FC2ブログ

2019-07

スパークリングライブ

スパークリングライブ。
スパークリング…酒?ワイン?
いやいや。
本来の意味だね、はじけるほう。


こちらはラバボーズさん経由で。
つ~か例によってツイッターで。
バカッターとバカにしていたが、なんと便利なツール。



事前情報何もなし。
行ってから他の出演者および「2組ずつの対戦ライブ」だと知る。


席に座って、パンフ見て衝撃。
うちの職場の恩人がいるではないか!
(身バレするので誰とは言えないが…うちの職場に来て、無茶ぶりに嫌な顔一つしなかった超イイ人)
世間は狭いね!
しかも向こうは覚えててくれたよ!
(もちろん私の事ではなく職場の事ね


しかし、今回はあっちこっちのプロダクションから出演者を呼んだライブらしく、さすがの私も記憶が追いつかない。
ヅカやら何やらでそこら辺の把握力はかなり鍛えられたのにな~。
十六組中、元から知ってる芸人さんはたった2組だったんだもの。


その中でインパクトに残った人たち。
「第二の人生対決」
なんでも元劇団員芸人と脱サラ芸人だそうな。
元劇団員、マツモトクラブさんの方は、イケメン的な空気でいかにもな感じだなーと見た目から思ったら。
なんとネタは巨乳w
良い裏切られ感。
ゴドーを待ちながらとかそっち系の人かと思ったらw
そういう頭の中身か。
これは良い斜め上。
シュール系かと予想していただけに驚いた。
芸人さんとしては芸歴短いそうだが、やはり声の仕上がりが良いのと、舞台ナイズされた身のこなしが印象的。
舞台はテレビよりオーバーリアクションが基本なので、お笑いには上手くハマった感。

そして対戦相手のルシファー吉岡さんもまさかの乳ネタw
なんだ、この運命的なかぶりは。
メリケンドラマ的な語りで進むトンデモ理論が面白い。
正直1番投票に悩んだ対戦がここだ。


明るい引きこもり、振られたから性転換しようかな、など相変わらず際どいブラックネタも。
これが許されるのも生の醍醐味だな。
声優ネタでドラゴンボール&サザエさんを一人で演じきった「マリッジブルーこうもと」さんも面白かった。




そして企画タイム。
採点があるときは必ず企画タイムもある!
今回はいつもほど皆が馴染んでないのが逆に面白い。
企画内容はジェスチャークイズと、単語の説明クイズ。
私的MVPはラバボーズの小野島さん。

普段のネタの時はふわふわした自由さが面白い方なのだが、実は相当頭のいい人だったらしい。
単語の説明がすべて的確。
さらに、ジェスチャーは一発目からグダグダだったのだが、黙っていた小野島さんがラスト近くに「じゃあ、タバコ。」と回答。
(タバコが正解
ボソッとつけたされた「じゃあ」の言葉とその時の表情が完全にツボに入り、笑いまくった。
きっと最初から正解わかってたんだろーなー、でもタイミングが、みたいな。



つーかラバボーズさんのネタは思い出し笑いが危険だ!
今回のネタはワル自慢だったのだが、展開は落語の与太郎もの。
自分が話の主役になりたくて、どんどん話が大きくなり、トンデモ展開になり…
横田さんのワル自慢に対抗する小野島さん、最後には大根で大量のチンピラを撃退した事になっていた。
で、ブログを書いていたらなぜか横田さんも加わってお2人が大根でチャンバラする姿を想像してしまい、思い出し笑いが。
ただしラストは予想の斜め上を行く、衝撃のオチ。

コンビの人たちはどこもそうだけど、ボケの言動にかぶせるように入っていく。
声も体も大きい横田さんがあれだけガンガンツッコミいれてるのに、ケンカっぽくもなく、がなる系の人たちだとちょっと怖い時もあるけど、それもラバボーズさんにはない。

たぶん、「呆れながら付き合う」ってカタチがいいんだ。
横田さんは小野島さんの自由な言動ズレた言動に呆れながら付き合い、振り回される。
ガンガン言ってはいても、呆れているのであって基本的に怒っていない。
切ってはいても、それで終わりにしていない。


上手く言えないが、私が好きなコンビはみんなツッコミが最終的にボケに対して「まったくもう」と笑っちゃうような人たち。
それがお笑いの形式としてどう評価されるのかはわからない。
でも、私はそっちの方が見ていて安心感がある。
安心して大笑いできる。


なんだろうね、もちろんネタはある種の芝居、彼らのリアルでない事は分かっている。
わかっているけれども、呆れながらツッコミながら「しょうがないなあ」と付き合う「温かみ」がある方が、楽しいの。
企画タイムの仲良し感が大好きなのと一緒かな。


最後は勝敗発表、賞品授与。
賞品はスパークリングワイン(ロゼ?)
ライブ名にちなんだ模様。
それはそうと、一位の人たちは下戸だそうな。
で、結局繰り上がり当選×2、三位の人がワインお持ち帰り。
下戸の芸人さんとか、打ち上げ的なものはどうしてるんだろうか?
DQNの中で社畜してる姐さんにはよくわかりませんw
(朽葉姐さんは酒は浴びる程度にたしなみます)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/385-c94a09c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新人マツオカさんのブラッシュアップ@下北プレップス «  | BLOG TOP |  » 紙一重の笑い@下北プレップス

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック