FC2ブログ

2019-07

贔屓の同期は贔屓です@関東ゲラゲラGOLD

同期=舞台に立つ前の学生時代をともに過ごした仲間。
これはヅカでもお笑いでも変わらない。
違うのは松竹の芸人さん学校は1年、宝塚音楽学校は2年ってところか。
ただ、1年制ゆえ、「一期上の先輩にしごかれたエピソード」がないところだけ芸人さん学校は惜しいw

そして、芸能系のお仕事というのは、演じるだけでないのが基本。
素の切り売り商法、つまりはトークも必要。
売れれば売れるほど。
しかし、トークは芸に比べてリアル度が高い。
それだけ、「誰が相手か」というのが重要だ。
そう、「同期」とのトークはスペシャルで、他にはない温かさと笑いがある。

今は押しも押されぬ大御所が、同期の中では末っ子キャラだったり(某イシちゃん
イタズラ好きで笑わせるのが大好きなトップスターが、4度目の正直の合格の苦労人で成績1番の学級委員長だったり(某とうこちゃん

お笑い界でも、きっとこの美味しい現象は起きているはずだ!
だからね、贔屓の同期は贔屓です。
いつかの楽しみのために、今の萌えのために(いい話が台無し

そもそも同期の皆さんは仲がいい。
芸人さんのツイッター見てても、同期が大きなライブに出るとなったらどんどんリツイート。
それを見ているだけでこちらまで嬉しい。

そんなこんなで、朽葉姐さんは今日も松竹23期の追っかけに。
あの期の皆さんは朽葉姐さんの「特別」。
一番美味しい人間ドラマを見せてもらったから。

世界少年さん@関東ゲラゲラGOLD。
そして、劇場内のお手伝いスタッフにも23期の皆様ぞろぞろ。
え~と、あの黒い制服はヤバイ。
みんな3割増しでイケメン化。
今日はパッキンセーブの祭主さんがアレを着ていたが、ジャケットなしゆえにわかる肩の盛り上がりが超セクシー。
投票用紙回収で手を伸ばすと、背中の筋肉の動きがシャツ越しに見えるの!
うわ~マッチョの黒シャツって結構ヤバイ装備だわ~。
秋山ペイソンさんの超イケメン化といい、あの衣装の攻撃力はハンパない。
後は誰がアレを着てくれるのかな!wktk
(注:芸人さん的には裏方よりライブに出たいわけなので、これはあまり堂々と言えない事だが…
   でも全員見てみたいの!w
   萌えのために!ワガママに!(ry
けんもほろろの須藤さんなら…マツオカさんなら…(萌えすぎて思考停止




え~とコレだけ書いてまだネタの感想じゃないってヤバイな。
まぁいっか。
やっと本題、ネタの感想。



まずキャメルトロフィーさんの猫との会話。
いろいろスゴいぞ。
シュール系というのかね、アレも。
謎の機械で猫と会話。
説明不能だが、面白い。
謎の機械の安っぽさもイイw



ラバボーズさんは初めて見る漫才だった。
小野島さんの脳内会議がすごいw
天使と悪魔だけじゃない豪華キャスティングw
何人いるんだろうw
これも小野島さんはどこかに飛んで行っちゃうので、横田さんが必死に地面に引っ張り戻そうとする。
するが、まぁ無理だよねw
そこがイイ。
全体的には、まず冒頭で横田さんが小野島さんにいくつか質問をする。
最初にポンポンポン、と小野島さんの有り得ない回答が飛び出して、漫才後半でその解説がされる構成。
あ、そういえば今回も小野島さんのコミュ障ネタを時事に絡めてやってたな。
これも様式美?w



じなんぼーいずさん。
ファングッズを作ろう!という漫才。
今日の店崎さんは絶妙のコントロールで鴫原さんを操っているw
鴫原さんの萌えポイントをつつくことで、自分のプレゼンするグッズ案も素晴らしい、という方向に持っていく。
見事な転がしぶり。
全く暴走してないw
ように見えて、いつもの店崎さん。
大前提は「オレはカッコイイから、ファンがグッズを喜ぶ!」なわけだから。
いやでもマジでほしいぞ、あのグッズ。
ヲタ的には抱き枕より罪悪感ないし…
(注:当然ながらエログッズではない
いいなあ。
自分の魅力をプレゼンするためなら策士に変わる店崎さんの一筋縄じゃ行かないナルシストぶりと、手のひらでコロコロ転がる鴫原さんが最高だった。



世界少年さん。
壊れ鯨井さんのバリエーション。
まさかのエイリアンハンド。
厨2設定の王道も、世界少年さんにかかるとこうなりますw
そして音響がキッチリしている会場だからこそのラスト。
まぁ今日も吉田さんは鯨井さんを見捨てて去っていくわけだがw
で、この形式は「ボケとツッコミ」という一番オーソドックスな朽葉姐さんでも知っている形とは違う。
なので、コレについてコメントするのは非常に難しい。
面白いからソレでいいじゃない!w




企画タイム。
ここでも23期大活躍!
世界少年さんが企画に出てるだけじゃなく、小道具係の黒子くんも23期、「空の耳」の福島さん。
彼の靴が小道具だったわけだが、回収時に持っていかずに履いて去る。
そこだけでも笑えてくる。
しかも次も登場。
小道具は彼の「お尻」?!
もうカオス。
しかも次はメガネっ子になって登場、小道具は眼鏡なのに、ムートン伊藤さんの指示でそのままステージ上に。
決して暴れたわけではないのに、いやむしろ動いちゃならん、でもいろいろ言われてるしと迷ってる気配すらあるのだが、半分以上素に見えるそのリアクションがヤバイ。
あざとさがないし、戸惑いが観客の微妙なSっ気を誘うw
結局一番笑いを掻っ攫い、なんとまあ企画タイムの優勝者に。
優勝までしちゃったのはムートン伊藤さんの悪ノリもかなりあるのだがw
23期の追っかけ朽葉姐さんとしては、大満足。
ラッキーすぎる公演だった。

で、来月世界少年さんが優勝すると単独ライブらしい。
こりゃチケ難だなあ…
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/438-ad8b6fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

しずるさんと気弱な物怪たち «  | BLOG TOP |  » さよならソルシエ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック