FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるりん考

シス百合カップリングの二つ目はコレ。
私は鈴凛の持つ「強さ」と「脆さ」に惹かれる。
んでもって春歌もすごく強くて脆いと思う。

鈴凛も春歌もすごく努力家。
そしてその努力を苦痛から楽しみに変えられる子。

けれど二人には徹底的な溝がある。

鈴凛の努力は基本的には自分の夢のため。
夢のため愛しい家族と離れて生活する覚悟までできるぐらい強い意志。
「こうありたい」向上心。

春歌の努力は「将来の背の君」、つまり自分以外の誰かのため。
背の君に求められれば習い事を全て放棄することも厭わない筈。
「こうあらねばならない」奉仕の心。

春歌が自我を解放して「こうありたい」と思い描けるように成長する姿が描きたい。
そのためのパートナーは鈴凛以外考えられない。
シスプリのヒロインは「いい子」が多いのか「べき思考」の子がえらく多い。

その中で鈴凛は本当に貴重。
ある意味一番誰とでもカップリングしやすいのは(私の場合)鈴凛だ。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/141-d6fbd57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カップリングにおける自己分析w «  | BLOG TOP |  » よつまり考

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。