FC2ブログ

2018-05

最近のウェブコミックいろいろ@多数欠、シャッフル学園、せんせいのお人形、それでも蝶は舞う

無料で漫画が読める(著作権侵害系のではなく、オリジナルの漫画が読める)アプリにドハマリし、現在3つもダウンロードして毎日巡回に余念のない私。
仕事が山積みの状況で何やってんだ、って話だが、今日は閑話休題、ちょっとした息抜きだ。

一番昔から見てる漫画アプリがコミコ。

これで今一番楽しみにしてる(ぶっちゃけ課金してる)のは「せんせいのお人形」。
タイトルがザ・エロな感じなんだが中身は実に健全。
親戚をたらいまわしにされ荒れ切った少女を引き取った男性教師。
少女の感情はまだ未発達で、恋と親への慕情の区別もまだ自信がない。
教師の側が常識人である事も一因だが、それ以上にこの少女の未熟さが恋愛への移行を妨げる。
少女のもともとの聡明さと、未発達な感情のギャップ。
無邪気に、高校生に見えないぐらいはしゃぐ一面と、一瞬後には年齢以上の聡明な顔。
このアンバランスさが本当に可愛い。
同時に、これは大人として手は出せないなと。

そして最近読み始めた「それでも蝶は舞う」。
仕事を勤め上げ子供も全員巣立ったお爺さんがバレエを本気で始める話。
最初は周り全員が反対だった。
だんだん孫が、妻が、軟化してくる中で唯一頑なな長男。
そしてこの数週間の更新分で実はお爺さんが認知症を抱え、でもそれを家族に告げていない事が明かされる。
お爺さんの急に見える変化は、こういう事だった。
残された時間は少ない、それでも足掻くお爺さんと、それを認めない長男。
漫画的に言えば長男は悪役なのだろう。
けれど、私はもういい年で。
介護というものの現実を考えてしまう。
長男は将来的に介護のキーパーソンになる立場だ。
だからケガのリスクの高い事を新たに始めることに賛成できないのもわかる。
バレエのスタジオでお爺さんの指導もしている青年は、認知症の事を知ってから必死に彼なりのフォローをしている。
そしてお爺さんを辞めさせろと怒鳴り込んできた長男に反論もする。
このシーンを見て、「この対応が理想的でしょ!」と同居親族に説教垂れる遠縁に見えてしまう私。
読めば読むほどつらくなるけど、目が離せない。



ガンマ!というアプリでは多数欠シリーズが今イチオシ。
異能力バトルものでメイン登場人物は中高生多数。
シリーズ1から今やってる3まで全部読んでるが、毎回設定が変わって飽きない。
シリーズ2では主人公が9割眠り続けるというトンデモナイ設定が来るけども。
頭脳と体力のバランスがちょうどいい。
このシリーズの要となるのが「権利」「特権」と呼ばれる一種の超能力。
テレポートのようなオーソドックスなものから、ついた嘘が数秒間本当になるといったファンタジーなものまで。
特権>権利だったり、権利にも数種類の分類があったりと設定が細かい。
その細かさが話を緻密にしている。
単体では弱い権利が組み合わせで強くなるような、少年漫画っぽいシーンがあったり。
ストーリーも良いのだが、小中学生のショタたちが本当に本当に萌えるのでそれだけでもチェックする価値がある。
私は今までショタ萌えって一切なかったのよね。
なのにこの漫画だけは本当ショタが魅力的。

ガンマ!だと他には卓球漫画の「卓越のサンシャイン」とダンジョン探求ファンタジーの「迷宮マンション」、幼稚園児アイドルの「プチ☆スターズ」がお勧め。




最後は一番最近入れたピッコマ。
ここは前半を「待てば無料」で読めるので、既に書籍化されたものを試してから買えるのがいい。
喰いタン!はドラマでドハマリしていたのをここで読み直し。
あの能天気に見えて繊細な気遣いと、傍若無人と計算のバランスが最高。

めしぬま。はただ冴えないサラリーマンがものを食べるだけの漫画。
食べるものもコンビニの肉まんやら牛丼屋の牛丼なのだけど、本当に美味しそう。
深夜に読むと飯テロもいいところだけど。

あとは問題作「シャッフル学園」。
設定の面白さは素晴らしい。
ただ絵のグロさで読み返しにブレーキがかかってしまい、どうも設定を読み込み切れなかった心残り。
イマドキの流行要素もキッチリ取り入れているし、これは面白い漫画だ、グロ耐性に自信があればぜひ。


毎日かなりの時間を漫画に費やしているけれど、後悔しないぐらい面白い。
昔漫画雑誌に使っていた程度の課金額の課金で済んでいるのもありがたい。
いい時代になったもんだ。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック