FC2ブログ

2019-07

チラリズムについて@下北プレップス

お笑いライブの記事だよね?という疑問はあるだろうけど、しばしお付き合いをw



単独ライブ以後ずっと思っていたのだが、ラバボーズさんの唯一の弱点は「素のチラ見せ」をしない事だ。
素の大型わんこのような横田さんはあれはあれで非常に面白いのでもったいない。
口調もテンションもネタ内とあまり変わっていないのに、ボソッとつぶやく言葉が鋭いツッコミになっている小野島さんも、企画タイムなんかでは非常に汎用性の高いキャラだろうに。
ネタ内と素(であろう単独ライブの映像)の差がかなりあるので、それを上手い事チラ見せしていけばもっともっと面白いはずだ。

現状では、単独ライブを見た人や、古くからのファンで出待ちで素を見せてもらえる人しかあのギャップによる面白さを知らないわけだ。
単独ライブのキャパは120しかなかったわけなので、あまりにももったいない。
昔の名前でもw単独やっているようなのだが、まぁそこと今のファンはかなりかぶっているだろうし。
あの面白さを百数十人しか知らないなんて。

だが、いつも企画タイムでもネタ内の役割を踏襲している二人。
前に「天下御免」というライブで唯一、MCのビーグル38能勢さんが素の部分にツッコミを入れていたが、それぐらいしか素を見せてもらえない。
役者でも「自分と似ている役は演じるのが難しい」という人がたくさんいる事実からして、芸人さんもネタ内で自分と違うキャラを演じるほうがやりやすい人はたくさんいるのだろう。

ところが、だ。
今回の「ボイストレーニングをしよう」の漫才ではついに素のチラ見せ商法が来た!
もちろん小野島さんはキャラクターの範囲内で動いているので、ふわふわ感は変わらないのだけど。
横田さんの素の暴露を連発。
というか、あんな「コミカル」なラバボーズさんは初めてだ。

ラスト、「耳をふさいで歌え」とそれまでのトンデモなボイトレは無かったかのようにまともな事を言い出す小野島さん。
小野島さん=役割上のボケ、がまともな事を言っている時点で何か起こるのはお約束。

キョロっと小野島さんの方を見ながら耳に入れた指を抜く横田さん。
そこで始まる小野島さんの横田さんの黒歴史暴露w
暴露を聞きながら表情が変わっていく横田さん、最終的にキレるw
この「キョロっと」が非常にマンガ的というかアニメ的。
4コマ漫画の3コマ目感がハンパない。

この流れは私史上初めて見るラバボーズさんだ。
こんなアメリカのアニメみたいな動きをする横田さんは初w
今までの私が知る限りのネタはどれも二人のクレバーさが作り出すネタで、テレビっぽさやテンプレ感は全く無いのが特長。
特徴ではなく特長と書くべきなぐらいに。

ただ、前に第三回スパークリングライブでザマンザイの結果を受けて大暴走していたように、ラバボーズさんはテレビっぽくないが故に辛酸をなめる事も多かったのだろうと思う。
たとえばゲラゲラGOLDで切磋琢磨しあっているじなんぼ~いずさん。
彼らは漫才冒頭の店崎さんがマイク独占するあたりの流れが非常にテレビっぽい。
初見の人に一瞬でキャラクターを刷り込んでしまう。
そしてザマンザイ一回戦通過。
私が連発する「テレビっぽい」の詳細は今度別の記事で書くけどw
ツイッターで皆さんの当落を見ていると、面白くてもテレビっぽくない芸人さんはザマンザイはことごとく一回戦で敗れている。
私は生が好きな人なので、「いいじゃないか、ライブ一本で行こうよ、テレビがすべてじゃないだろう」と思うけど、芸人さんはやはり「売れた」証として、マネーというか生活面で、テレビがいいのだろうと思うし、難しいね…

そういえば、このネタでやった7月のゲラゲラGOLDは優勝してたしね。
テレビっぽさは「ファン」以外の票を取り込むにはやっぱり重要なのかなあ。
もともと面白いラバボーズさんが「テレビっぽさ」を取り入れてどんな風に変わっていくのか、さらに楽しみ。






クルスパッチさん。
「終わらない別れ」というコント。
内容からしておそらく飲み会後のリーマン二人。
なのだが。
白シャツ黒パンツの二人。
…リーマン?
高校生にしか見えませんが。
何歳だ?!
設定も、本物も。
矢田さんはまだしも、西島さんはリーマン設定ならわかりやすくオヤジ化させないとリーマンに見えないぞw
そんなに意識したことなかったけど、西島さんも相当な童顔なのだなあ…
芸人さん、多くないか?どうあっても実年齢に見えないレベルの童顔。
そして矢田さんが西島さんをウザそうに嫌がるってネタが多いなあと改めてw
朽葉姐さんが大好きな「難病脳少年と野球選手」もそうだしさ。
関係ないけど、西島さんの酔っ払い感は素晴らしいw




はらひろさん。
「おっぱいが見たい」と歌う医者。
あんなド金髪で短パンの上に白衣の医者…
いいぞ、もっとやれ(錯乱
ミュージカルのごとくセリフから歌に流れ込む感じが好きよ。





ガール座さん。
う~む。
ガール座さんのネタは2本のラインに分かれているように思う。
「トイレットペーパーを詰めよう」「汗っかきなファン」などの系統。
「お土産の洋服」や今回の「盗まれた体操着」などの系統。
前者は「暴走小野さん」と呼ぶべき系統。
後者は「小野さんが悪意無く百瀬さんの外見をイジってしまう」系統。

悪意無き天然の攻撃力は、悪人の上をゆく。
小野さんに毒のあるセリフを吐かせる時はこれがいろんな意味で効いてくる。
おそらく、本人達が意図している以上に毒が濃くなってるんだ。
ヲタ好み系の黒髪美人(しかも朽葉姐さんと変わらないぐらい背が小さい)で、意図してないのかもしれないが服装もヲタ男好み系の小野さん。
ややぽちゃなことを除けば、髪型服装がヲタ的にはスイーツ(笑)寄りの百瀬さん。
日本の文化として、「地味な美人」は「派手な美人」よりさらに上だし、「美人じゃないのにオシャレ?pgr」という最近のネット事情もあり。
小野さんが百瀬さんの外見に言及する時の攻撃力は、ご本人達の意図を超えて高い。
そして百瀬さんもマツコデラックスクラスのデブとかではないので、存在にリアル感がある…

正直言って、私は後者の系統のガール座さんのネタはあまり好んでいない。
ネタとしての出来の問題ではない。
あくまで私の好み。
私の好まない系統の「テレビっぽさ」がそこにあるから。
でもね、ラバボーズさんのところでも言及したように、「テレビっぽさ」が芸人さんが売れるための要素として重要なことは理解している。
だから、「頑張れ~!」という応援の気持ちに変わりはないの。
二人が自分の意思で、売れるためにテレビっぽさを取り入れて、その意図通りの結果としてあのネタがあるならそれで良い。
ただ、素の二人は本当にいい子なので、朽葉姐さんのようなクズが感じている攻撃力の高さには無自覚な気がするのね。
そこだけがちょっと心配かな。




そして、ご報告。
コメント欄閉じました。
理由はアクセスアップに伴う広告コメントの増加。
いちいち削除するのメンドイの。
ブログ再開後、アクセスが前以上なのはとってもありがたいのだけど、うちの読者様はマツオカさんばりのシャイボーイなのかしら。
来るのは読者様のコメントじゃなく、広告コメばっかり。
だからもうコメント欄は閉鎖。
ツイッターアカウントを公開するので、コンタクトとりたい人はそっちからきて。
朽葉姐さんはこう見えて寂しがり屋なのでコメント自体は非常に喜びます。
サイトにもBBSあるし。
ツイッター:renrenren12  アカウント名:セイル@Kutty@朽葉姐さん
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/478-36e48922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テレビっぽいってなんだ «  | BLOG TOP |  » 可愛いは正義@関東ゲラゲラBRONZE

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック