FC2ブログ

2018-11

あの家のルール@アダムスファミリー

久しぶりのミュージカル。
えりたんの女優としての仕事ぶりを生で見るのは初。
いやあ、黒いドレスが麗しいわ。

アダムスファミリーの舞台版ということで、ストーリー説明は割愛。
アダムス家がどれほど異質な家かは、幕が上がって1分でもうわかるし。
とにかく芝居の「型」が強く、わかりやすい感情表現は数曲の歌と短い数場面に限られる。
一般のルールとは違うルールで登場人物の感情が動く。
たぶんコレ、やる側にとっては

相当「難しい」お芝居なんじゃないかなあ。

印象に残ったのは、ヒロインの弟パグズリー役の少年のボーイソプラノの美しさ。
私、ボーイソプラノ好きなのよ。
ウィーン少年合唱団のCD持ってるぐらい。
その私が認める天使の歌声。
役は天使とは程遠いけど。

コメディなのだけど、ジョークにあたる部分がちょいちょい翻訳が微妙。
元のジョークでは韻を踏んでるんだろうな、って箇所とか。
日本人のセンスじゃそれは笑いにならないぞ、って箇所が直訳とか。

月に恋するおじさんやら、やたら妻に忠誠を誓う父やら、濃いメンツに囲まれたヒロインのウェンズデー。
彼女の恋、婚約、それをきっかけに上へ下への大騒ぎになるアダムス家。
ラストでは婚約も無事成立、ヒロインの婚約者の両親の夫婦仲が劇的に改善、おじさんの月への恋が実る、等々ものすごい勢いのハッピーエンド。

えりたんの衣装は基本黒いロングドレス。
というかえりたんに限らず、アダムス家は黒い衣装。
ウェンズデーがそれに反旗を翻して鮮やかな黄色い衣装で出てくるけれど。
恋に目覚めた女子ならば、ピンクとか行きそうなもんだけど、アメリカ的もしくはキリスト教的には黄色って何か意味があるのかな?
ここらへんの「何かしらを表しているのか、意味がないのかわからない」ポイントが結構多くて、残念。
役者は全員魅力的で、力技で笑わせて感動させてくるので見終わった後は爽快感があるけれど。


そうそう、作中でダンスシーンがあって、そこで衣装が変わるえりたん。
見事な御御脚!
踊っているときのスカート捌きも思いのほか綺麗。

ウェンズデー役の昆さんもなかなか。
「アダムス家口調」とでもいうべき平板な口調のまま、感情を豊かに表現できちゃうのよ。
なんであれで喜怒哀楽がわかるのか不思議な演出なのに、でもわかるの。
全身から何かがあふれてきてるのね。


「わからない」もしくは「わかってないっぽい何かがありそう」がこれだけあって、そのうえでこれだけ登場人物が魅力的。
すごいなあ。
メンバー豪華だものね。

ああ、久しぶりのえりたん麗しかったわ…
やっぱりこれが一番の感想になっちゃう。



プログラムに描かれてた「アダムスファミリーのダンス」は一切覚えられなかったけど、フィナーレでも踊ることはなく一安心。
でも、踊れたら楽しそうよ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/1006-fd4794ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酒のみのためのお笑い@クチバズチェスwith酒 «  | BLOG TOP |  » ヤツから逃げろ@スコッチ単独ライブ「相方不要~needless partner~」

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック