FC2ブログ

2018-11

せちがらい世でも駄々っ子は@ライブNSP

実はほぼ毎月参戦のLIVE NSP。
結構メンツ入れ替わるのよね。
今月MCはクルスパッチさん。


さて、さっさとネタの感想へ。

ケビンさん。
ダンスというか体の動きだけでここまでなんでも表現できるものなのか、と。
ドラクエの効果音や短い台詞に合わせて、発見-戦闘-仲間になる、という流れを演じている。
スライムのノリで「ダンサーと遭遇した」ってやるわけよ。
独特の攻撃、紙防御、いろいろな要素が面白い。
最後、ダンサーは仲間にしてもらえないわけだが…
パーティーに入れたら楽しそうなのに。


おしんこきゅうさん。
時代劇の漫才。
人相悪い男、ヤクザ者は江戸時代にもいたはずだけど、湯浅さんはあくまで「現代の」設定。
車回せ~、とか言っちゃう。
ちなみに湯浅さんが角さん、藤原さんが水戸黄門。
…藤原さんがおじいちゃんになったら、それはそれは可愛かろう。
そりゃあ角さんも過保護になって暴走しちゃうわ。
(彼らは同級生コンビ




ザ・バーディーズさん。
私的最近の注目株。
タイムトラベルだの殺し屋だの、漫画チックな世界を演じるのが上手い。
基本設定が浮世離れしているから、変に社会派にならないし、もし時事問題を取り入れたくなっても軟着陸できるだろう。
仮名手本忠臣蔵は時代設定を変えて大ヒットしたわけで、それは現代でも変わるまい。
今回のタイムトラベル、パラドックスを一切扱ってないのが効いている。
過去の父親に会い来た息子の得体のしれない胡散臭さを、パラドックス無視の荒唐無稽さが引き立てる。
オチからして、未来はしっちゃかめっちゃかになりそうなんだけども。



おざおざさん。
相変わらず客席との距離が近い!
話しかけられても、掛け声かかっても、動じない。
全てを取り込んで笑いを増幅させていく。
リズムに合わせてギャグというかショートコントというか、モノマネその他いろいろ詰め込んでいく。
あのピンク髪に仕込まれた衝撃のギミック!




太田トラベルさん。
視力検査鉄オタバージョン!
スマホの位置ゲーにハマったせいで私も鉄に片足突っ込みかけてるが、それにしてもすごいなこの人の熱量。
フリップネタとしても充分面白いのだけど、オタクあるあるとしても秀逸。
何でもそのジャンルに結び付けてファン同士知識の見せ合いで楽しくなっちゃうあたり。
スカし方、ネタの重ね方、本当にオタクの気持ちがよく分かった構成。
うん、どのジャンルもオタはオタ。



魔族さん。
最近割と漫才っぽいネタが多かった?
しかし今日は久々のショートネタスタイル。
いいわ~…大人にはたまらないわ~。
ド直球なエロなのに、見ていて恥ずかしくないのよね。
鞭をふるいながらネタをするなんて、オンリーワンだし。
大好きよ、こういうネタ。



アマレス兄弟さん。
子供番組という設定で大暴れ!
この人たちの大暴れは物理的というかフィジカル。
舞台が小さく見える、って褒め言葉があるけども。
彼らの場合は実際彼らにとっては狭いし。
最後の絶対要らないプチ情報まで含めて、再現性高い。
これからの時期、物理的に熱いネタだと思うけど、頑張れ~




小石田純一さん。
りこのとりこ。
好きな食べ物はじゃがりこ。
トレンディなのにダジャレ。
どこかノーブルな雰囲気はばっちり似ているところがなんとも言えない。
普通オッサンがスネてる演技してもムカつくだけなのに、この人だと可愛いのよね。
駄々っ子ができるアラフォー恐るべし。
クルスパッチさんも今日は西島さんが駄々っ子なネタ。
何このトレンド。
トレンディ!


このライブは企画がないのでさくっと終了。
エンディングで盛り上がるリアルなお金の話。
せちがらい。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/1034-7a9ae43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親心の要らない王子様@シトラスの風 «  | BLOG TOP |  » 白衣でも十人十色@クチバズチェスDoctors

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック