FC2ブログ

2019-07

ロシアンブルー

う~ん、私は大野先生にはつい厳しい要求をしてしまうようだ。
この作品、他愛のないコメディだけどとても楽しい。
主演コンビはちゃんと愛し合ってるし、トップと二番手も友情で結ばれている。
3番手にも娘役にも見せ場がある。
しかもトップから3番手、別格、トップ娘役、全員きっちり宛て書きされている。
某女性演出家の星組や雪組サヨナラ作品に比べたらもうどれだけ褒めても褒め足りないレベル。
事実楽しかったし。
でもね~、大野先生ならもっとできるはず!と思っちゃうんだよね。
「ヘイズコード」や「さらに狂わじ」、「花のいそぎ」なんかが素晴らしすぎて。
ヘイズコード、私はリビイはあすかちゃん史上一番好きだし、さらに狂わじのタニちゃんはタニちゃん史上一番好きだ。
というか宝塚の演出家の中では大野先生が一番好きだ。
それぐらい期待値が高いから充分に面白い作品なのに「もっとできるはず!」って思っちゃうんだろうな。

大野先生はこだわりが多い。
それは大野先生の最大の長所でもある。
でも、毎回必ず良い方に転ぶ訳じゃないんだよねえ。
今回は「うんちく」セリフが多くなってる。
まあ話の本筋にあまり関わらないので、結構スルーしてしまった。
それと、大劇場の人数と大きさにまだ慣れてないのかな?
コーラスやダンスシーンじゃなく、モブでもなく、ほとんどの人物に名前とセリフのある状態であれだけの人数が舞台上に出てくるとキツい(汗

それと、キムちゃんとハマコちゃんの扱い。
ハマコちゃんの役は大きすぎる。
確かにハマコちゃんはデキる人だけど、それでもデキるからやらせればいいってもんじゃないのが宝塚。
それとキムちゃんはもっと鍛えないと。
あの役、フィラントとかぶってるせいもあり、キムちゃんの引き出し増えないよ。
なんでもできちゃうキムちゃんだからこそ、鍛えないと。
ディディエ以外でキムちゃんを良いと思ったことがない、正直。
あれだけなんでもできるのに、芝居に心ひかれないのはもったいない。

役者語り。
ミズさんは「心無い笑顔」がステキすぎるw
コメディもちゃんと笑えるし、みなこちゃんとの関係も可愛いし、ゆみこちゃんとの関係は腐が食いつきそうではあるが信頼関係があっていい。
最初の魔法使いの村のシーンでのみなこちゃんとのカップルがステキすぎて、もう。
ミズさんなら本当にホウキに乗れちゃいそうな気がしたラストシーン。

みなこちゃん、おめでとう!
今回の役はピッタリだったし、
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/299-7cc2871c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

UNO(安蘭けいファーストコンサート) «  | BLOG TOP |  » AIDA千秋楽雑感

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック