FC2ブログ

2018-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルの後は@ラストマンスタンディング

1対1のタイマン形式のバトルライブ。
観客は赤い紙を青い紙を渡され、2組終わるごとに審査タイム。
審査タイムで中MC的にちょっと入るトークが案外面白かったりして。

ま、勝敗はさておき私が気に入ったネタについて書いていこう。




ユメマナコさん。
ツッコミが振り回される系の漫才。
「したい話があるのにできない」というある種テンプレ化した構造の漫才だけど、だからこそ消しても消しても消えない個性がよく見える。
テーマは「花粉症」とばっちり季節ネタ。
眠そうなのんびりボイスのねもよしさん、元気印で声も動きも大きいまるゆかさんのコントラストが映える漫才だった。
ねもよしさんの濃縮された毒がいい味になっているのにも注目。



プーケットマーケットさん。
僕は全国模試2番!と意気揚々としている転校生。
この学校には1番の生徒がいるはずなんだけど…
後ろのヤバそうな馬鹿は違うよな。
はい、後ろの席の彼でビンゴです。
漫画チックなコント。



超ヘルメットさん。
温泉に行こうと歩いていたら、小さな工房に迷い込んだ。
ここでは何を作っているんだろう?
作業的には何かの金型っぽいけども。
…Nike?!
その後次々出てくるいろんな金型。
小道具だけでも笑えるってすごい。




ニッキューナナさん。
男女コンビ対決って名目でエロネタ対決やった彼ら。
なんというか、見立てってすごいよね。
人間の想像力って無限だよね。
実際にエロい事をしてなくても、何がどう妄想されてるのか手に取るようにわかる。
こういう頭を使うのにオバカなエロネタ大好き。



スタンダップコーギーさん。
バッタの捕まえ方を話します!
毎度おなじみ、本題まで行けない暴走漫才。
うどんさんの暴走が止まらない。
彼らの持つ謎のエネルギー、解明出来たら世の中明るくなりそうね。



ホタテーズさん。
お弁当買ったら割りばしついてなかったから、俺女の子になるよ!
風が吹けば桶屋が儲かる。
このネタ、ツッコミ不在。
川口さんはぶーちゃんさんのデブ理論をたしなめつつ、もっと超理論を展開してくる。
勢いに乗って最後まで笑い続けられる漫才。
ところで、ぶーちゃんさんのご飯が弁当とポテチだけ?もうちょっとあるんじゃない?w



ガール座さん。
カットモデルの小野さんと、新米美容師の百瀬さん。
小野さんの演じる役に最近「したたかさ」が加わってきた。
いい傾向だわ。
小野さんっていかにもおとなしそうで、クラスの男子全員が「俺だけが彼女の可愛さに気付いてる」と思い込むタイプの美女。
その小野さんがナチュラルに強い女を演じて、そこに振り回される百瀬さん、という構図がイイ。
この「したたかさ」が百瀬さんに向かうパターンと男どもに向かうパターンがあるけど、今回は後者。
そうそう、これぐらい強い方がいいのよ、女は。



真空ジェシカさん。
命の授業ってあったよね、という漫才。
そうそう、豚をクラスで飼うやつね。
当然、授業は成立しないけどね。
豚の運命には同情するけど、こんな命の授業があったら面白すぎる。



小林ぼっちさん。
女装のクオリティがいい加減なことはおいておく。
息子からの手紙を読むお母さん。
今日は息子の高校生活最後のお弁当の日だったらしい。
感謝の言葉が並んではいるんだけど、なんか感謝のポイントが変。
お弁当そのものには触れないのね???
ツンデレか変人か、妄想しがいがあるわ。



あがすけさん。
漫才、なのか?コレは…
そこに疑問はあるものの、面白いから良し!
これが漫才と言えるのかの審査はM-1にやってもらえばよい。
爆弾を仕掛けられた~!と派手に騒いで、一難去ってまた一難。
とにかく派手なネタだった。



Wニードロップさん。
プロレスラーと少年のコントのエキスパート。
奥村さんの子役が板につき過ぎててヤバイ上、ネタ内では子役の奥村さんが素に戻ってのトークがまた面白い。
バリバリの関西弁で小橋さんをオジサン呼ばわり。
今回のネタは「小橋さんが未来の奥村さんとして過去にやってきて奥村少年にアドバイス」という内容。
奥村少年が成長して小橋さんになる有り得なさだけで面白い、しかもコントとしても面白い。
一粒で二度おいしい。



エンディングはわちゃわちゃと告知タイム。
バトルなのに和気あいあいで良し。
目の前審査は緊張するけど、芸人さんの素が見れていいかもしれない。
スポンサーサイト

オジサマと喪失@アンナチュラル

米津玄師にドハマりし、彼の歌が主題歌になってるドラマにまで手を出す。
このドラマ、法医学者が主人公だけどいわゆる猟奇的なアレはそう出てこない。
死因究明が難しい遺体が出てくることが多いので、毒殺率が高めなのよね。
そこらへんも見やすいドラマだった。
(過去に見てた無痛というドラマはヤバくてだな…


主人公のミコトは石原さとみ。
そりゃあ可愛い、文句なしに可愛い。
しかもスタイリストがいいのか、衣装の小物のセンスがリアリティあってセンスもいい。
トラウマを抱えた設定ではあるけれど、それが落ち込む方向ではなく怒りを生み出す方向に作用しているから、暗さはない。

この作品、彼氏彼女のいない女2人男3人が同じ職場で働いていながら、カップル成立0という潔さ。
ただ、六郎(窪田正孝)は明らかにミコトに好意があるけれど。
ミコトの主人公適正バリバリの熱量と愛され度、中堂の口の悪さ、東海林のいい女だけど報われない感じ、坂本のヘタレたしたたかさ、未熟ながら成長著しく少年漫画的な六郎、全部包み込む大人である所長。
実にバランスのいいチーム。

メインキャラ5人と所長のUDIラボ組と、宍戸と末次メインの出版社組、ラスボスで中堂の敵がこの話の三本柱。
中堂は恋人を殺されていて、その犯人がラスボスになる。
一話一話の事件とともに、少しずつ回想が挿入されていく構成。

脇役が脇役と呼ぶにはもったいないレベルのいい仕事っぷり。

まず、中堂をパワハラで訴える坂本@ずんの飯尾さん。
コイツがもうどうしようもないヘタレで、中堂の「クソ」連呼におびえてるくせに生活費のために訴訟は起こす。
ミコトにいい就職先紹介されればアッサリ訴訟はやめる。
ムーミンLOVEで買収もカンタン。
だけど、最終話のエピローグ的な所で成長を見せる。
ダメダメそうなオーラは変わらず、でも明らかに変わってる。
この人間臭さを演じきれるのはいいなあと思う。


末次役の池田鉄洋がもうね、顔がイケメンじゃなくてもカッコよくなれる人だと知ってたけどすごいわ。
最終話、悪役が次々捕まっていく流れの中、どんどんカッコよくなっていく。
仕事に対しての熱さ、譲れない何か、そういうものをきちんと表現しているの。
わずか十数分の中で。
古田新太もそうだけど、カッコよさは見た目じゃない。
世の中の「ただしイケメンに~」をやってる男子、彼らを見習え。


所長はメインキャスト側だけど松重豊の芝居について何も言わない訳にはいかない。
普段、熱い思いを隠して隠して、ここぞという時には部下の盾となって戦う上司の鑑。
獅子となって吠えた次の瞬間、ヘタレに戻るのも素晴らしい。
私が「理想の上司ランキング」を作るとしたら、ドラマ部門一位は間違いなくこの所長だ。
画面の端にいる時も、一瞬たりとも「所長」でない瞬間がないのは流石の職人技。



以上の三人のおじさまズが今回の私のイチオシだけど、番外編がもう二人。
嫌な検事(烏田守)の吹越満。
嫌な奴なんだけど、敵になっても味方になってもテンションが変わらない。
そして仕事だけはキッチリやる。
単なる嫌がらせに終始しない絶妙な匙加減。

そして「ヤシキさん」のミッキーカーチス!
ゴミ屋敷に住む独居老人で、出番は少ない。
だけど所長との心の交流の温かさ、関わったのは一瞬のはずなのに六郎にも影響を与え、しかも彼とともに流れる主題歌がたまらん。


主題歌のLemonは大事な人を失った後、みっともなくも生き続けようと足掻く歌。
だからミコトにも中堂にも当てはまるし、なんなら所長にもそういう経験があるんじゃないかと思う。
最終話では中堂とともに主題歌が流れ、事件解決で鎧の剥がれた中堂の表情にもらい泣きした。
だけど、このヤシキさんもこの歌に合うんだ。
(この辺、ラスボスの事件絡みなのであまり書くとネタバレなので言えないが



法医学という、死者のための学問。
「生きている人を救う方が大事」と面と向かって言う医者も出てくる。
だけど、人は理由を求める生き物。
理由を知る事で前に進めることもある。
そして、もしその「理不尽な死」が人為的なものだったら。
それを裁かせるには法医学が必要だ。

作中では法医学によって名誉回復できた人や、死因究明によって前に進めた人がたくさん出てくる。
ミコトは「理不尽な死」を敵だと言う。
大事な人の死が理不尽でないことなんてないだろうが、それでも「犯人」がいて裁きを受けない以上の理不尽さはないだろう。
「日本の解剖率は低い」という話が作中何度も出てくる。
遺体に傷をつけることを嫌だと感じる心もあるだろうし、私だって大事な人を失えばそう思うかもしれない。
それでも、理由を知ることは必要だ。
良い事も悪い事も、知らなければ始まらないのだから。
肉親の死を早すぎる時期に経験したミコトだからこそ、そう強く思えるのだろう。
中堂の情熱はあくまで「犯人捜し」だが、ミコトは少し違うように見えた。
ミコトが最期にその遺体が何を考えていたのか遺族に必死に伝えようとする話があり、この話では死因は殺人ではない。
それでもミコトは「起きた事」を調べ続け、そこで出てきた事実が遺族の心を救った。
私はこの話が大好きだ。


もし続編があるのなら。
お願いだから所長の過去編やってください。
絶対にすごい深い話が眠ってると思うわ。

傷と強さと@米津玄師と濱田祐太郎

今更ながら米津玄師にハマっている。
最初は自分から聴いた訳ではなく、確か他人のカラオケだ。
アイネクライネの歌詞が何かその時の「私に必要なもの」だったのだ。
その後、LOSERをエンドレスリピート、今はLemonを聴き続けている。

誰しも心に傷を抱えて生きている。
だけれど、その傷は2つに分けられると思うのだ。
1つは切実な痛み、自分を蝕む痛み、自分の生きる上で差し障りとなる傷。
もう1つは、甘い痛み、懐かしい痛み、痛みを感じることが一種の快感となった傷。
2つめの痛みは自分の中で再生を繰り返しながら、誰にも言わずに生きている人が大半なのではないだろうか。
これを外に出したところで、今の世の中では「ウザい」とか「かまってちゃん」と言われて終わりなのだから。

米津玄師の歌は、2つめの痛みを思わせる作りなのに、その根底に流れているものは1つめの痛みに思える。
自分を蝕む毒に体を投げ出して、そこから流れてくる血を歌にしているような。
彼の歌に浸っていると、自分の抱える1つめの痛みが、共存しがたい痛みが和らぐ気がする。
そして2つめの痛み変わったそれに、愛着を持って共存できる気がするのだ。

一番耐え難い痛みをもたらすのは、一番大切な人との別離だ。
死別であっても、生き別れであったとしても。
元々が一番大切な相手だから、痛みを紛らすために忘れるなんてできない。
いや、できてもしたくない。
だから彼の歌が必要なのだ。
甘い痛みなら共存できる。
愛する人を自分の人生の「差し障り」に変えず、ずっと抱えて生きていける。

LemonもLOSERも喪失の歌だ。
もちろんそれ以外にもいい歌はたくさんあるのだが、彼の彼にしか出せない魅力が一番あふれるのは喪失の歌のような気がする。
一体どんな人生を送った人なのだろう。
興味はあるが、私はあえて調べていない。
その方が自分に都合の良いドラマを描いて歌を聴くことができるから。

私もこの年だ。
たくさんの「喪失」を経験しながら生きてきた。
その中には純粋な哀しみだけを産むものもあった。
でも、悲しみ以上の後悔や、時には憎しみを伴う喪失もあった。
それらは今も傷として私の中に残り、時に棘として私の中に残っている。
幸せが近づいてきた時、その棘が私を刺す。
「今更お前が幸せになれるなんて、許されると思うのか」
「自分はここにいるぞ、ここにあるぞ、それを忘れるな」
その棘は私の中に新しい傷を作る。
毒を含んだ傷はじわじわと腐り、私の中で溶けて広がっていく。


後悔のない人生も、憎しみのない人生もない。
そんなことをいくら知っていても、目の前の「私の」痛みには無力だ。
立ち直るには、立ち上がるには、そんなものじゃダメだ。
傷を忘れられない、忘れたくない。
でも傷に負けてしまうわけにはいかない。
だから、傷にコーティングをする。
そしてその標本と生きていく。
そのコーティングをしてくれるのが彼の歌だった。

「あれ以来」ずっと抱えてきた傷の痛みは消えない。
私の心の奥底でしっかり根を張ってしまったそれは、もう私の一部だからだ。
だから、私の救いは痛みを消してくれることではない。
共に生きられる痛みに変えることだ。

彼の歌がヒットするのは、きっと皆私と同じなのだろう。
傷を無くすのではなく、傷を愛したい。
難しい事だけれど、本当に良い創作にはその力がある。





そして、絶対に共存できない封印するしかない傷もある。
甘い痛みに置き換える事すらできない、ただただ痛いだけの傷。
大事な人につけられた傷ではなく、不特定多数の、つまりは「世の中」がつけた傷だ。

今回のR-1ぐらんぷりで優勝した盲目の漫談師。
彼は私の傷をえぐっていった。
ネタのクオリティの問題ではない。
彼がステージに立つことそのものが私の傷を思い出させる。
もちろん、これは私のごく個人的な問題だ。
ビッグネームしかいない審査員が彼を優勝と判断した事実には一切変わりはない。

私が大勢の前で「障害者」として演説していたのは20歳から24歳までのわずか4年間。
けれど、あの時期についた傷はもう消えないのだろうと思う。
今でもこれだけ心が揺さぶられるのだから。
あれから何年経ったのか。
肌も曲がり角を曲がり、干支も巡り、初めての白髪に嘆き、年を重ねてきた。
それでも消えない。
若い頃の柔らかい心に刺さった棘はもう抜くことができない。

私があの体験で知ったことは、「可哀想」という言葉の鋭利な切れ味。
憎しみを向けられるより辛い事があるという事。
善意によって傷つくと立ち上がれないという事。
私は負けず嫌いな人間で、人から向けられた悪意や憎しみはむしろ私を奮い立たせる。
けれど、善意はダメだ。
少しずつ足元を崩されて、いつしか立ち上がる事すらできなくなる。

善意に傷つくことを繰り返すと、誰かと共に生きる事ができなくなる。
あの頃の私がそうだった。
今でこそ、自分が好きな相手の善意に限りそのまま受け取る事もできるように変わってきたけれど。
あのR-1の審査員の言葉選びに、私は勝手に過去の私の聴衆を重ねた。
そして私が勝手に傷ついた。
全て私が勝手にしたことだ。

けれど。
これだけは声を大にして言いたい。
善意にも悪意と同じぐらい、時にはそれ以上の人を傷つける効果があるという事。
そして、善意の棘が刺さるのは「弱者」が多い。
子どものうちに善意の棘が刺さった人間は、大人になってから苦しむ事になる。
その後、別の番組で濱田祐太郎が「障碍者はみんないじりOKなわけじゃない」とちゃんとコメントしていることも知っている。
私も年を重ねた。
自分の痛みを理由に彼を批判するなんて、愚かしい事と知っている。
だから、一度だけ、今これを書いたらこの思いはもう封印しようと思う。

どれだけ頑張っても、褒められても、私は「障害」が付きまとう限り幸せを感じられなかった。
私の場合は人生の中で「障害」が自分のアイデンティティ形成に関わりすぎていたんだろうと思う。
だから、彼が羨ましい。
「障碍」に触れて認められても、「自分の力」を自分で信じて、優勝を喜ぶことができる彼が。
それだけの強さと健全な心を持つことができたことが羨ましい。
私なら、絶対に喜べない。
いや、まず障碍を公開するどころか障碍をネタにしてR-1に出ようなんて思えない。

結局、勝てるのは常に「強い」人間なのだ。
彼は強かった。
ネタの良し悪しだって大事な事だ。
だけど、それだけじゃ「一番」にはなれない。
人として強くなくては。
人として、真っすぐでなくては。

「世の中」なんて変わってくれるものじゃない、とは今でも思う。
身勝手な善意で若者の心に棘を植えても、人を「可哀想」と言う悦びに浸る集団だ。
私も「世の中」の一員だけれど、悪意と毒にまみれている私が「善意の棘」を批判する資格すらないとも思う。

そんな中で、全てを笑い飛ばして、優勝をもぎ取って笑う彼は凄い。
彼の言い回しを真似するなら、「白杖で全てを蹴散らして生きている」といったところだろうか?

あの「強さ」は私も見習わなくてはいけない。
もう自分の中の棘に負けている場合じゃない。
あの決勝から二週間も経って、やっと心の整理がついて決意表明。
今でも私は充分に弱い。
けれど、強くならなくては。
年を取って、頑なになった心にこれだけの揺さぶりをかけた濱田祐太郎。
やっぱり彼は凄かった。
これからテレビで見られる日々が楽しみだ。

女は強し?@エスオンナ

ソニー(SMAの2つのプロジェクト)の女性芸人と、男女コンビと、男性コンビの対戦ライブ。
ただ、ライブ名が「エスオンナ」となっている通り、あくまでメインは女性芸人。
なので対戦ブロック以外にも女性オンリーのネタコーナーあり。
出演者は全員ソニーの芸人さん。
結構ソニーのライブは観ていると思うのだけど、それでも毎回初見の芸人さんがいるあたり、すごい事務所だなあと思うわ。


ブロックを分けて書くより、面白かった芸人さんの紹介に専念しようと思うので、ブログはコーナー無差別に掲載。


ムシャムシャさん。
カフェのオープンテラス席でマウンティングしあうOL2人。
どうやら先輩(彼氏なし)と後輩(彼氏あり)という組み合わせらしい。
分かりやすい、デフォルメされた女のマウンティング。
だけど、ちゃんとパワーバランスがネタの中で変化していく。
その微妙な差が面白い。
演技力でねじ伏せる感じの魅力。


電撃ブリッツさん。
自分探しの旅に出たい部下と、それを説教する上司。
だって、お前自分探し何回目だよ?!
しかも行先がまあ。
普通自分探しって言うとどこなのかしらね、インド?
もちろんそんなものは一回目で行きました!
という訳で今回は…あの行先で自分が見つかってもそれはそれで厄介な気がする。


メトロポリちゃんSさん。
飛び降り自殺しようとしている少女とオッサン。
原因はどちらも借金らしい。
そこに居合わせた紳士、一生懸命説得するけど…
設定のブラックさを蹴散らしていくメトロポリちゃんさんがすごい。
あのエネルギーはそれだけで一種の才能。
エンディングまで含めて徹頭徹尾ブラックなのに、妙に爽やか。



キュンキュンパフェさん。
婚活パーティーにきた主人公。
主催は親友?
しかも連れに死んだ兄のお嫁さん??
いろいろ散らかりまくった設定を稲垣さんが無理やりまとめていく。
あの求心力がなければネタが成立しないんだろうな…
ところで、中垣さんは女装専門なの?今のところ男の姿でコントやってるとこ見てないんだけど…
最後の大団円の温かさも含め、「誰も傷つかない」感じがすごくイイ。




チューチューチューさん。
夫婦漫才で、奥さんは超天然。
アンケートに影響されて次々ボケの内容に反映させちゃう。
ツッコミの旦那さんは振り回されて右往左往。
このタイプは珍しいけど、夫婦漫才って基本的に旦那が振り回され体質なのよね。
アンケートの内容のとりこみ方が妥当なものも「ヲイ!」なものも混在しているのがいい感じ。
なんだかんだ言って旦那さんが奥さんにメロメロに見えるのもほほえましくていいわ。




ウェンズデイズさん。
牧場に行こう!の漫才。
「素」と「芸人」の時で彼女が二重人格なのが定番ながら面白い。
なんだろうね、ある意味これ以上ないぐらいのツンデレ。
同時に、彼氏君のオロオロぶりがいいのよ。
ちゃんと作りこまれたボケに見えない所がイイの。
一瞬アドリブと錯覚するぐらいのオロオロ。
それでも男らしくクサい台詞を決めたがるギャップがもうたまらない。




べっこちゃんさん。
借金取りのガンジーさん、警備員の衣装で借金完済の告知を受けるもじゃさん。
だけど、ガンジーさんにすがるもじゃさん?!
話がここから混線していく。
「借金させて~」と泣きつくもじゃさんに困惑するガンジーさん。
そりゃあそうだ。
普通有り得ないシチュエーション。
ガンジーさんの「大芝居」ぶりが上手く活用されたネタで良し。




頼知輝さん。
「男性が女性に言うデリカシーのない台詞」を性別置き換えて女性に言わせたらどうなるか?というネタ。
これがねえ、女装男子の頼さんがやるからこその説得力。
難しい言葉で言うと、「恋愛における男女の非対称性を炙り出す」って感じかな。
女が言われると傷つく台詞を、男が言われたらあれ?ニヤニヤ?みたいな。
着眼点も面白いけど、女装男子だからこそあの設定がスっと入ってくるのよね。
頼さん自身は別にLGBTな訳じゃなく、だからこそ一歩引いてみてるのかな。





最後はバトル部門の勝者発表して終わり。
エスダンジョ(男女コンビ)頑張れ!勝利がない…

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。