FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人マツオカさんのブラッシュアップ@下北プレップス

金曜日の下北プレップス。
今回特集?するのは「マツオカ」さんという芸人さん。
なんでもまだお笑い芸人になる学校に在学中の学生さんだってさ。
もうすぐ卒業なんだって。

で、この人のネタが紙芝居の「シャイボーイの行動」。
思春期男子をネタにする場合、「モテない悲しさ」や「エロへの目覚め」が多く、エロ系はオンナには共感しづらい部分も多かった。
だが、マツオカさんのネタの場合、リアルな男子の感じがして、イイ。
テーマはシャイボーイなので、モテない悲しさは出てくるが、ルサンチマン全開ではなく、いじましく、可愛らしい。
好きな子の写メも取れない奥手な少年が、すっごくリアルでおかしい。
実際の中学生男子って、まだまだウブでお子ちゃまだよね。
実はお嬢様な朽葉姐さんは(誰も信じないであろう)女子校育ちなんで、中高生男子の生態はわかんないんだけどね!w


マツオカさんのいいところは、3回見た同じ紙芝居ネタが、どんどん変化しているところだ。
紙芝居を書き足したり、最後の引っ込み方を変えたり、ステージ上での動きが大きくなったり、なぜか表紙に桜の花びらが飛んだりw
だんだん「役」でいる時間が広がり、特に引っ込み方を変えたのは素晴らしい。
この変化の速さがいかにも「ステージに上がる事で成長していく時期」って感じでイイ。
この変化、成長を見られるのは生の醍醐味だよね。
リピートの価値、あり!


マツオカさん自体はスリムなイケメンなので、「モテないシャイボーイ」は一歩間違うと嫌味になってしまうのだが、この人の場合、なんだろう、「末っ子感」とでもいうべきオーラがあってね。
なんか憎めないし、「ああこの子は自分がイケメンだと認識できないタイプの子だ」と納得できてしまうw
これは華やかさと同じように天性のものであって、努力で身につくものではないので、ぜひともコレを生かし切ってほしい。
そういえば「世界少年」の鯨井さんもマツオカさんをすっごく可愛がっている様子だった。
まるで兄が弟の世話を焼くかのような空気w
永遠の弟キャラ、いいねぇ。




ってゆ~かさ、お笑い芸人になる学校って何やるんだろ?
宝塚音楽学校のカリキュラムなら知ってるんだけどw
バレエ、日舞、声楽(ポップス&クラシック)、演劇etc
じゃあ芸人さん学校は?
ネタを作る、ネタを発表する時間は絶対あるよね、ていうかメインだよね。
それ以外には何やるのかな?
「テレビとライブの違いとは~メディアの種別による表現の伝わり方の差異」とかやんないのかな……やんないかw
(心理学とかやってくれたら、私、講師で潜り込むのに!




で、ライブ全体は。


MCは「はとぽっぽ」さん。
夫婦漫才、なんて表現があるが、それ風に言うなら彼らは「兄弟漫才」かな。
弟にいい顔したい兄が、モテたい弟にハチャメチャ知識を教える感じ。
しかも兄もモテない設定w


きみえさんはオチが少し変わっていたり、前回からの変化が良かった。
彼女の持つ空気が好きだわ。


世界少年さんはあの豆知識をどこから仕入れているんだろう。
きっとお部屋は本だらけだな。
鯨井さんが完全に振り回されているのが、本当に面白い。
トリビアで人を驚かすのって気持ちいいから、これからも吉田さんは鯨井さんを振り回すだろうw


しかし、本当に働かないな、私w
今週は特に。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/386-03a31839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダブルヘッダー@下北プレップス «  | BLOG TOP |  » スパークリングライブ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。