FC2ブログ

2018-11

お婆さんにハズレなし@マッハスピード豪速球大単独ライブ「マッハ4」

マッハスピード豪速球さんが「大単独」と銘打つにはわけがある。
季節ごとにネタオンリーの単独ライブや「裏マッハ(大単独の振り返りトークライブ」等やる中で、この「大単独」は規模が別格。
今回は吉祥寺の武蔵野公会堂。
キャパ350。
お笑いライブではオペラグラスを使う慣習がない事を考えると、コントライブとしてはもうこれでほぼ最大級なんじゃないだろうか。
これ以上キャパ大きくするんなら、グッズでロゴ入りオペラグラスでも売ったらいいんじゃないかな!


さて、ネタの感想がメインであるはずなのだけど、映像もすごいのよ、マッハさん。
坂巻さんはもう映像の方でプロとしてお金とれるレベル。
今回のテーマは「すぐ会いに来る芸人」。
北海道から沖縄まで。
ナレーションのセクシーJさんもどう聞いても地上波テレビレベルのお仕事で、この本気のクオリティで本気の男子の馬鹿が見られるのはなんとも贅沢。
そう、この映像、ところどころで挟まる馬鹿がいいの。
泥酔した坂巻さんとか。
お風呂場で修学旅行みたいにはしゃぐマッハのお二人と作家の宇野さんとか。
すぐエロいお店に行きたがるガン太さんとか。
各地でのライブもそりゃあ感動的だし、すごいよ。
だけどこの馬鹿さが私は好きなのよ。

私はマッハさんの何が好きって、「悪意の描き方」が好きなのね。
毒があるのに強すぎず。
無邪気で天真爛漫に見えて、底に鋭い何かを秘めている。
そのネタを書いてるガン太さん、このネタを書くのが納得の人柄。


さて、そろそろネタの感想へ。
今回のネタは新ネタと今年のミニ単独のネタと混合。



OPコント。
水戸黄門とタイムトラベラー。
設定がなんというか…ランダムに言葉を組み合わせたのか、ってレベルの破天荒。
水戸黄門の扮装はしてるけど、このコントのストーリーに水戸黄門関係ない。
坂巻さんがOPコントに出てこない?!と焦るガン太さん。
そこへ私服の坂巻さんが現れて…
タイムトラベルしたんだ!と言い出す。
未来から来たことを信じてもらおうと奮闘する坂巻さん。
M-1の優勝者は~って、え?!
そしてガン太さんもアッサリ受け入れて、この単独は「今のガン太さんと未来の坂巻さん」でお送りすることに。
マジか。



断ち切り神社。
会社で仕事する二人。
坂巻さんは最近神社で願掛けして禁煙を始めたらしい。
なんでもその神社は「大好きなものを断ち切って願掛けをすると大きな願いが叶う」ところらしく…
先に禁煙していたガン太さん、激怒。
そりゃあそうだ。
今からでもなんとかしてくれってお前から神様に頼め!と言い出す。
いやいや、坂巻さんどんだけ偉い人なのよ。
ガン太さんが無邪気にジャイアンでイイ。



定年退職。
小さな居酒屋の常連で今日定年退職する坂巻さん。
そこの店主、ガン太さん。
いいムードでお別れしようとした瞬間…食い逃げ?!
そこから始まる泥仕合。
ツケも払ってけ~!から話はこじれ…
だけど最後はスッキリ納まる。
初見の時はもう少し毒のある作りだった気がするけれど、このバージョンもいいわね。
それはそうと、この時点で白髪のカツラが二回目の登場。
なんだ、今回老人率高めか?



席どうぞ。
マッハさんってお婆さんが入ってるネタは絶対外さない。
彼らのネタでお婆さんが出てきたら、鉄板で面白い。
なんだこのジンクス。
というわけでこれも本当面白い。
ていうか私は今回のネタでは一番好きだ。
席を譲ろうとした若者に「年寄り扱いするな」とネチネチ嫌味攻撃したお婆さんが、電車が止まった途端座らせろと言い出す。
若者豹変。
この「老人の身勝手」が本当に描き方が上手い。
過剰にデフォルメされてるのに、身に覚えのある卑近さがあるの。
若者も決して立派な好青年じゃないのね。
だからこそ対等に罵り合える。
どちらかが正義ではないからこそ、ただの勧善懲悪じゃない笑いが生まれる。
この毒が癖になる。



婚活パーティー。
ガン太さん女装!
本気の女装!
結構様になってるから恐ろしい。
お金持ちニートの坂巻さんと付き合うべきかどうか葛藤するガン太さん@女子。
設定はリアルに三十路女子らしい。
お金大好き婚活女子に対しては、ものすごく辛辣なネタだけど。
ここまでデフォルメされたステレオタイプな婚活女子だと、リアリティが薄まる分毒が強くても笑いになるの。
彼らはこのバランス感覚が絶妙。



母は占い師。
すごく歪んだ家を描くコント。
見ようによっては、今回一番「社会派」なコントかもしれない。
手相占い師の母は息子に「いい手相」と言い続けて育てたけど息子は落ちこぼれて…
手相を何かのメタファーと捉えれば、いくらでも小難しい事が言えるだろう。
だけどそんな考えを吹っ飛ばす勢いで、坂巻さんの女装がけばけばしい。
ガン太さんの息子がダメすぎる。
最後の最後まで、この家族の歪みは1ミリも改善しない。
むしろさらに糸が絡まってオチになっている。
親子関係で悩む人にこそこれは観てほしい。
何もかも、大したことじゃないから。



介抱。
再び女装ガン太さん。
今回も若い女だけど、婚活の時と衣装は別。
イメージ的に、合コンっぽい感じのワンピース。
で、泥酔して道端で座り込んだところを解放してくれる人のいいおじさんが坂巻さん。
「娘みたいなもんだから安心しろ」と言って介抱してくれるけど、おじさんには実は娘はいない。
この台詞から先、どんどん坂巻さんの演じるおじさん気持ち悪くなっていく。
最初は本当に人のよさそうな感じだっただけに、この急な転落が気持ちいい。
ここまで豹変できるのか、と驚いた。
あらためて、芝居力のあるコンビだなあ。
さすが養成所時代が長かっただけの事はある!
(彼らのトークライブ参照)




告別式。
これはなんだろう、ある種箸休め的なコント。
モノマネメインで、ダジャレ的な言葉の面白さ。
郷ひろみファンの女性の告別式での旦那と息子の一コマ。
坂巻さんのモノマネのクオリティが絶妙。
上手すぎず下手過ぎず。
「素人である高校生男子のやる、郷ひろみのモノマネ」として非常に適切。
ここでクオリティが高すぎてもひいちゃうもんね。
それはそうと、この告別式、参列者も大変だわ。





コート。
メルカリでコートを買ったら、取引相手が急逝。
お母さんである老婆(坂巻さん)がコートを持ってうちまで来ちゃった!
イイ人であろうとするガン太さんと、攻撃的な毒をもつガン太さんが交錯する。
葛藤するだけじゃなく、もっと深くもつれ合う。
現代社会への風刺も少しだけあるように思うけれど、ジェネレーションギャップが哀しい。
そして、亡くなった取引相手もちゃんと人間としてキャラクターが立ち上がってくるの。
その場にいないのに。
この「見えるような気がする」力こそが演技力なのかもしれない。
面白さはといえば、「お婆さんが出たら確実に面白い」のマッハさんだから。
最高。
このネタも好きだわ。





エンディングコント。
OPコントの続き?!
この演出はニクいねえ。
見に来ないとわからないオシャレさよ。
脱帽。


終演後の一コマ。
mahha4
ガン太さんは全身グッズ装備。
(私は手帳とステッカー購入)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://kutibakareha.blog117.fc2.com/tb.php/1002-bd3eaf40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

師走の綱島@12月のツナコメ詰め合わせ «  | BLOG TOP |  » ハゲと忍者、二人はコンビ@ワンワンニャンニャンの日

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック