FC2ブログ

2019-07

青空

THE BLUE HEARTSのベスト?三枚組みボックスを借りてきた。
その中で日記のタイトルにした「青空」という曲がダントツの名曲!
重いテーマで、社会性も強い歌詞。
歌詞がちゃんと入ってくる自己主張しすぎない音楽。
彼らはすごい。

もともとチャット仲間がカラオケで歌っていたのがこの曲。
人がカラオケで歌っていたのが気に入って入手、というパターンは今までそんなになかったのだけど、これはなぜだかすごく惹かれるものがあってレンタル。
(私はだいたい声から入るから人のカラオケからファンにはならない)

この「青空」という曲はアパルトヘイトがテーマだそうだ。
「生まれた所や皮膚や目の色で」と歌っているから、歌詞を聞くだけでも黒人差別の歌だってのはハッキリわかる。
ただ、解説読むまでわからなかったことがひとつ。
歌詞に「インディアン」だの「バス」だの出ていたから完全にアメリカの黒人差別の話だと思って聞いていた。
(勝手にキング牧師とかあの時代のバス不乗運動を連想)
が、ウィキいわく、彼らはアパルトヘイトに反対してこの曲を作ったそうだ。
アパルトヘイトでも私はリアルタイムな記憶はさすがにないのだが。(当時4歳か......)
湾岸戦争は覚えているのにね。
もしかしたら彼らはアメリカの話と重ねながら歌詞を作ったのかな、とか考えながらこの曲を聞いている。
人は懲りずに同じ過ちを繰り返すものだ、と思いながらそれでもあきらめきれずに叫んでるんじゃないか、と。
そうしたらなんだか余計にこの歌が深い名曲に聞こえてきたり。

と、ここまで書いておいてアレな話w
反戦とか反権力のロックって、正直に言うと今まで大嫌いだったジャンル。
んでもって私の中のイメージでブルーハーツはその代表例。
高校生の時に香取のドラマで使われてるの聞いても歌詞で拒絶反応だったし。
だからほとんど30~40代男性にしか見えない音楽世界に住んでいても、ブルーハーツはまともに聞いたことはなかった。
今聞くとブルーハーツは名曲の多いすごいバンド。
こういう曲がスーっと入ってくるようになったのは多分私が年をとったって事なんだろうなと思うw
中2病的な反発から抜け出したというかw

なんつ~か、音楽の好みの変遷にリアルに自分の変化を感じてしまったw
いつも80年代後半~90年代前半に青春をすごしたかったなんて言ってるけどw
逆に今過去の曲をこうして遡っていく方が私には合ってて幸せなことなのかもね。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

山口百恵の謝肉祭って歌にはジプシーって歌詞が入っているせいで
ラストコンサートがDVD化できないと言う話を芸能関係の人から
聞いた事がありますけどね。差別なんて誰もしたくないですし。
黒人問題と言えばそればっかとりあげられてる割にはロス辺りの
チカーノ(メキシカンね)達が差別されてたり暴動や殺人まで
起きてる事は日本じゃあまり報じられないみたいですし。

ブルーハーツが素直に聴けるようになったら大人の仲間入りよ!

~チェルノブイリにはいきたくねえ♪みたいなw

芋侍:うわ~、私も大人の仲間入り?w
それって喜んでいいのかしら。
まぁ中2病とは対極にある世界だものね。
山口百恵のほうは初めて聞いたわ。

チェルノブイリの方もこの前聞いたw
芋侍の世代ってちょうどブルーハーツ世代なのかしらw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/197-1c78519a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Baby Princess «  | BLOG TOP |  » シンフォニア

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック