうけどね。
脇屋敷さんはコンビの頃から「女子」であることの活用がとても上手いのが長所。
相手がいる体でのカップル一人コントは向いてるね。
最後のどんでん返しと、それによって入るホラー要素もイイ。
脇屋敷さん本体は女子力が高いため、この一人コントの衣装も可愛い。
これ、あからさまに「おかしい人」に見えるような衣装だったら面白さ半減するからね。
可愛い衣装で普通の女の子なのに、最後のどんでん返しが来るからこそ笑えるホラーに仕上がっている。
最後、ありがとうございました、を言わないで怖さMAXのまま退場してくれてもいいんだけどなあ。
それは難しいのかな。




企画タイム。
三日月マンハッタンさんが大暴れ。
なぜか彼らにはあまり強く出れずにオロオロしながら切れる横田さん。
先輩なのかな?
(松竹の偉い人にお願いします。
 養成所出身の芸人さんには何期生かの表記を、それ以外には何年所属かサイトの芸人さん一覧に乗せてほしいの。
 先輩後輩関係知ると萌えが広がるでしょ?!)
三日月マンハッタンさんは「認定漫才師」になったらしく、祝賀ムードなのにねえ。
時間制限を決めて一発ギャグやら大喜利的なモノを行い、制限時間に到達した時に自分の番だったら負け。
罰ゲームは酸っぱいジュース。
辛いじゃなくて酸っぱいなところがテレビにはない松竹の良識だな。
辛い物は物理攻撃だからな、マズイを超えて。

ベイビーフロートのお二人のコンビ愛やら三日月マンハッタンさんの大暴れやら、企画そのものの内容が吹っ飛ぶインパクトだらけw
キャメルトロフィーの嶋田さんの一発ギャグとか相当頑張ってるんだけどね。




出待ちにて、ついにシトラス菅野さんに話しかける事に成功!
(ガン見していたら話しかけてもらえた、ともいう
しかし既に私本体より先にこのブログが知られているという、予想はしていたが気まずい展開w
ま~ね、だろうねw
本体は平凡だから皆様私を外で見かけてもわからないよwww
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/498-9e6ef74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

素はどこに@じなんぼ〜いずトークライブ «  | BLOG TOP |  » イレギュラーなレギュラー@下北プレップス

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。