FC2ブログ

2019-07

もやしもん6巻

例によって初回限定版。
特典の話は別に書く。
なぜか。

真面目に感動しちゃったのよ!もやしもんにw
龍太と遥のやり取りにマジに感動。
今までの龍太はステレオタイプないやみなマザコン男だったのに。
それがこの巻で急に血の通った男として息づきだす。
遥と向き合い、語り合う。
結果はどうあれ、初めて二人の間に血の通った会話がある。
何年も、20年以上も、いろいろ溜め込んで押さえ込んできた大人のやり取り。
自分を解放して相手とはなれて自分の道を歩き出して、そうなった時すれ違ってた二人にやっと会話が成立する。
それが切なくて悲しくて、でもリアルでいい。
帰国までのつかの間に二人の間に流れた空気が悲しい。
すごく穏やかで、まるでそれこそ「夫婦」のようで。

遥が「悲しみ」を初めて見せる。
龍太が初めて弱みをさらけ出す。
お互い自分の意思で相手を放すと決めたからこそできる距離と、その距離ができたはずなのに実際は近づいて見える二人の心。

帰国後の遥の吹っ切れた表情。
笑いが増えた遥。
龍太のその後は描かれないけれど。
きっとこの二人はこの後は時々食事に行くような仲になるんじゃないだろうか。
いつか、もしかしたら10年後、また二人が今度は自分の意思で恋人になることもありえるんじゃないか。
そう思わせる希望のある遥の顔。

いや~、こんないい話がもやしもんで読めるとは思ってなかった(失礼
薀蓄が楽しいユルめギャグ漫画と思っていたからねえ。
こんないい人間ドラマ書く才能あるのね。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/185-de0c828c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電撃大王 «  | BLOG TOP |  » はやて×ブレード8巻

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック