FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閣下の邦楽維新 その2

以下、演目一つずつの感想。

閣下の朗読がすごかった。
女役やりだしたのにはビックリしたけどw
歌舞伎マニアの閣下だからか、GIRLS’ ROCK効果か違和感は全くなく入り込める。
切腹の描写はさすが悪魔、普段から「盲腸つるして」とか歌ってるだけの事はあるw
声の力、それと演技力。
閣下はホンモノのエンタティナーだと思う。

ちなみに朗読は仮名手本忠臣蔵。
コミカルに用語解説をこなす姿に、閣下はクレバーな悪魔だと改めて思う。
「殿中で刃傷沙汰」なんて私的には解説が必要だとは全く思えないんだけども、古文ヲタの私基準で見ちゃまずかろうとw
でも閣下、扇をいろんなモノに見立てるのは落語ですw
歌舞伎の見栄のような動きをする閣下もツボ。

とはいえ閣下の一番の見せ場は歌。
と思っていたら、歌う前に意外なものを取り出した。
それは「拍子木」。
その時演奏していた曲は後拍で手拍子が入る。
閣下のファンはいいけど、邦楽ファンには慣れていない人も多いだろう。
そこで閣下が手拍子のタイミングで拍子木を打っていた。
これなら着物の上品マダムでもノレるね!w
いや~、この悪魔はちゃんと気配りもする悪魔なのね。
あまりにもナチュラルに拍子木を取り出す閣下。
紐を腰の後ろに回して、体でリズムを取りながら拍子木を打つ。
似合いすぎ!
実に楽しそうに拍子木打ってるけど、これは閣下の気配りだよなあ。
コラボするからには垣根を越えて楽しんでもらいたい、っていう。

MCではベースの石川さんが割りといじられ役だった印象。
曲紹介は「カバーのカバーのカバーのカバー」だったせいか石川さんの説明がgdgdにw
(ちなみに彼は「ベースを弾いていないと死んでしまうしゅんちゃん」だそうな)
閣下の口から大学時代、なんて言葉が出てくるとなんだか面白い。

いざ歌いだすと閣下の声は本当によく伸びる。
シャウトも健在。
新しいアルバムではあんまりシャウトしてなかったから期待してなかったのに、生であんなにシャウトが聞けて幸せ。
この声好きだ~。
ジャニスのカバーのカバーn(ry の歌もよかったけど登場シーンで歌ってた浪曲の「仮歌」もよかった。
意味不明な歌詞(実際に意味はないそうな、ララルーの和風バージョン的な)なんだけど発声はしやすいのかな。

アンコール曲はもうノリノリ。
相変わらずゲストをいじるいじる。
ちゃんと衣装が変わってたのには驚いたけどw
告知はいい感じにgdgd。
簡潔にと言った挙句「ホームページを見てください」とか「配布チラシを見てください」とかwww

外の箱は久しぶりだったけど、実に幸せな時間だった。
閣下閣下言ってるけど、勿論邦楽部分も堪能。
浪曲師が読む忠臣蔵もよかった。
まああちらさんが本職なわけだしね。
そこに溶け込んでしまう閣下はやっぱりそれだけの力と素養があるんだろうなあ。



どこかの女性ばかりの歌劇団はオーケストラで日舞踊ってるけど、これもコラボだよね?w
そう考えると私が何の違和感もなくこの世界観に入っていけたのは当然かも。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

yahoo~
覚えてるかな?v
樹に紹介されて来ましたヨ姉御v

これからも遊びに来るねv

あと私のブログにもリンク貼らせてもらうよ~

返事遅くなったけど、コメントありがとね。
リンクは勿論OKだよ。
私のほうはブログではリンク対応してないから、サイトに貼らせてもらうかな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/162-0ba8516b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャンプスクエア «  | BLOG TOP |  » デーモン小暮の邦楽維新 煩悩のゴブレット

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。