FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日程制覇!

最近ハマったお笑いライブ。
下北Preps。
金土日、2回公演。

レギュラーの芸人さんは曜日ごとに違う。
(ゲストは昼夜で違うが、レギュラーは昼夜では変わらない)

なので、全曜日制覇しようと狙っていた。
今日ついに全日程制覇!
(つ~か一カ月ちょいでライブに5回参戦)

5回見て、ちょっとづつお笑いの要素的なものがわかってきたぞ!
「型」的なものが。

もともと私は芝居好きだから、ある程度「声が出来上がっているか」「演じている役に入っているか」はわかる。
でもお笑い独自の要素はほぼわからなかった。

「コンビ」の芸人さんの場合、多くが「ボケ」と「ツッコミ」になることぐらいはさすがに知っていた。
(というか、それしか知らないw)

でも、それにもいろんな形があるんだね。
日常的な会話っぽい空気からボケがズレていく感じの。
二人で何かを演じるもの、それも衣装付けて最初から芝居形式なモノと、「ねえ、俺○○やるから、××やってよ」と話しながら入っていくモノ。
小ネタを次々披露していく形式。

「ピン芸人」の場合。
「相方」がいる風にコントっぽいものを演じるもの。
紙芝居的なものをめくりながらプレゼン的なヤツ。
歌う、踊る?


衣装も、コンビで合わせている感じのところもあれば、完全に私服っぽい人もいれば、スーツとかワイシャツネクタイの人もいる。
(お笑いの話とはズレるけど、スーツもいいけどジャケット脱いだワイシャツ姿もイイよね!)
もちろん演じる設定に合わせた衣装の人もいるけど。
いろいろあって、きっと芸人さん一人一人にこだわりがあるんだろうなあ、と思う。
ただ、衣装でネタをやった後、「企画タイム」に着替えて出てくる服はおそらく完全な私服なんだろう。


で、いろいろ見ていく中で。
もともと落語や講談は見ることもあったからかな、「ピン芸人」の人たちの空気のほうがすんなり入れた。
客席に誰かいる風に演じるコントね。
あと「歌ったり踊ったり」の圧倒的なわかりやすさ!
声と表情を作れる芸人さんの「歌う踊る」系は一番誰にでも面白いんじゃないかな。
一番初めてみたライブの日のはらひろさんがそうだったわけだが。



コンビの人のコントだと、「ツッコミ」の人が声をコントロールできてない所は厳しいな、と。
「ツッコミ」の人が怒鳴るつ~か「がなる」感じになっちゃうと、見ている私としては入りにくいんだよな~。
二人でやるコントなら、「ボケ」が好き放題やってるところを、客席向いた「ツッコミ」が苦笑いって言うか呆れた感じでコメントしてく形式のコントが一番好き。



声のコントロールは、正直まだ足りてない芸人さんもいるように思う。
新人さんのライブとの事なので、当然だけど。
「声量」ももちろんなんだけど、お腹から声を出しつつ、がならない、って言うのは難しいんだよね。
技術だけではなく、ある程度腹筋がないと、長台詞だとどうしても最後までお腹から出せずにノドを絞ってしまう。
(私もコレで何度ノドをつぶしたことか…)
これは舞台の俳優女優でも言える事で、やっぱり年単位のトレーニングで習得するモノなんだろうね。

声のコントロールの上手さは江戸っ子ピエロさんというコンビが印象的だったな。
なんでもダイエット企画をされてるそうだが…せっかくよく響く印象の強いイイ声なので、ダイエットでパワーダウンしないよう祈る。
ま、健康的なダイエットなら大丈夫か???


あと、形式の斬新なネタで印象に残ったのが恋する、哲学者たちさん。
ネタを作ろうとするも、ボケ?の人が「コレ言ったらこうなるんじゃ…」と心配しネタカット、を繰り返し最後にはエライ事に…的な。
「繰り返し」の面白さが上手い事出ていたな~、と思う。




このブログ記事を上げるにあたり、表記ミスしないために検索かけつつ書いてるわけだが…
芸人さんの紹介ページ的なところに、芸名だけじゃなく本名まで載ってるのね。
本名って公開するもんなんだ~とちょっとビックリ。


ただこのライブ、芸人さんたちを後から追っかけるのに一苦労。
公式ブログの出演者にいない人が出ていることが多々ある上、参加者一覧的なものはアンケートしかなく、アンケートは回収だからね。
それでもほとんどの芸人さんは今のところ覚えているけれど…
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/370-cba691e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青田買いはエライのか??? «  | BLOG TOP |  » バトルバードライブ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。