FC2ブログ

2019-07

ノバボサノバ

星組のノバボサノバ観劇、えりたんディナーショーはお金もないし一回しか見てないからw
ムラと東京で役代わりの組み合わせも変わるらしいしね~。
初舞台の口上もあるし。
で、これがまたかなり良かった。
まかぜ君を見直した、いや、もうメイちゃんからかなり良かったから見直したは違うか。
あの「ひどい」としか言いようのなかったマイディアニューオーリンズの新公からしたら、本当化けたねえ…
役代わりの範囲が広いから今回はかなり大変な公演だと思う。
実際に役代わりしてる6人が大変なのは当たり前だけど、マールが3人いるブリーザも、メール夫人が3人いるボールソ、オーロが三人いるラービオスも大変。

さて、私が見たのはオーロがベニ君、マールがまかぜ君、メール夫人がともみん。
このマールがね、すごいよかった。
純粋にブリーザ一筋で、裏切られたら頭に血が上っちゃって、殺しちゃったあと本気で嘆き悲しむ、いかにもなマールで。
きっとブリーザのために日々真面目に働いて、ブリーザに髪飾りの一つも買ってあげるのが生きがいなんだろうな、みたいな。
このマールは親に決められた許嫁だと思うのよ。
自力であんな色気満載のいい女は口説けないと思うw
親に許嫁としてブリーザを紹介された時もう一目ぼれ、自分と釣り合わないと思いながら必死に頑張ってブリーザのためにいい男になろうと努力中。
ブリーザ刺しちゃうシーンの衣装はね、色男オーロの真似してブリーザに好かれようとコッソリ仕立てた勝負服w
そんな妄想が広がるマールだった。
歌の技術面は相変わらずだけど、ブリーザへの愛だけは感じられて、それですべて説得しちゃう感じ。
ブリーザが死んだ後、ブリーザを抱いて泣くマールがヘタレなのに愛に溢れてて実に愛しい。
結局のところ「愛」を表現できるかどうかがタカラジェンヌとして一番重要な資質だと私は思っているから、今のまかぜ君は大好き。
(そういう意味で「なぜこの人がこの位置にいるんだ?」と実力はさておき思ってしまう人もいないわけではないが)

オーロは…
ベニ君が愛しすぎるけど、あれは何か間違ってる気が…
オーロってもっと軽い人のような気がするし、ブリーザにマジになりすぎてる気がするし、あんなに苦悩するオーロは初めて見たぞ、と。
その苦悩ぶりはいつものベニ君で、苦悩するベニ君は挫折するえりたんぐらい鉄板でいいのはわかってるけど、けどあれはオーロとしてはどうなんだ?
ブリーザと絡むときの全力で「エロ」を演じるベニ君は正しくオーロで、それもそれで素敵だったのにw
あの細い目なのに目力バリバリで、そこがいい。
メイちゃんの時もそうだったけど、苦悩するベニ君はもう他の追随を許さない素敵さ。
きっとマールも似合うだろうなあ、ベニ君なら。

ともみんのメール夫人は、予想を裏切らない美人さん。
プロポーションもいいしね、顔も美人さんで、ともみんならそりゃ綺麗でしょう、って感じで。
エロくてかわいくて、いかにも年下の若いツバメがいそうな雰囲気。
芝居のほうではともみんがツバメだったのに、ショーではツバメ作っちゃうなんて…面白いw
ただ役としてはそれで正解とはいえ「エロ可愛いマダムでツバメといちゃつく姿がナチュラル」以上の何かはなかったなぁ。
役として間違っていてもベニ君のオーロは見ててワクワクしたし、技術面がアレでもまかぜ君のマールには妄想が広がったのに。
最近のともみんはどうも後一歩のドキドキがない…
スターの資質はあると思うし、カッコイイのに、もったいない。

ブリーザのれみちゃんが本当に素晴らしすぎた。
色気満載でかっこよく踊りまくって、足も綺麗。
いかにも自分の欲望に正直な南国の女、って感じ。
まさに「エロかっこいい」、このキャッチフレーズはれみちゃんのものだ!
あの八百屋舞台でよくもあそこまで踊ると思うよ…
大変だろうなあ。
でもカッコイイ。

14COVERSで目を付けた礼真琴くん。
ダンサーなんだね~ピンクのダルマでガンガン腰振って、踊りまくってたよ。
実力派として今後頑張ってほしいなあ。

ちえねねは~…
ちえちゃんはさすがに上手い、歌もダンスもよくやってる。
ねねちゃんも綺麗だ。
だけどそこまでなんだなあ。
それ以上の何かがほしいんだけど。
ちえちゃんもあれだけ踊れるのになぜかエロが足りないし、ねねちゃんも美人さんなのに色気がない。
難しいねえ。

どいちゃんをはじめとするピエロズ最高!
どいちゃんのバトンもダンスも堪能したよ。
ピエロメイクで顔が見えにくいから動きだけで自己主張しないといけないわけで、それをあれだけ可愛く楽しくやってくれるのはすごいなと思う。
バトンの大技も派手で、カーニバルにはよく合ってる。
こういう技持ってる人がいると何かといいよね。

クラブの歌手やってるかぁさんがまた絶品。
かぁさんの歌はパワフルで色気が合って血が騒ぐ感じ。
リリーマルレーンとか聞きたいなあ…

神父とシスターもいいね。
とよこ様はさすがに王子様だ。
数少ない白いキャラがよく似合うし、シスターを邪険に扱ってるように見えてどこか紳士だからひどい人に見えない。
とよこ様の王子様力は今の星組では突出してる。
なんとか若手にもこの王子様力が受け継がれてほしいんだけどなぁ。
星組って伝統的に王子様力は高い組のはずなんだからさ。
組長は何やらせても上手いね。
さすがだと思う。
だけど見る前からあまりに予想がついちゃうのがね…
鉄板のコメディエンヌも一長一短だわ。


そして芝居。
この芝居の出来がネ申!!!!
見事なまでのあてがきで、気持ちのいいほどのさわやかなご都合主義、それでいてほろっとくるシーンもあって、派手なコスチュームも楽しめて。
とくにねねちゃんのブロンド縦ロールがもうねぇ、反則でしょ、あの可愛さは!
ねねちゃん史上一番の可愛さ!
わっかのドレスより庶民ドレスに二つ結びが最高。
本当お人形って感じの可愛さで、飾っておきたい。
うちに一人ほしいw
ねねちゃんにくぎ付けで堪能したよ。

ちえねねも、芝居だと輝いてた。
遠慮のないかけあいが可愛い。
ひねくれてて、だけど本当は誰かにわかってほしくて、っていう微妙な距離感がむず痒くて爽やかで。
ちえちゃんもラストで軍服で現れるんだけど、コスチュームがよく似合う。
途中でねねちゃんに自分の過去を話すシーンはなんだか見てて気持ちが温かくなったし。
ちえちゃん、温かい芝居はよくできる人なんだよね…色気が足りないが。

うんと年上の夫人に夢中になっちゃう真面目な軍人でツバメなともみん、やりすぎな従僕のベニ君、ヘタレ劇作家なまかぜ君、文明の国にあこがれるアラブの王子みやるりと男役がみんな派手なキャラ付けで面白い。
特にまかぜ君が面白い。
「決められない!」って騒ぐヘタレっぷりが実に可愛い。
王子様なとよこ様がビジュアル系知的ツンデレやってたのが面白かった。
知的王子なツンデレって、食いつく人は多そうだw
男装までしてとよこ様のストーキングをするお嬢様もなかなかぶっ飛んでて可愛かったけどね。

無駄に美しいゆずみ姐さんとか、暑苦しい配役の旅芸人、ねねちゃんパパの組長、ねねちゃんの家の使用人ズ、どれもこれも見事にあてがきされててすごい楽しかった。
ストーリー自体は「いじっぱりなちえねねが、相手を試そうと周囲を巻き込むも結局くっついちゃう話」で終了。
でもそのシンプルストーリーだからこそあてがきしまくりで華やかで罪もなく楽しい作品にできたんだと思う。
たまにはこういう中身は薄くても楽しくて可愛くてキレイな作品もいいよね。
というわけでむちゃくちゃ楽しかったし、まかぜ君に惚れそうになったノバボサ観劇だったw
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/345-4cf7ab51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美女と野獣 «  | BLOG TOP |  » えりたんディナーショー「Bright!」

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック