FC2ブログ

2019-07

ファンアイテムと本編@スパークリングバトルライブ

えー働いてますよ?
来月から本気出す!(ダメなヤツだ、コレ



ラバボーズさん経由のこのライブ、開催2回目。
ラバボーズさんは皆勤w


で、本題。
これもまた、一対一形式の対戦ライブ。
だから朽葉姐さんにそんな重い一票を委ねるなと。



さて、ネタの感想は。
全体にシュール系が多い。
中野はサブカルの街だからか?
いやいや、それを言うなら下北も大概だが。


何組かは朽葉姐さんを置き去りにして去って行った。
その中で光る、歌ネタの圧倒的なわかりやすさ。


大福さんとぶらっくさむらいさん。

大福さんは優先席のポスターに曲をつけるという、斬新なネタ。
なんというか、J-POPってこんなんかwと。
かなり前にニコ動の「スパム」という名曲を紹介したが、それに近いモノを感じる。
それっぽい音と言葉尻のアレンジだけで、擬態できてしまうのも情けないねぇw
弾き語り終了後の一瞬でキャラ変わる瞬間も良し。



ぶらっくさむらいさんは、カメルーンとのハーフ。
見た目の黒人っぽさと中身の日本人らしさのギャップがトークの時には光る。
ネタは歌ネタ。
多分替え歌。
まさかのBL!w
でも朽葉姐さんは据え膳は喜びません。
私が料理するからいいのよw



ランジャタイさん、浜口浜村さんはシュール系対決。
なかなか濃いなー。
どちらも説明不能な系統。


真夜中クラシックさんは前に見たことのある、レストランのコント。
バトントワラーのごとく教鞭が飛んでいくw
レストランなのに。
そういうネタ。
奇怪なキャラクターがよく似合う。





さて、毎度おなじみのラバボーズさん。
朽葉姐さんのiPhoneがカタカナ変換で覚えるぐらいおなじみとなったw

単独ライブで一回見た後見ていなかった、「名前だけ覚えてね」の漫才。
横田さん置いてきぼりのまま、小野島さんしゃべるしゃべるw
この漫才が1番小野島さんのセリフ多いんじゃない?w
ただ、あれはアウェイの状況では厳しいのかもしれないな、と。
お二人の名前や、大学からのコンビであること、普段の空気、それをもともと知っていることが笑いの後押しになるネタなのね。
タカラジェンヌがTCAでやるごちゃ混ぜコメディのような。

あれだ、くどわふたーだ!リトバスの。
(いきなり例えが飛んだ
くどわふたーはさ、クドは可愛いし、ハッピーで楽しい話だけど、リトバス見てないと置いてかれるわけよ。
朽葉姐さん、リトバス乗り遅れてまず誌面で見たのはくどわふたーでさ。
この子は可愛いけど…ボーゼン、みたいな。
今日初めてラバボーズさん見た人は、あの時の朽葉姐さんみたいだったんじゃないかな。

あの漫才は笑えるけど、あくまで「ラバボーズのファンアイテム」なんじゃないかと、ヲタ的には思う。
だから単独ライブではウケまくった。
だって、ファンはディープになればなるほど、ファンしかわからないモノをもらうことを喜ぶから。
けど、今日みたいなバトルライブでいきなりファンアイテム渡されて、それを楽しめてる人も周囲にいたら、初見の人は疎外感あるかもな、と。

朽葉姐さん的にはこの漫才、大好きなんだけどねぇ。
バトル的には芳しくなく、だからついごちゃごちゃ書いた。

この漫才では横田さんのツッコミに全く屈しない小野島さんがツボ。
「バイトの面接」とか、「歌のお兄さん」とか、小野島さんが横田さんに相談をし、小野島さんなりに横田さんのアドバイスを実行しようとして捻じれていくのを楽しむ漫才が多い中で、あんなに横田さんがキッパリはねのけられちゃうのはレア。
ギャップ萌えは初心者には難易度高いよなー(違



さーガチで語った後はBLの時間だよ!
広島弁が再現できるまでは続くよ!
小野島さんはコレを見たらしいけど動じてないよ!
逆に悔しいw




ライブ後、ご飯にいく2人。
「ショウ、今日はお疲れ様」
「中野は遠いしマジで疲れたな」
「でも、音がいいからあそこは嫌いじゃないよ」
「確かにな。
プレップスより音はいいよな」
「ショウ、最近ブログ書いてないね」
「ま、まあ最近ライブ多いしなかなか」
「ショウ、Tシャツにボタンはないよ」
「あ…」
「ショウはわかりやすいよね。
焦ったり困ったりすると、いつも衣装のボタンいじってる」
「そんなこと…」
「俺は見てるよ?
で、そのクセが出てるってことはさ、ウソだよね」
「…バレそうで」
「俺たちの事が?」
「うん」
「大丈夫だから」
「なんで?」
「こうなる前から、ショウは俺への好意はわかりやすかったよ?」
赤面。
終了。




「トオル、たまには堀の周りを散歩しにいこう」
「ショウの大学祭やった時の?」
「そうそう、あそこでネタ合わせしてたら変な集団がいて、覚えとる?」
「あー、あの真っ赤でバラとキラキラついたシャツの…」
「アレの正体、今日わかった」
「え?」
「俺たちのファンじゃった」
「はぁ⁈」
「だからその話するから行こう、あそこで話した方が盛り上がるけぇ」
「ショウ、まさか今から?」
「そうそう、コンビニでビールも買って外でのもう。
今はいい季節で良かった」
「よくないよ!
中野から遠いし!」
「トオル、じゃがりこサラダとチーズ、どっちがええ?
あ、からあげくんと…」
「ダメだ、聞いてない…
…でも、こういう方が可愛いからいいか。」
朽葉姐さん、まさかのカメオ出演。
いや、リアルにあり得たんだって!



そして何より、広島弁難易度高すぎ!
えりたんときりやんのおかげで大阪弁なら多少はまだどうにかなるが…
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!
と、いうわけで横田さんに広島弁再現の資料マンガを聞く。
(話が捻じれ過ぎてるな…
横田さんはジェントルマンなので敵に塩を贈ってくれたよ!
(敵?
教えてもらったマンガは、結構ガチの青年誌系。
まぁねぇ、トリコロじゃダメだよねぇ、女子高生だし。


あ、一つめの横田さんのクセは実話ですw
朽葉姐さん、そういうの観察するの大好き。
そして、単独ライブの映像の小野島さんが萌え的にクリティカルヒット過ぎて、どうもそっちにキャラがブレていくw
本当は大型わんこなハイテンション横田さんをもっと書きたいのだが、それにはまず口調の再現。
しばし修行。
あ、修行はマンガの繰り返し読みなので、マンガ自体のレビューもちゃんとやらねば。



しかし、スパークリングバトルライブ、賞品がなくなったり、出演者数が減ってたり、今後の展開がちと心配になったぞ…
大丈夫かな。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/428-630eaba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

年がバレるぞ@下北プレップス «  | BLOG TOP |  » 2枚目になる度胸@ドドんトークライブ「法話」

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック