FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声優デビュー@下北プレップス

えー、一応朽葉姐さんは働きだしたため、後半のみ。
でも、いろいろ衝撃的だったから書くよ!
タイトルはいつも通りマツオカさん。




後半開始直後、三連発でピン芸人。
なんつーか、個性ってすごいよねw
歌、フリップ、1人コントと全く違うジャンル、中の人の個性も違う。
ある意味コンビの芸人さんより振り幅大きいかもしれない。




まず歌ははらひろさん。
ネットにもあがってる、「角度」の歌。
やっぱり圧倒的に派手かつわかりやすい。
ピザとか、確かに実際の授業でも使うわw
眼鏡っ子で出てくるわけだが、金髪のまま 。
(あのカタギじゃなさそうなのに服装がリーマンな、キッチュさが萌え!
むしろカリスマ講師っぽい。
今でしょ!(古





次のフリップはマツオカさん。
「笑ってごまかすシチュエーション集」的なモノ。
ハプニングでフリップがバサバサと。
再使用したいのがでてこなくて大変そう。
アレはねー、再使用は難しいんだよね。
あらかじめフリップ裏にマグネットシートとか重みのある何かを仕込むか、同じモノを二枚用意するしかない。
経験者は語る。
(注:朽葉姐さんは講師時代フリップに近いモノを使う事があった。
ただ、これは慣れだからね。

で、ネタの内容。
うむ、七面相ぶりだけで笑えてしまい、あまりフリップを記憶してないぞ、ヤバイw
次に変えてきたところをちゃんと把握したいのにw
細かい単発の笑えるシチュエーションと、ある程度つながったメイン部分があり。
細かい所は本当にイイ。

ちょっと評価に悩むのが、ある程度つながって進む告白してふられて、の一部分。
プゲラのニュアンスを正確に掴めてるあたり、やっぱりマツオカさんは賢いのよね。
プゲラ(以下pgr)は、嘲笑なのよ、基本的に。
だから、自分がふられた後に友人がふられた、というフリップでpgrが出る事は正しい、正しいが、朽葉姐さん的にはマツオカさんにはあっちに行って欲しくないw
朽葉姐さんの可愛いマツオカさんでいて欲しいw
まー、みんなのマツオカさんだからそうもいかないのだけどね。
ふられた女の子にカッコつけようとするアタフタぶりが1番笑ったわ。

なぜ私がpgrを嫌がるかというとね。
pgrは、嘲笑は、あれはエナジードレイン系の笑いなのよ。
笑う方も、笑われた方もね。
芸人さんにはエネルギーを補給できる笑いの人でいて欲しい。
だから私はデブネタは好まないの。
2ch自体がエナジードレインが基本の場所だから、どうもねぇ。

…2chにはらひろさんぶつけたら、ワルプルギスVSまどかレベルの争いになるな。
ほむらポジションは誰だろうw




曇天三男坊さん。
謎の女性画家の1人コント。
この人、動きで毎回別人になれるのがすごいわ。





さて、トリはお待ちかねラバボーズさん。
今回も横田さん公認BLダイヤログつきだよ!
朽葉姐さんが広島弁再現に成功するか、横田さんから怒られるまで続くよ!
(前回はジェネレーターに頼りすぎて撃沈した。
今回は誰にゲスト出演してもらおうかな?w
(ゲストからは非公認なので内密にw







で、ラバボーズさんの事を書く前に企画タイムの話。
(ちょっとテレビっぽい構成じゃない?w

企画タイム。
記憶力テスト。
まーみなさん妨害にやられグダグダドロドロ。
(ドロドロ?
罰ゲームもグダグダw

本編よりも暗記中の妨害行為の方が面白いのよw
ガール座さんの女子トークに気を取られ撃沈する小野島さん。
純粋に音にやられた矢田さん。
曇天三男坊さんの吐息にやられた西島さん。
自分の黒歴史披露され全部飛んだ曇天三男坊さん。

なぜかマツオカさんの笑い声が放送され、いろいろ余計なこと考えちゃったはらひろさん。
マツオカさん⁈
えー、朽葉姐さんも、他の芸人さんも理解が追いつきません。
確かに笑うネタを今日やってたけども…
しかも声だけだと妙に狂気を帯びて聞こえるのよ。
あれは集中削がれるわ〜w
しかもアレは生放送だったそうな。
いろいろビックリ。







さて、ラバボーズさんの話に戻ろう。
今日は朽葉姐さんがお気に入りの歌のお兄さんの漫才。
冒頭の小野島さんが、妙に甘えた声なのよw
だから妄想が捗るw
歌のお兄さんネタ、何がすごいって替え歌のセンスね。
特にコブタヌキツネコ。
あれは想定外。
そして、替え歌の間、怪訝な顔をしながらも、歌に合わせて揺れながらちゃんと聞いてる横田さん。
この「ちゃんと聞いてる」のがイイ。
なんだろう、これがコンビさんの良さなのかな?
小野島さんが暴走して歌う間、横田さんの表情が微妙に変わっていく。
それがイイ。

芝居でもそうだけど、セリフを言っている人だけが舞台の空気を作ってる訳じゃないもんね。
小野島さんが暴走している時の横田さんの微妙な変化、あれが笑いの起爆剤なんだな、と。






えー、ここまで真面目に書いといて、やっぱりやるよ、BLダイヤログ。
つーか今回は企画タイムでお二人があまり絡まず、ネタにするセリフがないわけだが。

つーか横田さんは基本「小野島さん」、たまに企画とかで「おのじー」だが、小野島さんはどうなんだ?
「横田さん」だっけ、「横田くん」だっけ。
次にお二人見たら要チェックだわ。
朽葉姐さん的には、呼び方ってものすごい大切なのよ。



ま、今回もまずは楽屋ネタ的な所から。
ラバボーズモードの方のキャラ設定で。
あ、ショウが横田さんで、トオルが小野島さん。
あまりに生々しいのもアレなので、カタカナで。

注:ラバボーズモード=ふわふわ小悪魔小野島さんと、振り回される横田さん
単独ライブの映像モード=毒舌小悪魔小野島さんと、ハイテンションわんこ横田さん
…小野島さんのほうは、あまり基本設定に差がないよーな。




「ショウ、帰ろう」
「うん」
「なんで目をそらすの?」
「なんでもない」
「ショウ、怒ってる?」
「っ。怒ってない」
「どう見ても機嫌悪いよね」
「ガール座」
「…まさかヤキモチ?」
「トオル、鼻の下のばしてた。
仕事だから笑わんといけん。
けど、笑って見てるのキツかった」
「ショウ、ゴメンね」
「トオルのせいじゃない」
「うん、元はと言えばショウのせいだし」
「はあ⁈」
「紙ひいたのショウだし。
それに、単独の映像で俺ゲイなのとか聞かれちゃったじゃん。
女好きアピールしとかないと、疑われちゃうよ?」
「あー…」




あ、不機嫌にしとくとセリフが短いから広島弁でボロが出ないw
しかしキャラ崩壊してるな。
小野島さんの方が動かしやすいのよね、いろいろと。



「ショウ、ショウはコミュニケーション力があるんだよね」
「ん?」
「前にやったじゃん、コミュニケーション力のテスト」
「あー。
単独の?」
「そうそう。
今、やってよ」
「なんで?」
「ダメ?」
「ダメっていうか理由もわからんと…
こういう時のトオルはだいたい下心あるし」
「うん、あるよ」
「…ネタ中じゃないし、つっこまんよ?」
「俺と同じキーワードでテストしてね!」
「キーワード?
……まさか、トオル」
「一緒に住もうよ!
やっぱりショウはコミュニケーション力あるね」
「……自分から言っとる」





セリフを短くし過ぎるとわけわかんないし、長くすると広島弁で撃沈するし、難しいw
漫才のセリフをストックしておいてもいいのだが、文字だとアクセントは分からないからねぇ。
ジェネレーターでみる限り、「いけん」が1番簡単で特徴的なワードだが。

ハイテンション横田さんで書くと長台詞にならざるを得ないので、こっちはまた今度w
(まだやるw
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/425-4b3d273c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

切るのも実力のうち@ゲラゲラブロンズ «  | BLOG TOP |  » 普通が新鮮@下北プレップス

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。