FC2ブログ

2019-07

女子とは何だ?@クチバズチェスGirls

今回の副題は「女子」を意味するGirls。
リアル女子、女装、ちょっとイレギュラー系女子も。
なんともにぎやかなライブになった。

さて、組数多いのでさっさとネタの感想へ。

あべっちょさん。
オナベは男湯?女湯?
それは…難しい問題だ。
「オナベがオカマみたいな話し方するな!」
カオス。
いろいろ社会派なアレにもなれそうなプロフィールの幸世さんなのに、なんというかまぁ…
オバカって素敵。
笑い飛ばせるって強い。


ユメマナコさん。
「店員がナメた態度で~」
まるゆかさんの怒りから始まる漫才。
ねもよしさんの眠そうな声でのツッコミは絶妙に人をイラっとさせる効果があるわね。
まるゆかさんの怒りと暴走にリアリティを与えてくれてるの。
噛み合わない感じがイイ。



べっこちゃんさん。
朝ごはんを食べる夫婦。
妻に納豆をとってきてと頼む夫。
妻が持ってきたのは…
日常的な朝ごはん風景が異常な儀式の場となる。
なのに最後は感動の大団円?!




クラシック・ショコラさん。
彼らが先生と生徒…なんという背徳感…
それはさておき!(女子として萌えと羨望でさておいておけない気分なのだけど)
大金持ちの生徒が学校の備品を壊し、先生に怒られているシーン。
先生のお説教が一切通用しない。
むぐぐ、となっている先生と、「~~ですが何か?」な感じの生徒の対比が面白い。


ここでいったん中MC。
あべっちょさんのトークは案の定面白い。
人生が濃いってこういう事なんだろうな。
黙ってればただのイケメンになるから黙っていない、すごい子。


漢の女子ネタ、というトンデモナイテーマで招集された男性芸人さんたち。

マカロンさん。
青春漫才で、今回は花火大会。
カップルで花火大会って青春ていうよりむしろアニメな私は末期。
最後の告白に辿り着くころにはヤマコちゃんが可愛く見えてくるマジック。
ヤマコちゃん、ぶっ飛んでるけど優しいイイコです。
ずっと見てると本当にそう思えてくるから怖い。




えずれひろゆきさん。
コンビニ店員恋愛事情。
職場恋愛あるあるっぽいものんから、コンビニ限定の事件。
最後は最強のおばちゃん。
おばちゃん強い。
恋愛方面においては特に強い。
…おばちゃんもGirlですよ?




テキサスクローバーさん。
母と息子の漫才。
栃木さんのお母さんぶりがヤバい。
見た目だけで笑えてしょうがない。
それに加えて長友さんの反抗期の息子っぷりよ。
声が違和感なく高校生っぽいというか。
いいな、この反抗期漫才。



モロヘイヤ太郎さん。
彼らの場合は…三上さんがお母さん?
保護者と子供?
ショートコントなのかショート漫才なのかギャグなのか。
無邪気というのは恐ろしいものね…
いやアラフォーの無邪気って怖い。




ゆうきたけしさん。
高級レストランでプロポーズ!
サプライズで電光掲示板にメッセージ流しちゃうよ。
用意周到な彼女の答えは…?
この「用意周到な彼女」、絶対制服で告白断ってるネタの未来だわ。
私は彼らのカップルコントが好きなのであって、女装のゆうこちゃんをさせたい訳じゃないと主張しておく。
ゆうこちゃん可愛いです。



ここで中MC。
ブランドンさん、もうすっかり定着した名中MC。



カンフーガールさん。
ナンパさせてくれ~!
娘のいるパパが何を言っているのか。
いとじゅんさんの「可愛い」の定義が激しく気になるけど、それは置いておくとしても。
コント部分の昭和感の強さよ。
トレンディドラマの時代の設定だよソレは、の連続。
その古さが新しい。




ファッションモンスターさん。
いしみねさんのスナックのママ…
綺麗なんだけど完全にオカマ。
女に見えない綺麗な女装ってお笑いのお手本だわ。
そしてこのスナックの客が段ボール松本さん。
松本さん…カラオケに執着する男。
不条理なのにドタバタしたコントってすごいわ。




おしんこきゅうさん。
占い好きな女が嫌い!
漢らしい漢、湯浅さん!
のはずが。
藤原さんに暴かれる湯浅さんの素。
乙女系男子な日常。
ある意味湯浅さんみたいな人が一番パフェが絵になるのよねえ。




じなんぼ~いずさん。
恋がしたい!と叫ぶ店崎さん。
店崎さんにダメージを与えようと足掻き続けるシギハラさん。
あのナルシストで折れない心を持った店崎さんだからこそ成り立つパワーバランス。
ある意味、王子より王に近いのかもしれないな、この人は。
余計な影がないから、カラッと爽やかな笑いがある。
店崎さんのお辞儀、三次元でやってるのはバレリーノとタカラジェンヌだけだぞ。
もう存在が二次元。


おざおざさん。
和田アキ子で笑って許して。
女装のクオリティよ。
GUだとエンディングで暴露してたけども…
どうしてこうなった。
どこか間の抜けたフリップと、ズレたモノマネの化学反応がヤバい。
だからどうしてこうなった。




ブランドンさん。
告白されて、それを断るってやってみたい、と西尾さん。
学生時代を想定。
ええと、フタツカさんの女子高生役って事でいいの?
いろいろ将来有望すぎるでしょ、こんなロックな女子高生。
西尾さんの隠れたナルシシズムが見え隠れするのがたまらない。
フタツカさんを隠れ蓑にすればバレない、なんて事はないのよ?
いいぞもっとやれ。



今回は企画はナシでじゃんけん大会!
プレゼントあり。
女装だらけのエンディングはなかなか壮観だったな~。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/1049-924a3db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今更ながら@凱旋門 «  | BLOG TOP |  » 自由にバラバラ@エストルドン

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック