FC2ブログ

2019-07

美女と野獣

月組の美女と野獣を見てきた。
きりやんのあのトンデモナイ野獣の衣装は実際に見てもやっぱりトンデモなかったw
けどかっこよかった。
まぁおとぎ話の世界観をキムシンがいじることによる不協和音は若干あるけど、きりやんとまりもちゃんのラブラブ加減とそのかととしちゃんとリュウ様のカッコよさにごまかされちゃう。
あんなに若くてカッコイイ組長なんて反則でしょ~、リュウ様は現役スターなのに。
とにかく今回はまりもちゃんが素晴らしかった。
「私は優しいんじゃない、選べない、ずるいだけ」って歌うまりもちゃん。
まりもちゃんは「等身大の女の子」がプラスに働く数少ない娘役さんだと思う。
野獣のところに行く前に着ているパッチワークのワンピースも可愛いけど、野獣にもらう赤いドレスもすごい似合う。
女の子とまともにかかわったことのない野獣なのに、どうしてあんなにまりもちゃんにピッタリのドレスを選べたんだろうw
ちょっとセンスが良すぎるよねw
ジプシー男爵に続いて愛の告白は変化球。
一度「これは愛じゃない」と思って断るも「やっぱり愛してる!」と飛び込んでいく。
そういう変化球が魅力的に見えるのは、基本となる愛の表現がしっかりできているからだと思う。
愛が見えてるから安心してみていられる。

そのかの退団者オーラがすごかった。
綺麗なんだけど…壮絶だなあ。やせちゃったし。
ミスターモンキーは優しくて暖かいいつものそのかで、なんだかほっとする。
「いつもの」がこんなにありがたいものとはね…
退団したら「いつものそのか」にはもう二度と会えないからね。

としちゃんの笑顔にとろけつつ、その上手側最前列にいるそのかも堪能。
「動物に変えられた家来」という名のその他大勢がやたら多かったけど、それでもとしちゃんとそのかが舞台上にずっといてくれたからまぁたまにはいいや。

もりえちゃんはいつも通り無駄にかっこよく、リュウ様は超ダンディで、まさきはあの傲慢さはまさきじゃないと無理だしw
みりお君がなぁ~歌は上手いし、悪くはないんだけど…どうも周りが濃すぎて物足りない。
技術もあるし顔もいいし…あと少し、あと一歩何かがほしいなあ。

ショーの「ONE]は草野先生の衣装センスが…
あの極彩色大好きはもういい加減にしようよ…
トンデモ衣装なのにもかかわらず草野ショー内では使い回しがかなりできる、この世界観の狭さときたらw
女役も全員パンツで踊るシーンのまりもちゃんのカッコよさは堪能したし、きりやんとまりもちゃんのデュエットダンスは今の宝塚では一番だと思う。
中詰めと思われる「ナントカ世界一」コーナーが最高。
としちゃんが司会者サイドで面白いし、そのかが何気に特技のロボットダンスさせてもらえてたり、まりもちゃんのお色気満載心を盗む女怪盗wが素敵すぎたし。
ゴチャゴチャと片付いてない構成なんだけど、その分各自の見せ場はあったかもしれない。
きりやんの「夢追い世界一」のアドリブも楽しいね。
私が見た時は貸切だったから「カードで月組グッズを大人買い」だってさw
しかし「大人買い」って言葉はいつからオタ以外も使うようになったんだろう…
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/347-71c4e1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小倉久寛・ダンス天国 «  | BLOG TOP |  » ノバボサノバ

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック