FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安蘭けい箱舟2010

ゲストが2人いて、サイドKとサイドSがある。
でもって今日見たので両方コンプリートした。
どっちもよかったよ。
二人の個性の違いが面白くて。
浦井健治さん(今日のサイドK)の方が歌は好きだ。
だけど武田真治さんはサックスがすごく良くて、だから結局甲乙つけられず。
1部はストーリーがあり、廃墟の船を舞台に話が進む。
傷ついた女(とうこちゃん)が流れ着き、そこへ男(浦井さん、武田さん)がふらっとやってくる。
不思議な船長(西田さん)に邪魔され見守られながら二人は恋人になり、一夜をともにし、別れる。
ストーリーは浦井さんの方が見えやすかった気がする。
あ、衣装は断然サイドK。
ザブリナパンツが超かわいい。
(二番目にかわいかったのは赤ボーダーのセーラーさん)
今回の衣装で一番いいかも。
もちろん私はとうこちゃんを見に行ったわけなんだけど、いや、とうこちゃんも見てたんだけど、ダンサーの西田健二さんがすごすぎて…
かっこいい。
踊ってる時かっこいいのは当たり前にしても、立ってるだけとかお辞儀してるだけですらかっこいい。
そりゃ顔は悪くはないけど、正直目が離せなくなるほどの美形じゃない。
プログラム見ただけの時はふ~ん、程度だった。
なのに舞台にあがるとすごい。
跳躍の美しさ、揺れてるだけの振り付けでも滲む色気、リードの上手さ、ただのお辞儀ですら他の人とは違う動き。
ステッキを使ったダンスももうね、うっとり。
目が離せず、釘づけになってしまった。
西田さんは帝劇エリザのトートダンサーもやるんだそうだ。
トートダンサーはその名の通りダンスだけで全て表現する役、一言もしゃべらない。
宝塚版でも番手じゃなくダンスで選んでる役だけど、それを帝劇でやる人。
そりゃあすごいわけだ…
しかし実は銭湯の息子で、MCでその話をふられた瞬間表情が崩れ、普通のちょっとかっこいいおじさんになってしまう。
う~ん、かっこいいって言うのは表情と動きも込みで作られるもんなのね…顔や体型だけじゃないんだw
武田さん浦井さんもエリザのメインキャストで、相当すごい人ばっかりのコンサート。
MCのグダグダぶりがうそのようw
MCは本当もうどうしようもないw
とうこちゃんを好きにしゃべらせとくとこうなるんだな、というのがよくわかる…
聖子ちゃん好きなのはわかったからwとかね。
まぁMCに関しては武田さんも相当グダグダだったからなあ…
モノマネという枠がある分浦井さんの方が若干マシ。
彼らはお笑い芸人ではないからMCがグダグダでもいいんだが、それにしても二人とも変人だ…
とうこちゃんといい彼らといい、舞台人って普通の感性の常識人じゃ大成しないのかもw

歌はアルゼンティーナよ泣かないで、が一番好きだ。
ジーザスクライストスーパースターの「私はわからない」ってのもよかったなあ。
とうこちゃんはこの系統の歌が一番いい。
カラード系で、芝居色の強い歌。
とうこちゃんの歌は何より表現力、芝居心に支えられてると思う。
だからドラマ抜きの歌だとそこまで輝かない…
今回の百恵ちゃんの歌2曲にしても、あれがよかったのは、特にプレイバックの方はドラマ性の強い歌詞だったから。
ドラマの見えない歌詞ではあの魅力は引き出せない。
音域の問題はボイストレーニングでクリアできるだろうから、別に聖子ちゃんも不可能じゃないとは思う。
だけど選曲はとうこちゃんに一任しちゃだめだw
自己プロデュース能力に難があるのはUNOでわかったし。
とうこちゃんは歌手であり役者なんだからプロデュースが下手でも致命的な問題じゃない。
だけど下手は下手なんだからこれからも演出家におまかせでいってね。

それはそうと、I gotchaは本当いいわ。
歌えない踊れない声はアレレなくせに色気だけは駄々漏れのアニキもよかったけど、ちゃんと歌える人がやっても絶品です。
あの曲でメンバー紹介とか、もうGJ!
西田さんがね、もちろん西田さんパートも無茶苦茶かっこいいんだけど、他のメンバー紹介の時で揺れてるだけでもかっこいいって言うか、揺れてるだけなのにエロい。
そのエロさが生々しいのに下品じゃないのがすごい。
宝塚の男役がヒモだの柄の悪いヤクザがいいのは、男役は生身の男じゃないから。
エロさと下品さを分離するのは生身の性だと難しいから、男役の方がやりやすい。
(宝塚の娘役がなかなか清楚系以外できないのも同じ理由)
生身でエロさを表現するとオマケのように下品さがついてきてしまう。
それが西田さんは分離出来ていた。
いや、西田さん語りしてるけど、もちろんとうこちゃんもみてたよ 。

とうこちゃんもダンスは退団後良くなってる。
リードされることに再び慣れてきたってこともあるんだろうし、公演内での負荷がトップ時代より低いんだろうね。
歌もどんどんよくなってきてるし。
特に「ラストダンスは私に」が一週間でずっとよくなった。
雰囲気が引き締まって、いい感じ。
ゲストが一人でとうこちゃんにゆかりのある歌を歌うシーンでは武田さんのローズと浦井さんのブルースレクイエムだった。
どっちもいい曲だとしみじみ。

今回のコンサート、歌詞を訳しなおしたりしてるんだよね。
すごく手が込んでるの、細かいところで。
本当はもう1曲1曲感想があるけど、それやるともうブログの長さじゃなくなるw
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/318-48074b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月組スカピン «  | BLOG TOP |  » なみだのでるうた

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。