2018-07

男子の右往左往@クチバズチェスWithLOVE

2月と言えばバレンタイン。
一年で一番男子の落ち着きがなくなるシーズン。
みんなモテないのよね、チョコがほしいのよね。
漫才のつかみも「モテたいから〇〇しよう」が増えてくるぐらい。
だったらもうそういうネタだけ集めてライブやってしまおう!
という企画。
秋葉原ZERO-G、つまり秋葉原で「モテたい」という思いの渦巻くライブ。
なんかもうオタク的には堪えられないものが。

さて、肝心のネタの方は。

安定のトップバッター、ブランドンさん。
「結婚したいって彼女に言い出すのって難しいよね」と西尾さん。
「結婚式場の見学にフラッといって、そこで斬りだせばいい!」とフタツカさん。
そこからフタツカさんがウェディングプランナーに化けてコント漫才スタート。
ロックなウェディング。
…ロックとは?
なんかすごい個性的な結婚式だな。
自分はやりたくないけど、参列はしてみたいわ、この式。




綾瀬マルタさん。
女子会というものの闇を抉り出す1人コント。
彼女の恋愛は…明らかにフライデーもしくは文春砲されちゃうヤツ。
でもまぁ美女だから絵になるのよねえ…
そして次々と飛び出すアンモラルな発言。
なのにオチの台詞は…
確かにいるわ、こういうタイプの美女。
そしてモテるわ、コレ。
しかも案外後輩女子からはお姉さまと慕われるタイプよ。



モロヘイヤ太郎さん。
太郎さんが最近彼女作りに勤しんでる話はおいといて。
ネタのつかみが「九九言いますよ」ってなんだ?!
恋愛関係ないじゃんとかそういう問題通り越してるわね。
太郎さんのこの常識の通じなさは傍から見てる分には最高。
でも隣にいる三上さんは大変よね。
だって、ネタの最後は三上さんにキスしようとした太郎さんが、三上さんを押し倒してるんだもの。
いや、BL見たいとは言いました。
言ったけど!
…ご馳走様でした。



メカイノウエさん。
ブロークンハート、という正統派ラブソングっぽい歌ネタ。
あれ、でもなんか一般的なデートの話が出てこないな?
あれ、もしかしてBLかな?相手男よね???
いえ、相方です。
そうか、コンビってのは相方に恋してないといけないのか!
いやいやいや。
ただね、本当何も知らなければラブソングに聞こえるのよ。
ブルースなメロディライン、ハスキーな歌声、切なげにひそめられた眉。
で、内容は相方に捧げる未練。
恋って何?!



おしんこきゅうさん。
「どんなデートプランがイイかな?」
やっと普通の恋愛きたよ。
みんな個性が過ぎるのよ。
…前言撤回。
190センチの大男がパンケーキだと?!
萌えしかないじゃない!
(ゴツイ強面系スイーツ男子は一定の需要があるジャンルです
藤原さんが終始呆れ顔対応なのだけど。
大丈夫、需要有るから!



ここで中MC。
信じる太郎さんとブランドンさん。
ブランドンさん、一生懸命、太郎さんの話の交通整理を試みる。
うん、無理だ。
まぁそれでこそ太郎さんよ!


ガール座さん。
彼氏にフラれた~!と泣く小野さん。
それを慰めるために着の身着のまま飛んできた百瀬さん。
百瀬さんに比べて小野さん、どうもオシャレばっちりだぞ?
その疑問はネタの中でだんだん解決されていく。
うわ~、こういう女いるわ、しかもコレはモテるわ。
百瀬さん的立場はいたたまれないなぁ。
すごい共感しちゃう、デフォルメ加減が絶妙だから。
過剰な演出をしない、リアル20代女子の人間模様。



電撃ブリッツさん。
なんと、BL!
まさかの、BL!
BL見たいと主催者がわめいてたら、それを受け入れてネタを用意してくれたらしい。
なんというネ申対応。
王道ラブコメな、転校生と出合い頭に衝突するシーンから、バシバシ立っていく恋愛フラグ。
だけど男同士だから!
運命に抗おうとする二人。
だけど運命だから。
これはもう、運命だから。
ラストシーンの手つなぎがもう最高!




和田輝実さん。
「モテない男」を演じさせたらもう彼の独壇場。
告白の練習をしている和田さん。
相手は「ゆうこ」という名前らしい。
台詞をああでもない、こうでもない、と練習する。
いや、それはないだろ、と言いたくなるような台詞も和田さんは大真面目。
ネタのオチで相手の女性の立場が明かされるのだけど…
え、まさかそこに行く?!
そうか~…和田さん、そういう趣味が?!
あ、BLじゃあないよ。



ゆうきたけしさん。
しばらく彼女と連絡をとっていなかった彼氏。
彼女@ゆうきさんはご立腹。
彼氏@たけしさんは連絡できなかった理由を必死に説明。
「実は、僕ら兄妹だったんだ!」
この衝撃的なはずの告白も、すぐにゆうきさんの独自理論にかき消される。
女は強いからね。
すぐに切り替えた彼女。
切り替えられない彼氏。
リアリティのある「性質」と、リアリティのない「言動」。
その混在が面白い。




スコッチさん。
恋をした~の、あなた~に~♪
で同じみの彼を交えてトリオ漫才。
(もう1人の相方はaiko)
スコッチさんが好きになった女の子と上手くいくように二人に恋愛相談する構成。
星野源ってこんなトンデモな歌詞書いてたっけか?っていうのもいくつかありつつ。
逃げ恥の「恋」の歌詞も結構すごいんだね。
aikoの毒舌は留まる事は知らない、これはスコッチさんのトリオ漫才定番の設定。
本来のaikoは自虐的なニュアンスで使ってる言葉を反転させてるのね。
相談相手として、豪華なんだけど、豪華なんだけどなあ。




ダンシングヒーローさん。
恋愛小説書いてみたよ!という漫才。
いろいろ詰め込み過ぎた小説の内容を要所要所演じていくコント漫才。
まず主人公記憶喪失になるらしいし。
王道だ!王道過ぎてお腹いっぱいだ!
その後もミヤタさんのハイテンションで王道満腹設定な恋愛小説が次々読み上げられる。
そしてカワナカさんに斬られていく。
バッサリと。容赦なく。
ここまで突き抜けてる小説はむしろ読んでみたいけど。



その後は「一番好きなラブストーリー」をプレゼンするトークコーナー!
ブランドンのフタツカさんの紹介する映画「ラブ・アクチュアリー」がすごい素敵な雰囲気、何、実はこんなオトナなの?フタツカさん。
一方、太郎さんは太郎さんだ…
メカイノウエさんの「ラブストーリー」の切り口が斬新。
センスが際立ってたのは、ダンシングヒーローのお二人。
カワナカさんの紹介もオシャレだったし、ミヤタさんの「うる星やつら」愛は素晴らしい。
というわけで、賞品?のチョコはミヤタさんに進呈。





さて、男子たちよ、チョコのために今年も右往左往するのだ!
私はカルディで買い込んだ葉のきしむぐらい甘いチョコ片手にコタツに潜り込むから。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/1012-c83c98a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホタテの新たな調理法@ホタテーズ単独ライブ「canned scallops」 «  | BLOG TOP |  » お兄さんは仲がイイ@金のたまご

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック